映画・テレビ

2017 1月 映画生活MEMO

慌しい年明けが嘘のように・・

閑散期を迎えた職場は 経費削減を強いられ 連勤続きの日々から時間だけは貴族のような私です。(笑)

学校行事・・参観日・・そして 家仕事、読みかけの数冊の本・・

ブログにもようやくたどり着けました。

職場の自分的に腑に落ちない事が 二年半の間に積もっています。 理想で仕事はできないけれど 根の生真面目な私は(自分でゆうか・・笑)フレキシブルにやり過ごす事が空しい。

時間だけ貴族の今、色々考えます。(笑)

clover  clover  clover

山河ノスタルジア 2015 中日 仏  監督ジャ・ジャンクー  80点

Main_large_2

book99年、小学校教師タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。しかし、タオはリャンの友人で実業家のジンシェンからプロポーズを受け、ジンシェンと結婚。リャンは故郷の街を離れることとなる。タオとジンシェンの間には男の子が誕生し、子どもはダラーと名づけられた。14年、タオはジンシェンと離婚し、ひとり汾陽で暮らしていた。ダラーはオーストラリアに移住することを知らされる。

cherry一人の女性、彼女に思いを馳せる二人の男性の人生・・その子供の人生時の流れをこえてゆっくりと彼らを追ってゆく。 この監督・・実に地味ながら心に染みる作品を送り出す。あああ・・悲しい・・でも、それでも人生は続いてゆく・・ そしてその中で偶然や 因縁、巡り巡って人と人を繋いでゆく。激動の中国、そこには私の知らないその国があった。

tulip  tulip  tulip  


団地 2016 監督 坂本順治  80点

Sub1_large_2

book三代続いた漢方薬の店を売り払い、団地へ越してきた清治とヒナ子夫妻。昼間から散歩ばかりの清治に団地の住人たちはあれこれと噂をしているようだが、ヒナ子はそんなことも気にせずパートに出かける毎日を送っていた。清治が散歩に出なくなり、ヒナ子の家にスーツ姿の若い男が出入りするようになると、離婚、清治の蒸発、さらには殺人か、などと好き勝手なことを噂される始末……

moon1単純に笑った。団地っ子の私は 全てが見慣れた風景で 団地の中にある様々なルールやペナルティや繋がりや真逆に見てみぬふりをする暗黙の了解が懐かしかった。小さな団地の中は小さな国のようで その中で事件や事故が起こり それを子供ながらに覚えている。この世界にもしかしたら宇宙人が訪れても違和感が無いかも・・と思ったり。夫婦の願いが叶ったらよいな・・宇宙人が幸せになれたらいいな・・後半は絵本をめくるような気持ちになった。



clover  clover  clover

葛城事件 2016 監督 赤堀雅秋

Katsuragi_kazoku_large

book親が始めた金物屋を継いだ葛城清は、美しい妻・伸子と共に2人の息子を育て、念願のマイホームも建てて理想の家庭を築き上げたはずだった。しかし、清の強い思いは知らず知らずのうちに家族を抑圧し、支配するようになっていた。長男の保は従順だが対人関係に悩み、会社をリストラされたことも言い出せない。そして、アルバイトが長続きしないことを清に責められ、理不尽な思いを募らせてきた次男の稔は、ある日突然、8人を殺傷する無差別殺人事件を起こす。

movieなんとまあ、後味の悪い作品なのだ・・でも三浦友和演じる父、清はどこにでもいる癖のある男である。家族のために頑張ってきたことに嘘は無いけれど・・とにかくこんな人間が家族にいたら 日々絶望してしまうだろう。 逃げる事が出来ない・・家族なのだ。人間関係で言えば良かれと思ってすることが世間の基準とずれてしまっている清にとっても家族は迷宮だ。この微妙な関係はどこにでもあり 終わりがない。苦しい作品だった。

cherry  cherry  cherry



シングストリート 未来へのうた2015アイルランド英米 監督ジョン・カーニー 90点

640

book85年のアイルランド、ダブリン。少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは……。

clover今年最初のスマッシュヒットだ。少年の成長と初恋 気持ちの良い音楽 このテーマにけちのつけようがない。 80年代・・同じ世代で若者だった私にとって劇中に流れる音楽はどれも懐かしかった。 あの世代の少年のキラキラ感。 そして音楽が生まれる瞬間。 ファッションの移り変わり・・楽しかった。ラストは「小さな恋のメロディ」を思わせる。

riceball  riceball  riceball

体調を崩す人が 近くでもチラホラ・・

今年またまた受験生を抱える我が家は 早くこの時期を乗り切りたい気持ちです。

春が待ち遠しい・・

皆様もお体に気をつけて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016映画生活 年間ベスト3

二月になったというのに 昨年のベストスリーなんて ・・・本当にすみません。
もう、ただの自己満足です。本当に・・(笑)

2016年は昨年より四本多い66作品を鑑賞する事が出来ました。

その一つ一つを思い出して・・いや、ぼんやりとしか思い出せないものも含めて 一年の時の速さを実感しています。

印象に残る・・作品は時間がたっても記憶があせないものですね。

その反面 急速に冷めてゆく記憶もあります。最近この記憶のメカニズムについて素人ながら興味を持ち 調べています。

母が認知症になって その記憶は消えてしまうものなのかと思ったりして・・また何かの機会に・・・

tulip  tulip  tulip

外国映画 年間 ベスト3

一位「共犯」は単純に 鮮明に記憶に残っている作品を選びました。 サスペンスと青春の光と影・・良い」バランスで融合し 目が離せない・・そしてそこはかとなく切ない・・この両立はありそうで無かった気がします。

二位の「サウルの息子」は 初めて見た画像でした。とにかくインパクトが強く 友達には勧められないかもしれません。そのありのまま右へ左へ揺れる特殊な世界にも馴れてしまう人間・・描き出される世界ももしかしたら・・馴れてしまうのかもしれません。

三位には韓国映画を選びました。韓流独特の暗さが ドヨンの演技が頭を離れません。

一位 共犯   2014台湾  監督 チャン・ロンジー

Sub4_largeSub1_large

  

Partnersincrime672x3721438288881

       

 

二位 サウルの息子

三位 無頼漢 渇いた罪

(次点 オデッセイ)

clover  clover  clover

邦画 年間 ベスト3

一位「さようなら」も私の記憶に鮮明に刻まれた作品で これは迷うことなく決まりました。すぐ近くのことでありながら 登場人物はアンドロイドだったり・・少し遠いようであり、何故なのか死を迎え少しずつ朽ちてゆく事にほっとするというか・・悲しみとは明らかに違う感情をもちました。二位の「恋人たち」も同様 悲しみの中にほんの少しほっとする部分があり、これぞ生きる。ということなんだと思わされます。三位の「リップ・・・」はお帰りなさい・・といった気持ちです。

