« るん・るん自転車 | トップページ | 2015  4月 映画生活MEMO »

自己愛性パーソナリティ障害 いびつな気持ち その2

1430104255398

今年も元気にムスカリが群生しております.タフやねー。




私の心労を察して、心優しい仲間が 休日のシフトを代わってくれた。これだけでも充分に仕事に支障がでている。(笑)

不意に出来た時間にネットで モラハラ、パワハラなど実態を探る。

問題の人物が ミスを発見した際、同僚や、私にに対して使った言葉が独特で違和感をもったからである。

ミスそのものは 原因を突き止め 改善する事で再発を防ぐ意味で反省すべきだ。でも、同僚に対しては 上司の目の前で繰り返し 「ここが弱い」と  ミスそのものより立場的に自分が上であるような印象を刷り込むように・・私の場合はミスそのものより 概念的、人として・・のようなダメだしをした。

モラハラやパワハラの様子を調べるうち、「自己愛性パーソナリティ障害」なる症例に目が留まる。

どんな職種(会社の大小に限らず)、関係(上司、部下以外では夫婦間など)でも、同じような被害者の体験談が語られている。

障害といえども 極端に偏った個性であり、病と一言ではくくれない。それでも少しずつ、じりじりと心をいたぶられ 周りにストレスを抱えている人が増えている事は事実で 出来うる限りの防護はしなくちゃならないと考えた。

これらの人には 判で押したような性格がみうけられるようだ。

1、自分が常に素晴らしいと思っているため自慢話が頻繁だが 人の話は聞かない。

2、一見社交的で明るい、声が大きい。

3、美や 社会的な地位、権力に強い魅力を感じている。

4、恋愛に対しての 勝手な妄想などがある。

5、アルコール依存の場合がある。

6、人を精神的に痛めつける。

7、とにかく 人に嫉妬をする。

などなど・・自己愛というと 自分大好き!な イメージがあるが そうではなく、根底には 劣等感があり、反面プライドが異常に高いので その誤差を埋めるために誇大化した自己像が出来上がるようだ。

問題の人物であるが、この多くの部分が合致する。でも、この位の性格の著しく悪い人はたまにはいるんだろう・・と思っていた。社交辞令も謙遜しない人って確かにいなくはない。(笑)

ただ 周りの多数の人が傷ついたり 気持ちを乱されている事は問題である。

加えて ちょっと普通じゃないな・・と確信したのは 4の妄想である。

上司に女として見られて困る、とか見つめられて追い掛け回されて困る、とかを勤務中に何度も一番心を許している同僚に伝え続けるのだ。そういえば、常連のお客様の事も 私を追っかけて来る・・なんて言ってたな・・客観的にそんな事はないんだけど・・

ただ素人なので勝手な断言はできない。何より 仮にそうだとしても 本人に自覚はないため治療は難しいようだ。先に述べたように 強烈な個性・・なので かりに自覚があったとしても治療といっても カウンセリングで本質を取り除くわけではなく 社会とどう付き合ってゆくか・・というアドバイスと 訓練をするようだ。

専門家によれば 歳とともにエスカレートしてゆくようだ。
とても気持ちが重くなってしまう・・厄介だなと感じてるのに 助けがないものかと思ったりする。どちらも わたしなどに解決できるわけではない。(汗)

結論からすると就労意欲がある人を(最近は仕事を選んでいるが)どうこうできる理由はない。だとしたら出来うる防護・・?

批判 反論はしない。
必要最低限の仕事の話以外はしない。
仕事は淡々と、感情は動かさない。
そして 敵視しない。しかし心理的距離感はきっちりととる。ということだ。

さて、難しそうだ(笑) そして もろそう (笑)

我慢して聞き流すくらいならまだましかもしれない。毎日大きくなる妄想を繰り返し聞かされる同僚は正直 疲労困憊のようだ。

この先明るい展望はまったく見えないけど(笑)そろそろこのもやもやから抜け出したい私です。

どなたかよきアドバイスお願いします。


|

« るん・るん自転車 | トップページ | 2015  4月 映画生活MEMO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほどこのタイプの人は職場に大抵一人くらい居るようですが
「自己愛性パーソナリティ障害」という病気なのですね・・。

周囲が気持ちよく働くためにと、我慢すればするほど
気付かぬうちにこちらにまで「イビツな気持ち」が生まれるので本当に厄介ですね。
結果的に意欲があったはずの周囲の誰かが鬱になったり辞めてしまったりと、齎す被害は甚大です。
本当はもっと上司が動くべきなんですけど、めんどくさいのか相手がウワテで問題が無いように見えるからなのか
首を突っ込むのを躊躇してしまうようですね;

