« 心の棘 | トップページ

2018 5月&6月 映画生活ミニミニMEMO

かつて無いほどの豪雨に見舞われ大変な思いをされている皆様に一日も早く日常が戻られますように・・・
不安と心痛が少しでも早く解消されますように・・
ニュースでその被害の大きさを知るたび あの東日本大震災に記憶が蘇り 胸が痛みます。

それにしても・・この数年、日本は自然災害に何度も叩きのめされています・・
被害の地域が 以前の被害地域と重なる事も どうして・・
これほどまでに・・と言葉になりません。

sun   sun   sun



彼女がその名を知らない鳥たち 監督白石和彌   80点

640

book下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。

ヽ(´▽`)/最近イヤーな女を匠に演じる事の多い蒼井優。「岸辺の旅」での失踪した夫を探す本妻深津絵里との対決シーンは見事であった。本作のヒロイン、サブタイトルには 登場人物誰にも共感できない。との文句があったけれど・・本当のところどうなんだろう?そもそも恋愛感情は自分本位なものであり 思い込みのふしも多い。相手のために命を投げ出す事でさえ 究極の傷を刻む事にもなる。 ほんの少し自分と重ねてしまうからぎりぎり作品として楽しめる。探究心を持って意識高く生きたとしても・・人はこの世の中のどれ位のことを理解できるのか・・ ラストシーンは悩む所だけど・・面白い作品でした。


fuji    fuji     fuji

ELEE (エル)  監督 ポール・バーホーベン  80点

640_2

bookゲーム会社のCEOを務める女性ミシェルは、ある日突然、自宅に侵入してきた覆面男に襲われてしまう。何事もなかったかのように今まで通りの生活を送ろうとするミシェルだったが、襲われた時の記憶がフラッシュバックするようになっていく。犯人が身近にいることに気づいたミシェルはその正体を突き止めようとするが、自分自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされて思わぬ行動に出る。

(◎´∀`)ノはいはい、こちらもイヤーな女登場です。笑

 演技に自信のある役者はこの手を演じても次の日には優しいお母さん役が違和感なく出来るのでしょう。イザベルユペールはそこのバランスが少し変わっていていつもどんな役でも少々変わっている?というか裏を感じさせられる俳優であります。 なので・・この変態役は見事にヒットしました。様々なイメージ崩壊しそうなシーンがあったもどこ吹く風であります。コメディなの?って感じたのは私だけでしょうか・・





cloud    cloud     cloud




プラネタリウム 監督レベッカ・ズロトブスキ   70点

640_3

book1930年代後半。アメリカ人のローラは、死者を呼び戻せるほど霊感の強い妹ケイトと共に、降霊術のツアーでパリを訪れる。姉妹の才能を目の当たりにして衝撃を受けた大手映画会社プロデューサーのアンドレは、姉妹を主人公にしたリアルなゴースト映画を製作しようと思いつく。アンドレは姉妹と映画の出演契約を結び、2人を自宅に住まわせて撮影を開始するが……。

(*^m^)プロットはなかなか興味深いものでありましたが 内容はお人形さんのように可愛らしい・・美しい二人を観葉植物を愛でるように眺める作品であった。でも美しいってのは才能よねーー

pisces   pisces   pisces   


シェイプ・オブ・ウォーター  監督ギレルモ・デル・トロ  70点 

640_4

book1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。

(゚▽゚*)大好きなデル・トロ監督・・気持ち悪いファンタジーを期待し鑑賞したが 「気持ち悪い」に比重が掛かり過ぎたのか今ひとつ乗れなかった。ファンタジーにしては肉感的過ぎたのか?おそらく主人公のイライザが外見ではなく内面的に可愛らしさにかけていたからではないか・・恋は盲目だけれど周りの心優しい友人たちに配慮がなくて 随分自分勝手。。と感じてしまったから・・愛されキャラなら 共感し応援したくなったのかも。

night   night   night




スリービリボード 監督マーティン・マクドナー    90点

160

book米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な3枚の広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

(゚ー゚)一言、面白かった! 先が読めない展開もスピーディで結論に至らず転がっていくような感覚が映画として見ごたえがあった。このテンポ感・・秀作と言われるストーリーに共通のワクワク。

先の映画ではないが・・本作のミルドレッド・・かなり無茶苦茶な女性ではあるのだけど共感し応援したくなるヒロインであります。

zero   zero   zero




パーティで女の子に話しかけるには 監督ジョン・キャメロン・ミッチェル

80点

160_2

book1977年、ロンドン郊外。大好きなパンクロックだけを救いに生きる冴えない少年エンは、偶然もぐり込んだパーティで、不思議な魅力を持つ美少女ザンと出会う。エンは好きな音楽やファッションの話に共感してくれるザンと一瞬で恋に落ちるが、2人に許された時間は48時間だけだった。

(゚▽゚*)思っていたものとはかなり違ったけれど面白かった。小劇場的な物語が懐かしくもあり これは一応青春グラフィティーだよね、という気持ちに最終的には着地できたので成功だと思う。ラストが良かった。

clover    clover   clover




ノクターナル・アニマルズ 監督トムーフォード  85点

160_3

bookアートディーラーとして成功を収めているものの、夫との関係がうまくいかないスーザン。ある日、そんな彼女のもとに、元夫のエドワードから謎めいた小説の原稿が送られてくる。原稿を読んだスーザンは、そこに書かれた不穏な物語に次第に不安を覚えていくが……。

(゚▽゚*)トムフォード二作目! 随分映画的?になりました。相変わらず美意識の高さは鼻につくほど随所に散りばめられていますが・・本作 それ以上に 人間の内面に深く入り込んでいきます。これは彼にとってはかなりの冒険ではなかったか?と思われる。結果的には登場人物が(スーザン) 恐らく彼の分身のようであったのでは・・と私的な感想をもったりして。

イヤーな女・・真打登場ですが、それでも面白い作品でした。

sun   sun   sun

豪雨被害は果てしなく お辛い日々をお過ごしの方・・

こんな時にサッカーだの映画だの 不謹慎かもしれないけれどあえてそのどこかでもなにかでも勇気や 癒しになる事を願って止みません。

暑い日々が続きますが お体お気をつけて下さい。

|

« 心の棘 | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

森おばさんさま、こんにちは。
福島も猛暑だと思います。大丈夫ですか?
大阪、この2,3日の猛暑(今日は38度らしいです)で、ベランダの植物が枯れ始めてます。東向きなので、それほどでもないと思っていましたが、、。
最近、あまりいい映画に巡り合えずに、気持ちはフラスト気味。
「スリービリボード」「ノクターナル」が高得点で、さすがという感じです。こんな映画が見たいですよね。
お体をご自愛ください。
それでは。
セント

投稿: セント | 2018年7月19日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/73824517

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 5月&6月 映画生活ミニミニMEMO:

« 心の棘 | トップページ