一位 さようなら    2015邦  監督 深田 晃司

In_sub1_largeIn_main1_large

In_sub4_large

  

二位 恋人たち

三位 リップヴァンウィンクルの花嫁

(次点 ヒメアノール)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016 12月 映画生活MEMO

な、何を今更ではあるけれど 几帳面A型。(うそ。)

ここまではやらねばならぬ・・の映画メモであります。

年末年始のハードワークから解き放たれ 今月は薄給になりそうな今日この頃・・

読まねば・・と重ねた数冊の本と DVDを日々消化しています。

年末に頂いたシクラメンの花がまだまだ賑わい、水栽培のヒヤシンスが甘い香りと共に花を咲かせています。

外は寒いけど・・春は近づいています。

楽しい時間です。 

sun  sun  sun




或る終焉  2015メキシコ、仏  監督ミシェル・フランコ    75点

Chronic

book息子の死を機に、別れた妻と娘とも顔を合わせなくなったデヴィッド。終末期の患者をケアする看護師として働く彼は、患者の在宅看護とエクササイズに没頭するだけの日々を送っていた。患者たちに必要とされ、デヴィッド自身も彼らとの濃密な関係を率先して育む中、末期ガンに苦しむマーサから、頼みを聞いてほしいといわれる。それは彼に安楽死を手伝ってもらいたいというものだった。

fuji安楽死をテーマとした作品はここ数年 ドキュメントタッチだったり、コメディだったり様々に形を変え多く製作されるようになった。そのどれもが私的には結局答えを見出せぬまま あくまでも 作り手側の主観で描かれる事が多い。悲観的なものではなく 最期まで尊厳を持つという意味で否定をするほど 私は達観していない。 本作は極力台詞を抑えて観る側に現実を辿らせながら ラストで梯子を外すようになっている。なるほど、ここは確かに新しいのかもしれない。私がその中で輪郭を持って感じられた事は 死は死だということだ。命の終わりが壮絶であれ 一瞬であれ 長くても 短くて命が終わるという事は同じ重さを奪ってゆく。

cloud  cloud  cloud(*^-^)


海よりもまだ深く 2016邦 監督 是枝 裕和    80点

Sub01_large

book15年前に文学賞を一度受賞したものの、その後は売れず、作家として成功する夢を追い続けている中年男性・良多。現在は生活費のため探偵事務所で働いているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳していた。別れた妻・響子への未練を引きずっている良多は、彼女を「張り込み」して新しい恋人がいることを知りショックを受ける。ある日、団地で一人暮らしをしている母・淑子の家に集まった良多と響子と11歳の息子・真悟は、台風で帰れなくなり、ひと晩を共に過ごすことになる。

(*^-^)是枝作品の中でも 「歩いても歩いても」に並ぶ好きだと思える作品だった。丁度この長男と同じ年頃の私としては こんな旦那はこまるなあ。。と思いつつ夢を捨てられない良多の 煮え切らなさやお子様ぶりをほんの少しだけ羨ましく思ったり・・。かと思えば この息子に変わらぬ期待と愛情を注ぐおそらくダメな母親に共感し かぞくというもの、切ないでも可笑しく いとおしく思う。最近では若者と話す機会が多くなった私・・これって説教?と思うような事を口走ったりね。 「幸せになるには 何かを手放さなければならない」私もそう思って生きています。(笑)

rain  rain  rain



64 ロクヨン (前・後編) 2016邦 監督 瀬々 敬久   65点

640

bookわずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。       

punchそうそうたるキャスト・・長い歳月が流れ 新旧 事件の捜査 捜査員の年代の違い 人が集まれば集まるほどボリュームが増すってもの。ただずいぶん風呂敷を大きく広げたなあ・・という印象が否めなかった。 と、いうのも ストーリー自体が あまり新しく思えなかった事。ロクヨン事件の犯行動機も想像通り・・真犯人を呼び出すために仕組まれた新たな事件も 犯人の動機が想像通りで・・意外性がほぼほぼ無かった。 もったいない。と思ってしまったのは私だけ? 

snow  snow  snow (*^-^)


若葉のころ 2016台湾 監督 ジョウ・クーダイ   65点

640_2

book離婚した母や祖母と一緒に台北で暮らす女子高生バイは、親友ウエンと男友達イエの関係に心を痛めていた。そんなある日、母ワンが交通事故で意識不明の重体に陥ってしまう。偶然にも母のパソコンから初恋相手リン宛の未送信メールを発見したバイは、母の青春に思いを馳せる。

(o^-^o)うーん。 苦悩する青春時代・・ 悩みは色々あるけれど そのもやッとした日々と、最愛の母の交通事故・・ そして 母の初恋の人へのメール・・ この一つ一つが毛色が違いすぎて 泣くに泣けず 淡いラブストーリーとしても感情移入できず 笑っていいのか泣いていいのかラストの中途半端さといい とにかくバランスがしっくりこない作品でした。

cherry  cherry  cherry

春はそこまで。。。。

Kimg3108 Kimg3102

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 11月 映画生活MEMO

インフルエンザの予防接種を半ば義務感から受けた途端 くしゃみ、鼻水咳と・・

どっぷりと風邪をひいたようだ。

抗体を作るため 投入された少量のウイルスは 疲れた私の体では 受け入れる事が出来なかったのか・・いや、単にうたた寝のなせる結果か・・

とにかくしんどい。(笑)


cloud  cloud  cloud




クリーピー 偽りの隣人  2016 監督 黒沢清  80点

Mainnew_large

book元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が駆け込んできて、実は西野が父親ではなく全くの他人であるという驚くべき事実を打ち明ける。

cake黒沢清らしい映画である。画像の暗さ・・もはや何でもありの無法現場・・絶望なんてとっくにしてるから誰が死んでも どんなに残酷な様子でも それ自体に感情は動かされない。ただ並べられたシーンの行く先がどこに向かうのか 気持ち悪い隣人がこのまま思い通りに生きてゆくのか淡々と眺めているだけである。人間ってどんな劣悪な環境にも慣れるのだなあ・・と思う。それは動物として生きながらえるための本能なのかもしれない。私自身も 死体が横たわる画面にさえ クスリ・・と笑ってしまうような事が度かさなる。 この黒沢ワールドは癖になる。面白かったです。

fuji  fuji  fuji



孤独のススメ  2013オランダ 監督ディーデリク・エビンゲ 80点

640

book妻に先立たれ、オランダの田舎町でひっそりと単調な毎日を送るフレッド。ある日、言葉も過去も持たないテオがフレッドの家に居ついてしまい、男2人の共同生活がスタートする。フレッドとテオの間にいつしか友情が芽生え、何も持たないテオの生き方からフレッドは真の幸せを学んでいく。

