« 2016 4月 映画生活MEMO | トップページ | 2016 5月 映画生活MEMO »

病院にひとり。

1464899277609

友人から頂いた手作りカレーパン。おいしい。




不意に休みがとれ、循環器内科に赴いた。

健康だけがとりえの私が この数ヶ月いわゆる動悸を感じる頻度が加速してきたと自覚したからである。

病院なんて よほどの傷みが伴わないと足が向かないたちである。ただでさえ重い気持ちこの待ち時間・・ 

それにしても50の声を聞いた辺りから 体調やら、体力やら 今まで意識しなかったことが太線で縁取られて目の前に現れる。

楽天的な私は 多分更年期だという思いで たっぷりと読書である。

やっぱり本はたのしいね。たとえ内容が暗かろうが読後は満腹感ににた感覚である。(笑) 最近は自分より若い作家のものもよく読む。

独特なリズム感だったり あえて平坦な書き方であったり、その表現が どの作家もよく本を読んでいる人なのだということが分かり、嬉しい。

ゆとり、だとかなんだとか言われる世代の若者でも  物書きや優れたスポーツ選手に限っては 皆 その才能を育てるための作業は着々と行なわれているのだと改めて思う。

それと反して 最近の日本の若いミュージシャンは私世代の若者なら百に 近いパーセンテージュで聞いていたであろう洋楽を聴かないそうだ。

残念だと思う。それをなぞった音楽はたくさんあっても肌触りが違うのに。(笑)

それが証拠に久しぶりに ビートルズを今日聞いて 気にも留めなかったリンゴスターのセンスの良さに心打たれた。

循環器科は 診察室に入ると 照明が暗い。私の心臓をあちらこちらから超音波で捉えた冷えたモニターが仕事をこなしている。

色をつけられた私の血の流れが 黄色やら赤やら頑張っているのがなんだか笑える。

大丈夫、心臓には問題がないようだ。 一安心、ここ数ヶ月 心筋梗塞やらの苦しさを想像して
意識がなく倒れた私の 体を支える人があまりにも気の毒に思われたから。。

少し不整脈があるとのこと、 でも 2、3ぱく 飛んでも元に戻るから大丈夫、とやや微妙な診断結果である。

更年期とは言われないものの、 ホルモンのバランスが変わって 過敏になっているかもしれないといわれた。

感じにくくする薬を出しますか?と聞かれ 感じても気にしないでいいのならいりません。とお断りした。(笑)

それでも 私の動悸はやっぱり気にしないようにはならなくて 長く付き合うことになるのかな・・なんて思い始めている。 

いつ、どうなるか分からない。

そんなことがふえてゆく。

|

« 2016 4月 映画生活MEMO | トップページ | 2016 5月 映画生活MEMO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
タイトルを拝見してドキッとしました^^;
でも、心臓に問題が無いとのことで、安心しました。

お忙しい毎日ですから、きっと知らず知らずのうちに身体が悲鳴を上げていたのかもしれませんね。
ここらで少しずつ、家事全般のうち子供さんたちにもやれることを探して手伝ってもらえるといいですね☆
私より10歳もお若いとはいえ、昔なら寿命だった50歳代です。
今のご時世、誰もが働かねばならず、そういう意味では最も体を酷使している年齢なのだという事でしょう。

私も病院(耳鼻科)に二カ月通った間、やはりコンパクトなサイズの本を持参して長い待ち時間を過ごしていました(笑)
動悸息切れは、随分前から私にもあるのですが、この年齢になれば誰にでも多かれ少なかれあるという声に、検査に行かずに済ませています;
でも、すぐ上の姉が倒れた今、やはり行かねばならないのだと覚悟しました~。

お互い、楽しみを持ちながら何とか自分を労わり、切り抜けましょうね☆
今日も今から仕事に行ってきます^^

投稿: wildrose | 2016年6月15日 (水) 09時31分

森おばさんさま、おはようございます。お久しぶりです。

病院に行かれたとかでドキッとしました。大したことなくてよかったです。
先日テレビで園まりさんが病気でホルモン療法をしていたら不整脈が多くてつらかったなんておっしゃってました。ホルモンのバランスが崩れるといろんなことに影響を及ぼすんですね。お察しします。

僕は最近夏風邪を引きました。ただせきが出る感じなんですが、考えたら夏風邪はずっと記憶にありません。だいたい今年は2月に風邪をひき(これがいつも通り)普通であれば来年までひかないんですが、年なんですね。考えちゃいます。

土日は演劇鑑賞が多く、映画は厳選して見るようになりました。舞台で若い人の生身の汗とそして活力を見ることがとても面白いです。また映画とは違ったものがあります。観客の中で老人が一人ポツンといるので戸惑いますが、慣れました。
それでは、また。

投稿: セント | 2016年6月16日 (木) 09時42分

同じくタイトルを見て「やだっ、なになに?!」となりましたが、ご無事で何よりです。
私も脈が飛んだり強弱が不安定だったりしますが、お風呂やトイレ(特に職場の)で
倒れないためにも、心臓と脳は要注意ですね。