本当は、会社が考えるよりもずっと大きな損失なんですけどね・・・。

今の職場では、私にも「あなたと話ができるのが楽しみ」と言ってくれる同僚がいて
仕事はキツイですが、とても楽しく働かせてもらっているのでこのタイプの人は幸運にも見当たりませんが
これまで同じような人に苦しめられた経験があるのでとても参考になります。
結局自分が辞めることで逃げた私には、何のアドバイスもできませんけど
このタイプの人のせいで森おばさん様が辞めるのは悔しいです。
仰るように
>批判反論はしない。
必要最低限の仕事の話以外はしない。
仕事は淡々と、感情は動かさない。
そして 敵視しない。しかし心理的距離感はきっちりととる。

やはり、これに尽きるのではないかと思います。
でも反論しない代わりに、正当と思える「反抗」は多分、黙ってしてしまうワタシ(笑)
結果、目の敵にされるんですけどね;

職場とは別のストレス解消のため、二泊三日でレンタルした4本の映画を
仕事と家事を終えた後観てしまって睡眠不足です~。
「ゴーンガール」私も借りました。映像に加えた音声も効果的で見応えあり!でした。

投稿: wildrose | 2015年5月 1日 (金) 12時46分

勉強になりますねぇ~。
転職経験多数の私ですが、そこまでの人とは働いたことがないです。
ただし今、夫の身内に「まさにその障害!」の人物がいて大スパーク中、
スピーディーでスペクタクルな展開に大混乱ですね。

wildroseさんは「自分が辞めることで逃げた」と仰いますが、自分の心と体を守る
ためには、当然のことですよね。
確かに森おばさん様が辞めるのは悔しいけれど、しなくていい苦労ってあると
思いますよ。

夫の身内の件を見ていると、まず「北風」か「太陽」かをみんなで統一するべき
だと思うし、時間を置くと「これは良しとされたようだ。では、次の手を。」と
なっていますね。
職場のその人物の場合、メンバーが変わっても常にターゲットを探すでしょうね。
自分を優位に見せるための存在が必要なのだから。
可哀相な同僚さんも含め、被害者全員で上司に掛け合っては?
「妄想」の内容も伝えて、事の重大性を認識してもらいつつ、スタンスはあくまでも、
「彼女も自分達も、気持ちよく働き続ける為に。」
「自分達が辞めても彼女がいる限り繰り返すだけなので、お店の不利益を避ける
為にも。」
「彼女が辞めたとしても、女性の多い職場ではありがちなことなので、これからの
お店の為にも。」
って感じでしょうか。
ま、と言いつつ私の中の鬼さんが、「そいつだけ、とっとと辞めろよ。」言い放って
おりますが。

投稿: みなあん | 2015年5月 2日 (土) 01時37分

お久しぶり〜〜。
一昨日届きました。ありがとう(*^^*)
まずは手紙を読んで、プレゼントを開ける前にエキソンパイを、2個食べた私(笑) 。 久しぶりに手紙書いてみます。お楽しみに〜〜。

まだ悩んでいたのねぇ。私の日本の友人も同じ様な状況で、自分がおかしくなりつつあるのを察し、精神科に行って診断書を書いてもらって仕事辞めました。せっかくパートから昇格して正社員になり、資格まで取ったのに、、、、、。でもその原因の本人は全然気が付いていなかったって、、、、。 今は次の仕事を見つけて生き生きとしているよ。

悩む時間、もったいないね。転職、転職。もうその職場で学ぶ事はなにも無い。次の所でステップアップ、時給アップ、自分を売り込んで頑張ってね。仕事はお金の為、自分を高める為、周りの事考えすぎないように、、、。

投稿: アメリカ在住の親友 | 2015年5月 2日 (土) 23時47分

wildrose様
レスが遅くなりすみません。
この歳になっても、結局は人は人によって生かされ、人によって殺される(精神的に)のだなあ・・と思います。今までこのタイプの人には出会ったことがなく、ある期間は 私がおかしいのかと考えていました。
きっと 他に打ち明けられる機会がなく、真面目な人なら 病みますね・・(笑)
一人がこぼしてくれたおかげで 共通なストレスが次から次へ出てきて それだけで気は楽になりました。敵視はしないですが 裏での団結は間違いなく固くなりました。
周りが不愉快だったり 傷ついた話は 気持ちの良いものではないけれど 冷静に 客観的に 見る習慣がついてきたように思います。
その時点ですでに 自分は当事者であって そうでないような・・感覚です。流れで見ると問題人には 人並み以上に感情の起伏が あるようで  先日は泣き出したそうだし、調子のいいと時は 冗談、ボディタッチ 満載です。皆で「一杯ひっかけてきたのかね。」と笑います。
昨日、鬼のように罵倒した相手にです。これぞ、悪気はないんだろうなあ・・の証です。
悪気のない 悪というのは 解決できないですよね。(笑)
この歳になって善ありき・・ではないシチュエーションは意外にあるのかなあ・・と知りました。それも、意外にあちらこちらに・・
今までラッキーだっただけですね。
だから この先 それなりに いろんな人と出会っても逆に 対処できるんじゃないかとさえ 思っています。