heart04人はいつも孤独である。それ自体 誰かと過ごす時間をすこしでも経験すれば 良くも悪くも 皆感じる事である。当たり前の事だし ネガティブな事とも思えない。この唯一無二 動かさざる現象 {孤独}自体を肯定するということは 他者の全てを許し 尊重するということなのかもしれない。皆一人・・ 誰にも否定できるワケは最初からないのである。なので、ラストは気持ちの良いものであった。 画像のスッキリとしたシンプルなブルーや白も 難しく感じなくていいよ・・シンプルでいいよ。みたいな印象で美しい。秀作です。


bottle  bottle  bottle




ヒメアノール  2016邦 監督 吉田恵輔  85点

Original

book平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされている事実を知らされる。

tulipいやあ。さすが監督!、漫画の原作は 映画としてどこか表現きれていないことが多いが・・本作、あえて長いコメディタッチ・・ 突然のタイトルバック 惨殺シーンと濡れ場、森田君の無くなった足、ラストのほっこりとした回想シーン・・全てが計算されていて非常に面白かった。浜田岳、ムロツヨシ の安定した演技に勝るとも劣らない森田剛の感情をなくした演技素晴らしかったです。

clover  clover  clover

ぼくとアールと彼女のさよなら 2015米 監督アルフォンソ・ゴメス=レホン  80点

Skdncxzcvcvs

book冴えない男子高校生グレッグは他人と深く関わることを避け、幼なじみのアールと共に名作映画のパロディをつくる毎日を送っていた。そんなある日、グレッグは母親から同級生のレイチェルが白血病になったことを聞かされ、彼女の話し相手になるよう命じられる。仕方なくレイチェルのもとを訪れるようになったグレッグは、いつしかレイチェルとの間に友情を育んでいく。そして病状が悪化していく彼女を励ますため、アールとオリジナル映画の制作に乗り出すが……。

camera「500日のサマー」が好きだった。そのスタッフが携わった本作・・期待を裏切らないできであった。一人称の 主人公の呟きが進行となるオーソドックスな作りから・・どんどん彼女を取り巻く環境や彼女自体に引き込まれ振り回され 我を失いやがて彼について語る彼女の手紙のないようにシフトしてゆく・・可愛くて悲しくて でもお涙頂戴ではないところが良い。印象に残る作品だ。

cherryblossom  cherryblossom  cherryblossom




世界から猫が消えたなら 2016邦 監督永井 聡  70点

Main_large

book。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下す。

movie話題作の映画化・・原作はずっと前に読み終えていて、そもそもファンタジー色の強いストーリであるのでどんな仕上がりなのと興味アリ。 原作に忠実であるからエピソードの一つひとつが時間通りに描かれず 少し分かりづらいかもしれない・・ 死はいつも突然、受け入れようが そうでなかろうが返事は必要ない。そノ意味はあまりに人それぞれで個人的だからここを描くことには少し違和感がある。宮崎あおい・・素敵な元彼女を演じているのだけど出すぎ。やや鼻につく。浜田岳ここにも・・映画オタクの親友の静かな嘆き。そして原田美枝子の母親は良かった。(笑)

crown  crown  crown

Kimg2863

  

Kimg2888

東京にも突然の雪が降り・・ 意外にも福島はパラリと舞う程度だったけれど 慌てて冬タイヤを履いた。
久しぶりに強めの地震が起こり・・数日余震に悩まされたものの その後五年前のような災害にはならず無事暮らしている。

高校の同級生が遊びに来てくれた。本当に久しぶり・・しばらくぶりだったのにそう感じないところが驚きだ。オシャレなカフェに行ってみる。

クリスマスの飾り付けを終えた。
2016もあと少し・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

201610月 映画生活MEMO

空ばかり見ていたら 秋になっていた。(笑)

疲れた疲れた言ってたら 秋になっていた。(汗)

この秋は 娘や息子が 絵で賞やご褒美を頂き表彰式に赴いたり 文化祭でのパフォーマンスをじっくり見たりと、非力な自分をカバーするべく若い力に身をゆだねる日々であった。

子供といえども子供なりにその世界で必死に頑張っているわけで・・

大人だからってすっかり 試合放棄をしてはいけないのだけど・・・

あと少し、タイムで、お願いします。なんちゃって。

cherryblossom  cherryblossom  cherryblossom




君の名は   2016邦  監督 新海 誠   80点

640

book1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

(゚▽゚*)空前のヒットらしい!久々にレディースデイに一人出かける。映画館はやっぱりいいですな。それはそうと・・ストーリーは王道のボーイ・ミーツ・ガールですのよ。タイムワープも都会と田舎の設定も転校生やイルマーレを思い出しながら・・何か大きな謎でも出てくるのか・・と嫌あーな大人の心根で意地悪く見ていたけれどそんなこともなく・・ それでも何でヒットなのかという事はよく分かる作品であった。新海監督の作品は全て観ているけれど本作が一番わかり易く痛快でありました。登場人物の年齢も若くなってるし・・過去作品の観客をふんわりとさせる感じの余白はなく沢山の説明をされているよな所はオトク・・と捉えるべきなんでしょうが・・・

moon1  moon1  moon1


ウェイト 呪われし存在の重さ  2012韓 監督 チョン・ジュファン   80点

81tohrjv6xl_sl1500_

book遺体安置所で遺体を洗い、死化粧を施す仕事を続ける脊椎後湾症のチョン。彼は、女性になることを熱望する性同一性障害の義弟ドンベの手術費用のために黙々と働いていた。そんな彼のもとには、さまざまな遺体が運び込まれるのだが…。

(゚▽゚*)韓国らしいダークファンタジーである。死体安置所のせむしおとこなんていかにも御伽噺に出て来そうなキャラクターなのだが超現実的に生活しているのだ。つまりはお金のためならなんでもする。そしてそれはいつも彼に罵声を浴びせる弟のためだけに・・なのである。終始笑えない話なのに時々可笑しくて残酷なのに滑稽で おどろしいのにロマンチック・・実に風変わりな作品。この監督・・注目です。

clover  clover  clover




さようなら  2015邦  監督 深田 晃司   90点

In_main1_large

book原子力発電施設の爆発によって国土の大半が放射性物質に汚染され、政府が「棄国」を宣言した近未来の日本。国民が次々と国外へ避難していく中、外国人の難民ターニャと、幼いころから病弱なターニャをサポートするアンドロイドのレオナは、避難優先順位下位のために取り残される。多くの人が消えていくなか、やがてターニャとレオナは最期の時を迎える。

