« 2016 2月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと・まとめ・27 »

ことばの速さ 

14586557422811458655364127

暖かさに早咲きの桜が花開いていました。春ですね。




年齢的にももしかしたら そんな事を考える時間が増えることは必然かもしれない。

ついこの間 仲良く笑いあっていた友人が亡くなったということにショックをうけていたのに その死からすでに数年が過ぎている。

父が亡くなり、母の記憶から私が薄れ、自分自身が少しずつ希薄になっていくように感じてしまうような時がある。

いつどうなるか、という言葉がリアル思えると 私に もしもの事があったら 知らせてほしい人のリストは残しておかなくちゃ・・といつも決意する。

そしてその遂行は いつも途中でとぎれる。

なにせ私の死を知らせる友人たちは皆、電話(しかも家電。)か手紙でやり取りしていて、住所を書くのがまた手書きであったりして面倒だからだ。

その上 死人なりに

いや、知らせたらかえって気を使うかも・・いや、後で知ったら気を悪くするかも・・なんてことまで考えたり・・さらに面倒で・・・ 

(死んでいるのだから気にする事ないっちゅうの。笑)

ただ ひとつだけ 最低限、と決めている。それ位が私にとっては ちょうどいい気がしている。



ある日、仕事先の自分の娘と同じ位の女の子の体調が心配になり手紙をかいた。

ただ気持ちのなすがままあまり何も考えずに書いたのだけど、後にこれは 的外れだと おりにつけ 友人の間で笑いの種になる。

まず、その子が私が思うよりずっとタフで鼻で笑われた事、 そして この「手紙。」というモノの意味合いが重いというか かなり親密な間柄にしか成立しないモノらしいことが私には分からなかった。

「はいはい、これからは良く考えますよ。(笑) 二度と書きません。」ということを学習したわけだ。


長女の時にはメール位だった伝達ツールも 末息子にいたっては ママ友とのやりとりもラインが主流である。たしかに早くて、 センテンスが短ければ短いほど今風らしい。便利でリズム感はあるけど・・ラッパーじゃないっての(笑)

風を舞う 言の葉にしては 余韻はない。

言葉に宿る言霊にしては森羅万象が成り立つなんて・・思えない。

やはり私にとっては伝達ツールの一つに過ぎない。


あえて申す。 私と私の大切な友人を結ぶものはいつも手書きの言葉一つ一つなのである。

近況も 子供の成長の話も 面白い本の話も 仕事の悩みも お礼状も、

そして二十年来文通をしてる大切な友人との間では このタイムラグがいいね。って言い合ってるくらいなんだ。

笑って下さい。良い物は良いといわずに 歳をとって生きる意味はない。

今だって拙いなりに言葉を選び 手書きで書いている気持ちの私である。

おそらく もしもの時を知らせるヒトリスト(未完)もね。

 



1458655380838

1458655439393

春を探します。 小さく香り。 ティアドロップのダイヤ。


  

|

« 2016 2月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと・まとめ・27 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たまに手紙を書くと、自分のへなへな文字にびっくりします。
未だにラインどころか、ガラ携で、そのメールさえも(いらいらして)使いこなせず、パソコンでやり取りしている、化石のような人間です。
タイムラグ…好きですよ。

投稿: 縫い工房 | 2016年3月24日 (木) 06時17分

縫い工房さま

お久しぶりです。
精力的なご活躍、素晴らしいです。
そして、そんな中でも縫い工房さんの時間の流れがしっかりと丁寧に伝わります。
そろそろ春がやって来ましたね。

「狼こどもの雨と雪」の話をしたとき 確か舞台となった大学のお近くにお住まいと聞いたので 今は桜かな?と思ったりします。
福島は やっと蕾が膨らみ始めたところで・・この暖かさで 少しずつ花開くと思われます。

自分のこどもほどの同僚は 何をやらせても仕事覚えも 吸収も早くて 何よりSNS関係は 鮮やかです。(笑)
早くて便利な分、多くの事を無くしてきたと私は感じる事があるのですが そんな事、言わないし、いっても理解できないだろうなーーなんて思うんですけどね。
何事も スタートと終わりのなくてもいいような出来事が 何より愛しい私でゴザイマス。

年寄りですねー。
ガラ携、私の周りにも あえてそうしてる人多いですよ。
何となくそっちの方が豊かな気がする事も多いです。
私は
しかたなく・・とはいえかなり毒された気がします。(笑)

季節の変わり目 体調管理にお気をつけてね。

投稿: 森おばさん | 2016年3月29日 (火) 11時10分

確かに年齢的にも、身近な人や自分の死について考える機会は増えましたね。
昨年の秋にようやく観られた『おみおくりの作法』。
もちろん私にとっても衝撃的に素晴らしい作品でしたし、
それまでの生き様、そして最後の儀式について、深く考えさせられました。
近頃は「終活」という言葉とともに、重苦しくなく語れるようになりましたね。
因みに遺言状だけは、夫婦で共に作成済みです。

手書きのものって、いただくと嬉しさ倍増ですよね!
心にも強く残りますし、実際に手元に残るので思い出の品にもなります。
でも私自身は苦手というか、慎重になり過ぎてそれが出来ずに、
返って疎遠になるという、本末転倒な自体が多々あります。(泣)

投稿: みなあん | 2016年4月 2日 (土) 02時29分

みなあん様
お姉さま。お久しぶりです。
寄っていただき、ありがとうございます。
この所、忙しくて 疲れて、疲れて 疲れて何をするのもスロー再生の私でゴザイマス。
心優しい友人が すっぽんのサプリメントをくれて
それを飲んで仕事に向かっております。
肉親や 身近な友人をを亡くしてから死というものが身近に感じられるようになりました。
それはネガティブという印象ではなく 本当に生活に寄り添うイメージです。
どんなに長生きをしてもそんなに莫大な時間は用意されてないわけですから(笑)せめて 丁寧に過ごしたいものです。
丁寧に・・・が出来ないのであれば まあ、主に性格的にですが、無駄を省いて やるべき事を少なくするしかないなあ・・という結論なわけです。
さすが常に 思慮深く 先を行かれる姉様。
遺言を製作済みでしたか・・
さすがです。みなあん様、やはり尊敬してやみません。
本当は話したい事が沢山あるのですが・・
又来てくださいね。
待ってますね。

投稿: 森おばさん | 2016年4月 9日 (土) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/64593653

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの速さ :

« 2016 2月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと・まとめ・27 »