何のへんてつもない私の人生だけど 怒りが湧き上がってくる瞬間にであっても(あまりないんですけど 笑) 頭を下げている人、立場で反論や言い返しが出来ない人には 向かわないと決めていました。
プラス・・そもそも悪気のない人も加えるべきですね。(汗)
貴重なアドバイス嬉しかったです。
wildroseさんのお仕事 順調で嬉しいです。
私のほうも 色々ありますが 辞める選択をしない理由に やっぱり気のあう人たちとの時間もあります。
この歳になっての 友達みたいな会話は楽しいもんですね。

台風の影響いかがですか?飛ばされないように
気をつけてね ---。typhoon  


投稿: 森おばさん | 2015年5月12日 (火) 20時25分

みなあん様 
お姉さま・・妹はちょこっとだけ世間の荒波と戦ってるよ。(笑)
しかし、そもそも この性格なので いつまでもシリアスではいられません。
歳もとってるので 全ての事がクリアーにならない事も理解してしまっているし・・
フレッシュで耐久性に富んでいれば頑張るんですが・・だまし、だまし・・という感じは否めません。(笑)
以前 問題人があんまり バイトの失敗に首を突っ込みたがるので 現時点では解決方法を優先してほしい気持ちを込めて 1・5倍くらいの声で制止した事があります。誰が・・なんて事はそれ程重要ではない気がしたんで・・
しばらくは あらさがし 続きましたねー。
余計なことをして倍返しされる。 なるほどなるほど・・(笑)
スルーも防護である事を学びました。
いや、それが正解ではないんですが 今は周りと 裏でお互いをフォロー出来る関係が 強いので・・
回り回って 要は 仕事さえ円滑にいけば 全て良しです。

正直、早くやめてくれー・・と思いますよ。
何度も「辞めたい」を連発している問題人ですが ぜったーーーい辞めないしね。(笑)

今は楽しい時間に重きをおいてます。
身内に 自己愛が・・!!それもしんどそうですねー。
気がつけば あっちもこっちも自己愛ですね。
凄い生命力ですから・・
やっぱり、 敵視せず(強く言うと無視)距離感を保つ・・でしょうか?

台風・・東京にはそろそろでしょうか・・?
気をつけてねー。

投稿: 森おばさん | 2015年5月12日 (火) 20時54分

アメリカの親友様
こちらこそ、遅くなっちゃってごめんなさいねー。
シフトが緩くなったので 手仕事頑張れそうな気がしてきたよ。
いっぱいやりたい事が溜まってるんだよねー。
本来の自分を忘れかけてたよ。真面目だから。(笑)
高校の時から 私達対人関係の揉め事からは 一線を隔してたもんね。
意図したわけじゃないんだけどさ。
他にやる事がたくさんあったしね・・

Hちゃん もう 辞めろ、辞めろの一点張りだね。(笑)よっ!さすが 外国人。
私もさ・・スキルアップだ、何だと 現役の頃は肩で風切ってたもん・・
今はさー やっぱり子供優先なんだよ。
子供の用事や 何やかやを優先したいんだなこれが。融通がきく が最重要事項。
でもそうこうしてるうちに歳をとるでしょ・・条件悪くなりそう・なのは分かってるんですが・・

でも、いつもHちゃんがそう言うからさ、 辞める事に跳躍はいらない気分でいます。(笑)
ありがとね。

職場の周りの人は本当にいい人ばかりです。
お互いの子供が 受験に合格した時は 抱き合って喜んだ。美味しいお菓子を作ってくれたり、おわらいも極めてるぜ。 女子高生ノリだ。

それでも 仕事は仕事なんだねー。

こちらに帰ってきてたのに会えなくて残念。
忙しいんだろうけど、会いたいです。 
又の機会を楽しみに・・・

投稿: 森おばさん | 2015年5月12日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/59791396

この記事へのトラックバック一覧です: 自己愛性パーソナリティ障害 いびつな気持ち その2:

« るん・るん自転車 | トップページ | 2015  4月 映画生活MEMO »