(ρ_;)私的に今月のトップ作品。 近未来というには生々しく とても近くに感じてしまった。差別や偏見 人の不確かな気持ちの描写など 悲しい場面が多かったけれど 本編に流れる風のようなゆっくりとした時間はとても美しくて特にターニャが命を落とし 少しずつ朽ちてゆく様子は胸に迫るものがあり 号泣してしまった。ラスト レオナが竹の花を見に行くシーンも素晴らしかった。静かなのに苦しい作品であった。

night  night  night

追憶の森 2015米 監督 ガス・バン・サント    

Main_large

book人生に絶望して自殺を決意したアーサーは、富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を訪れる。磁石が狂い携帯電話も通じない森の中で、出口を求めてさまよう日本人男性タクミと遭遇したアーサーは、怪我を負っているタクミを放っておけず一緒に出口を探すことに。過酷な状況に立たされる中、アーサーは運命共同体となったタクミに次第に心を開いていく。やがてアーサーは、自分が死を決意するきっかけとなったある出来事について語りはじめる。

(;ω;)いつもとっても暗いのに・・ガス・ヴァン・サントは好きな監督のひとりである。今回は特に 登場人物三人・・という舞台のような設定の作品であった。主にアーサーがタクミに心を許し死に至るまでの過去を振り返る話なのだけど・・手術までの夫婦のすれ違いは観ていて心が痛くなるほど細かくてリアルで辛かった。(笑)思いあっていても全てが上手くいかないときってあるし本当に隣にあるような事なので・・そして突然の別れ・・絶望の淵にたったアーサー・・ そんな彼をあの世の淵から救いに来た妻・・いい話なのだ。いつもより優しいサントの作品。

banana  banana  banana




わたし達のハアハア 2016邦  監督 松居 大悟   70点

Main_photo_large

book福岡県北九州市の片田舎に暮らすチエら女子高生4人組みは、福岡で行われたロックバンド「クリープハイプ」のライブの出待ちした際、バンドメンバーが口にした「東京のライブにもぜひ来てください」という言葉を真に受けて、東京行きを決意。高校3年生の最後の夏休みに、自転車で日本を横断する1000キロの旅を始める。

ヽ(´▽`)/青春ロードムービー。 クリープ・ハイプというバンドすらよく知らなかったのだけど最近 はまってます。(笑)で、彼らを見たいがために東京までヒッチハイクやバイトをしながら突っ走る少女達のお話だ。一人はシンガーソングライター志望、一人は熱狂的 後の2人はノリで何となく・・のような感じで喧嘩しながら 傷つきながら・・ オーソドックス。だが やはりここにもSNSの存在が大きいウエイトで描かれる。スマフォの中の知りもしない人間達の言葉に一喜一憂したり泣いたり笑ったり・・分かるような分からないような、やっぱり歳ですかね。

cake  cake  cake




自分の事ばかりで情けなくなるよ 2013邦 監督 松居 大悟  75点

Mainjibun_large

book元彼が忘れられない風俗嬢、大好きなバンドのライブ当日に残業させられているOL、一途な思いを爆発させるオタク青年、トレーラーハウスで生活する謎の青年と美しき家出少女など、うまくいかない人生に不満や怒り、悲しみを募らせる若者たちの日常が少しずつ交錯していく様子を描く。

ヽ(´▽`)/クリープ・ハイプのプロモーションを撮っている監督ということで・・先の作品に続いて鑑賞して見る。なるほど。。こちらの方が私的には分かり易かった。というか 思考がわりに昭和だった。(笑)この際歳かな・・と思った事は保留にします。好感を持った。飾り気なく潔いところが。

riceball  riceball  riceball




さざなみ  2015英 監督アンドリューヘイ  80点

Sub1_small_large

book結婚45周年を祝うパーティを土曜日に控え、準備に追われていた熟年夫婦ジェフとケイト。ところがその週の月曜日、彼らのもとに1通の手紙が届く。それは、50年前に氷山で行方不明になったジェフの元恋人の遺体が発見されたというものだった。その時からジェフは過去の恋愛の記憶を反芻するようになり、妻は存在しない女への嫉妬心や夫への不信感を募らせていく。

(◎´∀`)ノ実にシャーロット・ランプリングが素晴らしかった。結婚45年、長きに渡って夫婦をやってきても 男性と女性は違うのだなあ・・と改めて感慨深い。男は子供っぽいし、女は理性より感情が先に立つ生き物なのだね。よく考えると上手くいっていた筈の夫婦生活はわずかな隙間から本当にそうなの?と疑ってしまうような関係になりうる。という怖い作品である。脚本が面白かった。ざわざわがとれない。(笑)まさにさざなみ。


bag  bag  bag

今年の誕生日は毛布やブランケットや ふかふかのあったかい物を何故か沢山頂いた。
私=眠い 寝たい 休みたい というイメージなのかもしれない。(笑)
あ。リクエストでマッサージクッションも貰ったんだ。(笑)
とにかくそんな星の下をうろうろしてしまってる。人生の先輩方・・怠け者でごめんなさい。



Kimg2699

梅酒も良い色になってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016 9月 映画生活MEMO

朝晩がかなり冷えるようになりました。

夏の疲れか・・はたまたまた一つ歳をとってしまったせいか ちょっぴり気が落ちている私です。

ようやっと。PCに向かい遅ればせながらの・・これだけは続けたいなとメモをとります。

clear  clear  clear




リップヴァンウィンクルの花嫁 2015邦 監督 岩井俊二  80点

Rvw_postercut_large

bookSNSで知り合った鉄也と結婚することになった七海は 親族が少ないため何でも屋の安室に結婚式の代理出席を依頼して式を挙げる。しかし、新婚早々に鉄也が浮気し、義母から逆に浮気の罪をかぶせられた七海は家を追い出されてしまう。そんな七海に、安室が月給100万円という好条件の住み込みのメイドの仕事を紹介する。

(o^-^o)前半かなりのテンポのよさ、現代の若者をとりまく繋がっているようないないような希薄な人間関係が漫画のカットのように続けられる。あまりに無防備で危うい七海が 実際 東京で一人で暮らしていけるのか信じられないけど・・高学歴の若者がヘンテコな宗教団体に夢中になるように・・それでも人の形をしたものとの関係を築きたい気持ちは消えないのだろう。・・生きていれば満たされない気持ちをどこかに隠していかなければならないわけだ。後半はそれを全て取っ払って文字どおり・・命を賭けて人を受け入れるという事に話がシフトしてゆく・・実に美しい。七海が安室と ましろの母を訪ねるシーンは強烈であった。

movie  movie  movie




恋人たち   2015邦  監督 橋口亮輔  85点

Main_large    

book通り魔事件で妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のために奔走するアツシ。そりがあわない姑や自分に関心のない夫との平凡な生活の中で、突如現れた男に心揺れ動く主婦・瞳子。親友への想いを胸に秘めた同性愛者で完璧主義のエリート弁護士・四ノ宮。3人はもがき苦しみながらも、人とのつながりを通し、かけがえのないものに気付いていく。

