« 2017 6月&7月 映画生活ミニミニMEMO | トップページ | 2017 11月&12月 映画生活 ミニミニMEMO »

2017 8月&9月&10月 映画生活 ミニミニMEMO

今年はまだ まとまった雪が積もらず毎日車を運転する私としてはほっとしています。

次女が四月から山形の大学へ進学・・子供たちもそれぞれの場所へ向かいます。

雪・・すくないといいんですけどね。

sun  sun  sun

LA LA LANDラ・ラ・ランド 監督デイミアン・チャゼル 80点

640

bookオーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。

【感想】前作セッションの感動が脳裏から離れない。今回はより広い層にあてますますビックネームに・・どんな題材を選んでも期待を裏切らない作品になるとは思うけれど 思いもつかないアプローチをよりびっくり!を望んでしまう私。

sun  sun  sun

マギーズプラン幸せのあとしまつ  監督 レベッカ・ミラー 70点

640_2

bookニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼットに愛想を尽かしたジョンは離婚を決意し、マギーと再婚。数年後、ジョンとマギーは子どもにも恵まれ幸せな毎日を送っているかに見えたが・・・

【感想】これ、男の人にはおそろしいお話ですよね?笑 そんなに簡単じゃないよーーー!って所がいいのかしら・・前作「フランシス・ハ」の爽快感には及ばなかった・・

sun  sun  sun

愚行録 監督 石川 慶  80点

640_3

bookエリートサラリーマンの一家が殺害され、世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。関係者へのインタビューを通して、被害者一家や証言者自身の思いがけない実像が明らかになっていき、事件の真相が浮かび上がってくる。

【感想】ナンとも後味の悪い本作。と。いうことは・・成功なのではなかろうか・・人が日々思い、とらわれ 振り払っても離れない羨望や嫉妬 ずるさや欲望・・我が身に感じるからこそ、なのです。

sun  sun  sun

彼らが本気で編む時は 監督 萩上直子 85点

640_4

book11歳の女の子トモは、母親のヒロミと2人暮らし。ところがある日、ヒロミが育児放棄して家を出てしまう。ひとりぼっちになったトモが叔父マキオの家を訪ねると、マキオは美しい恋人リンコと暮らしていた。元男性であるリンコは、老人ホームで介護士として働いている。母親よりも自分に愛情を注いでくれるリンコに、戸惑いを隠しきれないトモだったが……。

【感想】萩上監督の作品をみると いつも人がきちんと生きるということを考える。慎ましく 丁寧に生きるという事が 尊い事に思える。

sun  sun  sun

男と女 監督 イ・ユンギ  75点

160

bookヘルシンキで出会ったサンミンとギホンは、大雪の誰もいないキャンプ場の森の小屋で体を重ね合う。互いの名も知らぬまま別れた2人だったが、それから8カ月後、ソウルで日常に戻っていたサンミンの前に突然、ギホンが現れる。

【感想】ラストが描かれれば過程はどうあれ良かったのではないかと思う・・そもそも恋愛は衝動であり錯覚だ。決して自分と同じではない他人を求め あがいた挙句・・男と女が出した答えが違う事こそ真髄である。イ・ユンギ監督、好きですけど。笑

sun  sun  sun

ムーンライト 監督バリー・ジェンキンス 90点

640_5

bookマイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「リトル」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになる

【感想】難しい題材を丁寧に 優しく 決してきをてらう事無く描いている。どんな人間も 愛によって強く生きられるのか・・と思わせてくれる作品だった。

sun  sun  sun

起終点駅 ターミナル   監督 篠原 哲雄 70点

Terminal_001_large

book愛した女性を死に追いやった過去のある完治は、それから25年間、釧路の地で誰とも関わることなく、己を罰するように静かに暮らしていた。国選弁護人をしている完治はある時、椎名敦子という若い女性の弁護を担当するが・・・

【感想】再生と出発の話である。本田翼は可愛いけれど上手くなりませんな。映画を観た後も短編小説を読んだ感覚。

sun  sun  sun

セトウツミ  監督 大森 立嗣  70点

Main_large

book関西弁の男子高校生2人が放課後にまったりとしゃべるだけというシンプルな内容。2人の繰り広げるシニカルな会話劇の面白さで人気のコミックの実写。

【感想】ただだらだらと話すだけ・・こんな映画もいいのでしょうね。 今をときめく男優2人・・楽しみです。

sun  sun  sun

私の住む町は とても風の強いところです。

風の音を色々聞き分けたりするようになったのは こちらにとついでからだと思います。

当たり前のようでそうでないことって 生まれや場所によって色々あるのでしょうね・・

|

« 2017 6月&7月 映画生活ミニミニMEMO | トップページ | 2017 11月&12月 映画生活 ミニミニMEMO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/71822623

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 8月&9月&10月 映画生活 ミニミニMEMO:

« 2017 6月&7月 映画生活ミニミニMEMO | トップページ | 2017 11月&12月 映画生活 ミニミニMEMO »