自分の本の持ち込みは病院や美容院へ行くときにしますが、確かに「満腹感」得られます。
「満腹感」って、面白い表現ですね。
「太線で縁取られて」とか「音楽の肌触り」など、瑞々しいなぁ~と思います。

更年期、まだまだ色んなことが起きると思いますが、怖いトリガーにもなりますので、
くれぐれもご無理をなさいませんように。
では梅雨なので、お互いカビない程度に地味目に頑張りましょう。

投稿: みなあん | 2016年6月17日 (金) 02時10分

wildrose様
病院なんてめったに行かないので 何も考えずにタイトルにしてしまいました。ごめんなさい。ご心配おかけしました。(汗)
でも皆さん、ドキッと、なんて嬉しかったです。こんな私にもそんな人がいてくれるんだなあ・・と素直に涙が出そうになりました。
wildroseさんもケガだったり 耳鼻科だったり・・
お互い 歳を感じないではいられませんね。
そんな毎日でも いつも凛としてお仕事頑張ってる様子もひしひしと伝わって励みにさせていただいてます。ありがとうございます。
私、人と接する仕事は デスクワークよりも
向いているかな?と思い始めたのですが・・
ちょっと動悸なんかが気になり始めると 肉体的にもう少し余裕のもてる仕事を・・なんて今朝も求人広告を眺めていた所です。(笑)
年齢的にもスキル的にも贅沢いえないことは承知していますが、一億総活躍社会なんて 夢のように思えます。
それでも 頑張らねばなりませんなあ。
みなあんさんが言うように地味目に今日も頑張ってきます。
行って来ます!

投稿: 森おばさん | 2016年6月21日 (火) 11時23分

セント様
ご無沙汰しております。こんな私の心配をしていただき感激です。
ついこの間まで 疲れてはいても 体の中身まで疑う事はなかったのですが(笑)よく考えれば大きな病気もせずに この歳までやってこれたのは奇跡的なことで 私は大丈夫という自信も根拠のないものです。お恥しいですが 健康管理に関しては本当に無頓着で 楽天的だなあ・・と自負しております。
ホルモンってなによ。と単純に思いました。
女性が自然に作り出していた当たり前のものがなくなってゆくなんて・・・
まあ、ホルモンに限らず肌だったり髪だったり 人が持っている色彩みたいな物すら薄れてゆくの身に染みてはいたのですが・・つくづく生き物だなあ。と自分自身を沢山存在する生命を持つもののひとつにすぎないのだなあ。。と感じちゃいますよーー。(笑)
セントさん、最近演劇鑑賞 本当にたくさんされてますよね。 しかも若いまだまだ新しい劇団の物も多いみたいです。 どのレビューを見ても生、ライブの楽しさが伝わってきます。可愛い、美人というのも キーワードみたいですね。(笑)あ、変な意味ではないですよ。 美しいものには無条件に癒されますもの・・
その光みたいなものをおすそ分けしていただいてます。 楽しく拝読しています。 また寄って下さいね。

投稿: 森おばさん | 2016年6月23日 (木) 23時15分

みなあん様
お姉さま 今日もカビが生えない程度に地味に頑張るつもりでしたが 単純な私 最高齢でありながら全力で仕事してしまいました。(笑)本当は怠ける事が大好きなのに・・
本当はどんなにどんよりとしたお天気でも楽しくインドア生活し続ける自信があるのに・・
生真面目に仕事してまいりました。(笑)
家に着くなり脱力でソファで動けません。車から降りるとき、すぐにはきちんと立てません。
やっぱり歳なんですよね。(笑)
そして、極め付けに更年期ですと。友達から勧められ毎日養命酒を飲んでます。命の母も試してみようかともくろんでます。
急に、、自分が骨董品(しかも安い)になったような気持ちです。あー愚痴ってしまいました。
ごめんなさい。
お姉さま、いつも優しい 楽しい言葉に励まされます。ありがとうございます。
そうそう、フィギュア界も シーズンオフに小塚氏の結婚、あっこちゃんも婚約 そして大輔氏の
ダンス挑戦など競技と関係ないですが キラキラとした話題があがっていますね。
こうはしてられない・・(笑)
お姉さまもうっとおしい季節ではありますが お体には注意してくださいね。

投稿: 森おばさん | 2016年6月23日 (木) 23時42分

その後動悸の方はいかがでしょうか?
確かそろそろお誕生日よね。おめでとう〜。

秋の夜長、ふとあなたの事を思い出して、たくさんコメント書きました。🍁

投稿: アメリカ在住の親友 | 2016年10月 8日 (土) 10時17分

ありがとう。私もHちゃんの事考えて心配してました。そして その心配ゴトが自分にも良く分かる感情だったので手紙を書こうかと思っていました。
はるか離れた場所で なにか繋がっているようなこの幸せ・・・
もぅ30年以上になるのね・・怖いね(笑)

あ、動悸はやっぱり治らない・・年齢的なものだよね。時間を見つけて婦人科に行ってみようかと思案中です。

投稿: 森おばさん | 2016年10月26日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/65816305

この記事へのトラックバック一覧です: 病院にひとり。:

« 2016 4月 映画生活MEMO | トップページ | 2016 5月 映画生活MEMO »