(;ω;)橋口監督・・好きです。前作「ぐるりのこと」も大変印象に残る作品であった。今回 三人の主人公を構え三つの話が微妙にくっつきながら別々に展開する。三人ともどこにでもいそうな普通の人間で 通り魔で妻を亡くしたアツシは絶望から・・孤独な主婦は平凡から・・エリート弁護士は過去から・・それぞれ大切な事の輪郭を一瞬垣間見る事になる。小さな光の所在が過去であれ未来であれお隣であれ 生きていけるのだなという気になった。涙します。秀作です。

building  building  building




スポットライト 世紀のスクープ  2015米 監督トム・マッカーシー       75点

Main_large

book2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。

(o^-^o)アカデミーにしては若干地味目だったような気がする。確かに世紀の大スクープだしこの記事が明るみになった当時は衝撃的だったはず・・正義は勝つ!的な話であるのに 後味の悪さを残す実録である。これだけ事実を語る人がいながら 表に話がでてこない 大きな権力のそのもの・・他にもあるであろう踏み込めない場所を思うと恐怖だ。

punch  punch  punch

リリーのすべて  2015英 監督トム・フーパー     (゚ー゚)   75点

Lili_newmain_large

book1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。

(;ω;)夫婦愛のお話なのだが・・私にはアイナーの強い意志ばかりが感じとられ むしろ主人公であるはずのゲルダの気持ちが友愛のように感じられてバランスとしては弱く思えた。アイナーについては まさに性というしかなく執着というよりは本能であり真っ当というしかないようなきがする。 これはエディ・レッド・メインの圧倒的な存在感からなのか・・

moon1  moon1  moon1




ルーム room 2015アイルランド カナダ 監督レニーアブラハムソン  80点

Main_large_2

book7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。

(;ω;)冒頭のショッキングなストーリーの始まりと部屋からの脱出まではハラハラと娯楽作品として観る事が出来た。でも本題はそこからラストまでのジョイの苦悩と壊れそうになる自分との戦いの物語である。非常に繊細に丁寧に描かれていたのではないか・・とはいえ実際にもこのような事件を知るたび失われたものの大きさに圧倒される。両主役、好演。

cake  cake  cake

子供たちの秋のイベントが続いています。

どの子もその年齢に応じて成長の片鱗を魅せてくれます。今年は。。何か目標を立てて頑張ってみようかな・・

皆様もお体にきをつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 7月 映画生活MEMO

八月も終わろうとしているのに ・・というところだけど PCすら開けないほど毎日バタンキューでした。

そして連日連夜のオリンピック中継・・魂を熱く燃やしすぎ 涙し、憔悴しております。(笑)

子供たちの夏休みが終わり 少しだけ暑さも 容赦しだした今日この頃・・

独り言みたいな 私のメモをお届けします。


moon1  moon1  moon1


幸せはどこにある    2014英、他  監督ピーター・チェルソム   70点

Sub2_large

book美人でしっかり者のクララとロンドンで不自由のない生活を送る精神科医のヘクター。しかし、患者たちの不幸話を聞き続ける日々の中、自分自身の人生に疑問 を感じるようになる。本当の幸せとは何か、その答えを求め、ヘクターはイギリスから中国、チベット、アフリカ、そしてアメリカへと旅に出る

fuji幸せは 一番近くにあるのだよ・・という青い鳥のようなお話。旅の目的地に選んだ国々がどこも魅力的。チベットの抜けるような青い空、アフリカのサツマイモスープ。心に残るものばかり。ロザムント・バイク インテリ女子、等身大のヒロインを可愛く好演。

cancer  cancer  cancer



天国からの手紙 2003韓 監督 キム・ジョングォン    70点

Kasei

book幼い頃ソヒは、「火星へ行く」と言い残して亡くなった父の言葉を信じていた。
少年スンジェはソヒのために“火星”にいる父を装い手紙を書き続けるが、ソヒはソウルへと引っ越していく。17年後、郵便配達人となったスンジェは美しい娘に成長したソヒに再会するが…。

cherry美 しい話ではある。前半の幼少期・・ノスタルジックでしみじみ韓国ならでは・・後半 変わってゆくヒロインにこどものままの少年・・思いが一途であればある ほど切ないのは分かる。けれど変わってゆくことが悪いイメージとなってしまうのは悲しいと思う。そしてラスト 明るい解釈を試みたが やはり スンジェの 自死は衝撃的である。 ファンタジーというにははっきりとした主張が見え隠れし個人的にはバランスがしっくりこなかった。

sun  sun  sun




フランス組曲  2014英、他  監督ソウル・ディブ    70点

Main_large

book1940年、ドイツ占領下にあるフランスの田舎町。出征中の夫の帰りを待つリュシルが厳格な義母と暮らしている屋敷に、ドイツ軍中尉ブルーノがやって来る。音楽を愛するリュシルとブルーノは自然と親しくなり、お互いにかけがえのない存在となっていく。

bottle戦 時中という極限状態にあっても人は恋する衝動を抑えられないのか・・冒頭はまだまだ戦争を肌で感じることのないフランスの田舎町。。厳格な義母に支配され た生活を送っているリュシル・・ 音楽を愛する彼女がもともと音楽家であったブルーノと心を通わせるのにそう時間はかからなかった。お互いを思いながら秘 密の逢瀬を重ねる2人・・メロドラマと戦争・・流されようのない運命がより切ない。

riceball  riceball  riceball




1001グラム ハカリしれない愛のこと 014ノルウェイー、監督ベント・ハーメル 80点

1001_main_large

book。測量研究所に勤める真面目で物静かな女性マリエは愛車で自宅と職場を往復する単調な毎日を送っていたが、病に倒れた父の代わりにパリの学会に出席するこ とに。ノルウェーにおける1キロの基準となる大事な重りを持ってフランスへ渡ったマリエは、そこで思いがけない出会いを経験する。

clover私 的には非常に好きなトーンの作品。ヒロインはいたってまじめ、堅実に生きているのに夜な夜な家財道具を盗むように持ち去る元夫といい、 ハカリの出国検査 をする検査官といいところどころ笑ってしまう。最初から最後まで健気なヒロインが愛しい。「人生で一番の重荷は背負う物がないこと。」なかなかの名言。  人が生を閉じる瞬間 21グラムだけ軽くなる事。(これは21グラム)という映画で知っていましたが・・ マリエの父が亡くなるときその描写が美しかっ た。

tulip  tulip  tulip


サウルの息子 2015ハンガリー 監督ネメシュ・ラースロー  85点

Main_large

book1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガ リー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺 体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。

cherryblossomいやア・・凄かった。最初から最後までサウルの目線で展開してゆく画像、 横に揺れ、対象を見失い 船酔いみたいにしんどい時間が続く。それでもこの迫力、緊迫感 絶望・・・そしてこの絶望にも馴れてしまう自分に何より驚く。こんな残酷な描写でさえ日常になるのだという事に驚く。 息子(本当はいないようだけど)を人間らしく葬りたい その一つの光がサウルの生きる支えとなる。悲しい、しんどい。でも忘れられない作品。

