« てしごと・まとめ・27 | トップページ | てしごと・まとめ・28 »

2016 3月 映画生活MEMO

さよなら人類 2014ノルウェー、仏 他合作 監督 ロイ・アンダーソン  80点

Sub5_large

bookパッとしないセールスマンコンビのサムとヨナタンは、面白グッズ販売を目的にさまざまな人々を訪ね 回っていた。その際に彼らは、ワインを開けようとして心臓発作を起こしてしまう夫と異変に気付かない妻、天国まで持っていくと宝石入りのバッグを手放さな い亡くなる直前の老女など、切なくもこっけいな人生模様を目の当たりにする。

cloverいやア。笑った笑った。これだけのオムニバスを真面目によく撮り続けたと思う。ロイ・アンダーソン好きにはたまらない。豪華ボリュームである。人間の滑稽で 辛らつで 皮肉っぽいけど 可愛らしい処が随所に描かれてます。私は サムとヨナタンの喧嘩シーンと仲直りシーン 床屋の店長のシーンがお気に入り。

clover   clover   clover

 

海のふた 2015邦  監督 豊島 圭介       60点

Main_large

book今では寂れてしまった西伊豆にある小さな町。都会での生活に疲れ、実家のあるこの町に帰ってきたまりは、大好きなかき氷の店を開く。メニューは糖蜜とみか ん水のかき氷、そしてエスプレッソのみ。顔に大きなやけどの痕があるはじめは、一緒に暮らしていた祖母が亡くなり、ひと夏を実家で暮らすためにこの町に やってきた。まりははじめとともにかき氷店を切り盛りしながら、それぞれの生き方を探していく。

bookこの痛い感じ・・よしもとばななと同い年、同じ時間を少しは歩いたであろう私は、傷をつつかれるような気持ちで鑑賞した。 夢や希望を膨らませて 若者は都会に集まる。良い事も悪い事も経験して 傷を作りながら生きているうちにふと、何かにきがついてしまうんだ。それでもぎりぎり踏ん張ってでもどうにもならなくて できるだけさりげなく故郷に戻ってきた。元彼の夜逃げシーンはもちろん自分に対しての言葉だろうけど・・それはないよ。と感じた。結局なにをやっても 自分が変わらなければ 答えはないのだ。それが悲しいのだ。

clover   clover   clover



罪の余白   2015邦 監督 大塚 祐吉      70点

Main_large_2

book高校のベランダから転落死した女子高生の香奈。娘の死を受け止められず、自分を責める日々を送る父親の安藤は、事故か自殺か、娘の死の真相を知るために、娘のクラスメイトに接触する。そんな安藤の前に、校内カーストの頂点に立つ美少女・咲が現れる。

clover冒 頭の滑り出しから 咲の本性が暴かれるくだりは なかなか スリリングであった。 父と少女が対峙するあたりから 失速・・ 咲の内面があまり描かれてい ないので単なるお子様のわがまま程度の出来事の一部のように感じられてしまったのが残念。 無機質な感情(こんな言い方はないのかもしれないけど)と 幼 児のような愛されたい感情がどちらも半端なのが今ひとつ、面白くないのか・・?


clover   clover   clover



言の葉の庭 2013邦  監督 新海 誠    80点

Img0220

book靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨 の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるよう な靴を作ろうと決心する。

cherry新 海監督の絵があまりに綺麗なので 評価の良し悪しにかかわらず 作品を鑑賞している。 二年前になるのか・・ 観ようと思っていて アニメーションになか なか手が出ない時期であった。 今回はこじんまりとした小作品で 場所もほぼ、公園と部屋、学校の 三つである。少年が成長してゆくほんの一雨の時間が描 かれる。 新海監督作品は いつもその景色が誰もが見たであろう、日常の風景で視覚からその場所に入ってゆく。 つべこべ言いません。今回も素敵でした。  小説のようなお話でした。

clover   clover   clover 


国際市場で逢いましょう 2015韓 監督 ユン・ジェ・ギュン  80点

167073_1

book朝鮮戦争中、父親と末の妹と生き別れたドクスは、母親と2人のきょうだいと一緒に避難民として釜山で暮らすことに。まだ幼いながら も家長として家族を守ることを心に誓った彼は、自分のことは後回しにしていつも必死に働いてきた。その後、西ドイツの炭鉱で働き、ベトナム戦争に従軍する など、ドクスは何度も命の危険にさらされる。

cloverやはり、ぐいぐいきてます。ファンジョンミン。テレビドラマから始まり、長い年月がたった。ヤクザや風来坊・・色んな彼を観たけれど   真骨頂・彼のもっとも得意とするであろう 苦労に負けない快い人・・これで決まり!

主人公の子供時代から、老後までそれはそれはぎっしりと詰まった苦労の連続。。こうして次の世代へ命が繋がれていくのだなあ・・と思うと涙が止まりません。 ドクスは生き別れた父を待つために何も持たない自分の心と体を時代にささげてゆきます。何気ない幸せな時間の中、ラストカット老いた夫婦の後姿「もうお父さんは 歳だからこれないよなあ。」 ベタかもしれないけど良い作品 。見ごたえあり。

clover   clover   clover

昨日の暖かさで 桜が散り始めました。

今日は寒のもどりらしいです。

色だけは春らしい 少ししっかりとしたコートを羽織ってでかけます。

皆様の町の

さくらはいかがでしょう?

1460248861810

もくれん? たわわな造花のような花を見ていると迷宮に迷い込んだような不安な気持ちになります。 変わった姿のはなですよね。

|

« てしごと・まとめ・27 | トップページ | てしごと・まとめ・28 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

春ですね。
全国的に桜です。桜が終わると(大阪ではもう終わり気味です)つつじが咲き始める。毎年同じなんだけど、今年は桜が咲いている間に石垣島に行ってたものですから、何か気候的には、途中に夏が入ってしまったようで落ち着きません。

さて、映画です。ファン・ジョンミンは今韓国映画で一番輝いている俳優ではないでしょうか。彼の作品に愚作はないと勝手に思い続け、常に見ています。
こういう俳優も実に少なくなりました。

福島では桃もきれいな季節ですね。お仕事の方も頑張ってください。
では、また。

投稿: セント | 2016年4月11日 (月) 23時03分

春ですね。
お仕事、一段落されてから ますますアグレッシブに活動されているセントさん。ひけつを。教えてください(笑)お元気そうで嬉しく思います。
石垣島ですか・・恥ずかしながら 沖縄に行ったことがありません。 一度でいいから縄文杉を見たいのですが・・見てきた友人からはかなり厳しいルートとのこと断念する人も多いらしいですね。

福島も 葉桜になりました。
機会があったので 桜を詠った俳句や短歌を調べてみたのですが 大昔から大体 今と似たような事を人は感じていたみたいで・・それが感慨深かったです。
ファン・ジョンミン この作品もなかなかの大作でいい味出してましたね・・さもすれば 大袈裟で感情移入できないキャラクターに陥りそうな役でしたが 彼の演技力で 嫌味なく観る事ができました。 押しと引きがいいのかな・・
ひく演技が それこそ素人みたいなさりげなさで 素晴らしいです。
新しき世界のような クールな役もまた、観てみたいです。楽しみな役者ですね。

春も終わりに近づくと また 体にはしんどい気候になります。お体にお気をつけて。ありがとうございました。
また。

投稿: 森おばさん | 2016年4月14日 (木) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/64274049

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 3月 映画生活MEMO:

« てしごと・まとめ・27 | トップページ | てしごと・まとめ・28 »