night  night  night




愛を積む人  2015邦 監督 朝原 雄三  80点

Main_large_2

book東京の下町で営んでいた工場をたたみ、豊かな老後を求めて北海道に移住してきた篤史と良子。しかし、ガーデニングや内装アレンジなど充実した毎日を楽しむ 良子に対し、仕事一筋だった篤史は暇を持て余すばかりで、そんな夫を見かねた良子は、篤史に家の周りの石塀づくりを頼む。ところが、良子の持病である心臓 病が悪化し、篤史の願いもむなしく亡くなってしまう。妻の死に絶望し、心を閉ざした篤史だったが・・・

bananaやわらかで優しい良く出来た作品だと思う。恥ずかしながら何度も泣いてしまった。死に対して随分と潔く強い人だと感じる奥様・・・まるで観音さまの様な少し上のステージを生きてきた人のように感じる。残される最愛の夫のため家のあちこちに手紙を残す。そのどれもが自分の事よりも夫のことを心配したものばかり・・そんな愛の深い彼女が愛した夫もまた彼女と同じような優しい人だった。不ぞろいな真珠のネックレス。夫婦の積み上げた年月に思いを馳せた。


riceball  riceball riceball

残暑は厳しいものの 空に浮かぶ雲が季節の変わりを感じさせます。
もこもこの雲から・・ 鳥の羽のような雲が多くなりました。

夕陽もそう・・少しずつ色も移ろい方も変わってきました。

私は空を眺める事が多いような気がします。 

皆さんの住む町のそらはいかがでしょう・・・ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016 6月 映画生活MEMO

梅雨に入り ぐずついた日々を過ごしていたら 今年も半分が過ぎてしまいました。

世間はボーナス月らしく 店はこのところ大繁盛。

そんな浮ついた楽しい空気は 残念ながら私の所には流れてこず・・・

そんな中 友人が こんにゃくを使った懐石料理を頂けるお店に誘ってくれました。

目に楽しいお料理の数々だけど、蒟蒻なのでお値段はリーズナブル。

そして そのついでに 陶芸にもチャレンジしてきたのです。笑

思いがけず とっても楽しい時間になりました。

さて、今月の映画でゴザイマス。

cherry  cherry  cherry  

オデッセイ  2015米 監督 リドリー・スコット 85点

Sub1_df20584rv2_large

book火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、 火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探 査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。

movie大変楽しい作品。絶望的な状況に陥っても常に前向きなワトニー。宇宙飛行士に求められる第一の要素なのであろう。 火星についても どの程度、どれくらいの日常的な生活がおくれるのかも知識がないので 素人が見ていて突っ込みどころは多かった気がする。宇宙にいての夢やロマンもさることながら やはりラストの・・・

「物事が悪い方に向かったとする。その時にできるのは、それを運命と受け入れるか、諦めず問題を解決するかしかない」
「よく考えて、問題を解決するんだ。問題を一つ解決し、次の問題も解決する。そしてまた起きる問題も一つずつ解決する。諦めずにそれぞれを十分に乗り越えたとき初めて、家に帰れる=乗り越えられるんだ。」この一言に勇気をもらった。

fuji  fuji  fuji




ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人 2008米 監督 佐々木芽生  80点

Mv47131l

bookハーブ&ドロシー夫婦は、ニューヨークの現代アート界きっての有名コレクター。彼らは30年以上にわたり日々ギャラリーやアーティストらを訪ね歩き、少し ずつお気に入りの作品を買い集めてきた。今では20世紀を代表するアーティストに成長した画家による名作も数多くあったが、彼らの1LDKのアパートはす でに収納の限界を超えており……。        

bag『給料で買える値段であること。』 『小さなアパートに入るサイズであること。』
『実際に自分の目で見て、「良い」と思ったものしか買わない』 このシンプルな決まりでアートと共に夫婦生活を送ってきたふたり。 質素な生活でありながら豊かさを感じてしまう・・現代アートの歴史も勉強する事ができ 私的に楽しいドキュメンタリーであった。

sun  sun  sun



母と暮らせば 2015邦 監督 山田洋次  80点

Original

book1948年8月9日、長崎で助産師をしている伸子のところに、3年前に原爆で失ったはずの息子の浩二がふらりと姿を見せる。あ まりのことにぼうぜんとする母を尻目に、すでに死んでいる息子はその後もちょくちょく顔を出すようになる。当時医者を目指していた浩二には、将来を約束し た恋人の町子がいたが……。                  

tv山田監督のストレートな戦争批判が伝わる。 優しい母と 健気な息子の 幸せを一瞬にして奪った戦争・・優しい描写が続くが 二度と取り戻せない現実につき返されるたび悲しみが募る。長崎の(亡き父の故郷)言葉の響きが懐かしく なじみのある風景もありしみじみと鑑賞。 ラスト近く 可愛がっていた町子さんの幸せを心から喜ぶ事が出来ない母の気持ちに涙・・良い映画です。

crown  crown  crown




アノマリサ 2015米 監督 デューク・ジョンソン  80点

Original_2

book私生活でも妻子に囲まれ恵まれた人生を歩んでいるかに見えたマイケル。しかし本人は自分の退屈な日常に不満を募らせていた。そんなある日、講演をするためシンシナ ティーを訪れたマイケルは、そこでリサという女性に出会う。長い間、すべての人間の声が同じに聞こえていたマイケルは、「別の声」を持つ彼女と特別な夜を 過ごすが……。

cloverとにかくの・・違和感。最初 生身の人間と見間違うほど・・クレイであることをその微妙な動きや その他の人たちの同じ顔からじわじわと感じてゆく。 違和感がまずやってきての冒頭なので 気がつけば作品の世界にすっぽりとはまっている。話の内容は実に生々しくて正直、なぜクレイで?と感じてしまうが、(笑)細かなディティールも素晴らしい。私的には違和感のインパクト・・新しいタイプの作品である。

fuji  fuji  fuji


マグノリア 1999米 監督 ポール・トーマス・アンダーソン 80点

159813view003

book死期を迎えた大物プロデューサー、彼と確執のある息子、プロデューサー の妻とその看護人、ガンを宣告されたTV人気司会者、彼に恨みを持つ娘、娘に恋する警官、過去の栄光にすがる元天才少年など、LAに住むさまざまな人間た ちの24時間を描く。

tv正直難解である。別々の人生を歩んでいる人間が少しずつ何かで繋がっている・・という群像劇は多い。あまり必要と思えないエピソードが長い尺で綴られ これがのちのちどこに繋がって行くのか期待して観てしまって(笑)空振り・・不完全燃焼。という場面も多い。細かな事に意識が集中している中 突然の蛙の大雨である。 やられた。と思った。(笑)先入観、マニアと呼ばれる人種を少々小ばかにしているような気さえする。

punch  punch  punch

それぞれに個性が出ておもしろい!

14674085910231467408556900

1467408677379  1467408650541

蒟蒻懐石の前菜と おすし。 女子こころをくすぐります。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 4月 映画生活MEMO

母の日に娘達からは花やお菓子を貰いました。

少ないこずかいなのだから何もいらないと心から思っているのですが(笑)母の日特集の番組を 私がぼんやりと見ていたら・・・

息子に、「お願い、苦しいから何とか言って!」と言われました。(笑)

何も言わずに子供たちから素晴らしいプレゼントや 感謝の言葉を浴びせかけられる世の中の母たちを 私が苦々しく見ていると思ったのかなあ・・

貰えばそりゃ、嬉しいに決まってるけどさ。(笑)

cd  cd  cd



無頼漢 渇いた罪 2015韓 監督 オン・スンウク    80点

Main_large_3

bookある殺人事件の容疑者パク・ジュンギルを追う刑事チョン・ジェゴンは、容疑者の恋人であるカラオケバーのママ、キ ム・ヘギョンに目を付け、捜査のために身を偽り彼女に近付く。恋人の帰りを待ち続けるヘギョンは、いつもそばにいてくれるジェゴンに次 第に傾いていってしまう。

riceball久々 の韓国大人の映画といったところか・・ あらゆるジャンルの作品に出演しその存在感を見せつける今やトップに上りつめた、チョンドヨン。過剰な演出のない 本作でも光ります。ストーリー自体はシンプルで感情の動きに共感させるようなエピソードは パールのピアス位でしょうか・・でも実際2人の過去の断片を拾 えば 頑なであることは想像できるし お互いに好意があってもそれを信じぬく事が出来ない事も真実のような・・キム・ヨンギル、本作の役柄はラッキーだっ たのではないか・・ 印象に残るポーカーフェイスである。


cherryblossom  cherryblossom  cherryblossom




グラス・ホッパー 2015邦 監督 瀧本 智行    75点

165419_1

book恋人を殺した仇を追い、裏社会に潜入した元教師の鈴木。復讐を果たそうとしたその瞬間、彼の目の前で標的が車に撥ねられて死亡。それは“押し屋“と呼ばれる殺し屋の仕業だった。この押し屋に引き寄せられるかのように、裏社会の暗殺者ふたりが鈴木に接近し……

clover軸 となるストーリーは 鈴木の復讐なのであるが とにかくその他の登場人物の話が印象に深く残っている。  殺した相手の亡霊を引き連れた歩く殺し屋、 彼 をそうさせた父親の亡霊、 仕事に徹しているけれど情に厚い殺し屋、仕事を依頼する彼のただ一人の友人 そして円満家庭を演ずる押し屋と呼ばれる殺し 屋・・どれもがキャラがたってしまって軸に集中できない・・ 伊坂作品にしては バラバラのストーリーが一つに結ばれる爽快感は少ない気がした。

movie  movie  movie




エイプリル・フールズ 2015邦 監督 石川 淳一    70点

Main_large

book 人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみは、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘)に対して、身ごもっていると打ち明ける。と ころが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなったあゆみは、亘がいるイタリアンレストランに向か う。一方の亘は、きれいなキャビンアテンダントの麗子とランチを楽しんでいて……。

sunス ピード感はさすが テレビドラマ畑のスタッフだなあ。と感心。散りばめられた嘘のピースが少しづつ埋められてゆく楽しさも実にテレビっぽい。 これだけの 出演者を 不平のないように収めるのもさすがといえばさすが・・ 話の組み立てはどちらかというと演劇を思わせる。ただ 最初からラストまで同じ大きさと 思しきエピソードのためか 詰め込んだわり緩急に乏しい印象が残ってしまった。 ラストも無理やりといえばそのとおり・・(笑)


punch  punch  punch

         

バクマン 2015 邦 監督 大根 仁    80点

Main_b_large

bookプロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、思いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保と交わした約束を きっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、敏腕編集者・服部に才能を認められ漫画家としての第一 歩を踏み出す。

pisces痛快青春映画であった。 見た目にCGやプロジェクションマッピングを多用して新しさを目玉にしてはいるけれど どっぷり王道のストーリである。 そして、このサクセスストーリーには人生で大切な物の全てが描かれている。あー青春! これだけ熱くなれるものがあるだけで上等。結果は二の次である。ラストがいいね! 次から次ぎへ浮かぶ構想を卒業を祝う黒板の文字を消し、書き綴るふたり。永遠に卒業はないと思わせてくれるシーンである。

fuji  fuji  fuji



ヴィジット 2015米 監督 M・ナイト・シャマラン  80点

Visit_photo2_large

book休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メインビルへとやってきた姉妹は、優しい祖父と料理上手な祖母に迎えられ、田舎町での穏やかな1週間を過ごす ことに。祖父母からは、完璧な時間を過ごすためにも「楽しい時間を過ごすこと」「好きなものは遠慮なく食べること」「夜9時半以降は部屋から絶対に出ない こと」という3つの約束を守るように言い渡される。しかし、夜9時半を過ぎると家の中には異様な気配が漂い、不気味な物音が響き渡る。

cloudシッ クス・センス以来・・何かとファンを裏切り続けるシャラマン。今回はブレア・ウィッチ・プロジェクトに似た楽しい作品になりました。あ、楽しくちゃ、ダメなの か。(笑)でも、もともとB級ホラー好きの私としては大変楽しめた。あ、ホラーでもないのか・・どうフォローしてもきっと上手く褒める事の出来ない本作で はありますがあえて高得点をつけました。 周りなんてほっておいて撮りたい物を撮り続けていただきたい気持ちである。

crying  crying  crying


カプチーノはお熱いうちに 2014伊 監督 フェルザー・オズベテク  80点

Main_large_2

book南イタリアのレッチェのカフェで働くエレナは、性格も生き方もまったく違うアントニオと運命的な出会いを果たし、そして2人は恋に落ちる。13年後、ゲイ の親友ファビオと始めたカフェが成功し、結婚したアントニオとの間には2人の子宝にも恵まれたエレナは多忙ながらも充実した日々を送っていた。しかし、そ んなエレナを襲ったのは、自身が乳がんに冒されているという残酷な現実だった。

tulipイメージ的には 面白オシャレな映画と思いきや、なかなかの掘り出し物であった。ある男女の出会いから仕事、結婚、倦怠期 試練まで長きに渡って話は続く。面白いのはその順序が逆転したり、続きを見たい気持ちをはぐらかし後から重ねたりしているところ・・なかなかセンスが良いではないか・・なんで、?なんで?という観る側の疑問をすべて無視して話は進む。でも実際しっくりといく男女ばかりがいっしょにいるわけではない。尖がっていて、でも最後は消化不良。。ということのない絶妙なバランスの作品である。

clover  clover  clover



岸辺の旅  2015邦 監督 黒沢 清    70点

Sub01_large

book3年前に夫の優介が失踪した妻の瑞希は、その喪失感を経て、ようやくピアノを人に教える仕事を再開した。ある日、突然帰ってきた優介は「俺、死んだよ」と 瑞希に告げる。「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」との優介の言葉に瑞希は2人で旅に出る。それは優介が失踪からの3年間にお世話になった人々を 訪ねていく旅だった。旅の中でお互いの深い愛を改めて感じていく2人だったが、瑞希が優介に永遠の別れを伝える時は刻一刻と近づいていた。

nightス トーリ的には とても好きなジャンルである。夢のような現実のような、整理のつかない気持ちを抱えたまま暮らしているのが人間だからである。主役2人の雰 囲気も暖かでそれに絡む登場人物、(主に幽霊たち)にも共感できる所が多々あるしね。でもこの作品の一番の見せ場は一人の失踪した男を挟んでの妻と愛人の シーンである。短いシーンではあるがこの緊張感(笑)もっと見ていたい気持ちになる。 蒼井も深津も、こういうのもっと見せてほしい。全体的には黒澤監督 の カラーが広がっており好きな作品ではあった。

typhoon  typhoon  typhoon


ここ数日 雨の日が続いて アジサイが気持ちよさそうだ。と思っていたら、今日は初夏のような陽気で少々頭痛に悩まされる。

貴重な二連休で、やらなきゃ・・と思っていることもあるが、どうにも体が休みたがってしまってます。(笑)

スローライフのエッセイに癒され それとは程遠い毎日を過ごしています。

1463109580465

1463109516843

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 3月 映画生活MEMO

さよなら人類 2014ノルウェー、仏 他合作 監督 ロイ・アンダーソン  80点

Sub5_large

bookパッとしないセールスマンコンビのサムとヨナタンは、面白グッズ販売を目的にさまざまな人々を訪ね 回っていた。その際に彼らは、ワインを開けようとして心臓発作を起こしてしまう夫と異変に気付かない妻、天国まで持っていくと宝石入りのバッグを手放さな い亡くなる直前の老女など、切なくもこっけいな人生模様を目の当たりにする。

cloverいやア。笑った笑った。これだけのオムニバスを真面目によく撮り続けたと思う。ロイ・アンダーソン好きにはたまらない。豪華ボリュームである。人間の滑稽で 辛らつで 皮肉っぽいけど 可愛らしい処が随所に描かれてます。私は サムとヨナタンの喧嘩シーンと仲直りシーン 床屋の店長のシーンがお気に入り。

clover   clover   clover

 

海のふた 2015邦  監督 豊島 圭介       60点

Main_large

book今では寂れてしまった西伊豆にある小さな町。都会での生活に疲れ、実家のあるこの町に帰ってきたまりは、大好きなかき氷の店を開く。メニューは糖蜜とみか ん水のかき氷、そしてエスプレッソのみ。顔に大きなやけどの痕があるはじめは、一緒に暮らしていた祖母が亡くなり、ひと夏を実家で暮らすためにこの町に やってきた。まりははじめとともにかき氷店を切り盛りしながら、それぞれの生き方を探していく。

bookこの痛い感じ・・よしもとばななと同い年、同じ時間を少しは歩いたであろう私は、傷をつつかれるような気持ちで鑑賞した。 夢や希望を膨らませて 若者は都会に集まる。良い事も悪い事も経験して 傷を作りながら生きているうちにふと、何かにきがついてしまうんだ。それでもぎりぎり踏ん張ってでもどうにもならなくて できるだけさりげなく故郷に戻ってきた。元彼の夜逃げシーンはもちろん自分に対しての言葉だろうけど・・それはないよ。と感じた。結局なにをやっても 自分が変わらなければ 答えはないのだ。それが悲しいのだ。

clover   clover   clover



罪の余白   2015邦 監督 大塚 祐吉      70点

Main_large_2

book高校のベランダから転落死した女子高生の香奈。娘の死を受け止められず、自分を責める日々を送る父親の安藤は、事故か自殺か、娘の死の真相を知るために、娘のクラスメイトに接触する。そんな安藤の前に、校内カーストの頂点に立つ美少女・咲が現れる。

clover冒 頭の滑り出しから 咲の本性が暴かれるくだりは なかなか スリリングであった。 父と少女が対峙するあたりから 失速・・ 咲の内面があまり描かれてい ないので単なるお子様のわがまま程度の出来事の一部のように感じられてしまったのが残念。 無機質な感情(こんな言い方はないのかもしれないけど)と 幼 児のような愛されたい感情がどちらも半端なのが今ひとつ、面白くないのか・・?


clover   clover   clover



言の葉の庭 2013邦  監督 新海 誠    80点

Img0220

book靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨 の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるよう な靴を作ろうと決心する。

cherry新 海監督の絵があまりに綺麗なので 評価の良し悪しにかかわらず 作品を鑑賞している。 二年前になるのか・・ 観ようと思っていて アニメーションになか なか手が出ない時期であった。 今回はこじんまりとした小作品で 場所もほぼ、公園と部屋、学校の 三つである。少年が成長してゆくほんの一雨の時間が描 かれる。 新海監督作品は いつもその景色が誰もが見たであろう、日常の風景で視覚からその場所に入ってゆく。 つべこべ言いません。今回も素敵でした。  小説のようなお話でした。

clover   clover   clover 


国際市場で逢いましょう 2015韓 監督 ユン・ジェ・ギュン  80点

167073_1

book朝鮮戦争中、父親と末の妹と生き別れたドクスは、母親と2人のきょうだいと一緒に避難民として釜山で暮らすことに。まだ幼いながら も家長として家族を守ることを心に誓った彼は、自分のことは後回しにしていつも必死に働いてきた。その後、西ドイツの炭鉱で働き、ベトナム戦争に従軍する など、ドクスは何度も命の危険にさらされる。

cloverやはり、ぐいぐいきてます。ファンジョンミン。テレビドラマから始まり、長い年月がたった。ヤクザや風来坊・・色んな彼を観たけれど   真骨頂・彼のもっとも得意とするであろう 苦労に負けない快い人・・これで決まり!

主人公の子供時代から、老後までそれはそれはぎっしりと詰まった苦労の連続。。こうして次の世代へ命が繋がれていくのだなあ・・と思うと涙が止まりません。 ドクスは生き別れた父を待つために何も持たない自分の心と体を時代にささげてゆきます。何気ない幸せな時間の中、ラストカット老いた夫婦の後姿「もうお父さんは 歳だからこれないよなあ。」 ベタかもしれないけど良い作品 。見ごたえあり。

clover   clover   clover

昨日の暖かさで 桜が散り始めました。

今日は寒のもどりらしいです。

色だけは春らしい 少ししっかりとしたコートを羽織ってでかけます。

皆様の町の

さくらはいかがでしょう?

1460248861810

もくれん? たわわな造花のような花を見ていると迷宮に迷い込んだような不安な気持ちになります。 変わった姿のはなですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