« 長い冬もあと少し | トップページ | いびつな気持ち »

2015 3月 映画生活MEMO




1428248934000

近くのハウスに末息子といちご狩りに行きました。なかなかの美味です。






娘のダブル受験と その後の準備 パート先の体制の変化などで忙殺された三月、とにかくどっぷりと疲れました。

長女も四月から女子大生・・上京の夢をかなえ 次女も希望の学校へ 通学用の水色の自転車を手に入れました。(笑)

母親としてできる事は 小さな時期も 今も 見守る事以外にはないような気がします。特に今は 追いついてゆくのに精一杯。(笑)

今月は とにかく 自分の時間・・というのがなかったなあ・・仕事から戻っても 子供の用事が満載でありました。

「心惹かれる映画にであうと 自分の中の孤独が少し和らぐ気がする」と誰かが映画紹介のコラムで語っていたけれど 私もまったくそうなんです。

どんなに賑やかに家族や 友人と過ごしていても 仕事に追いかけられていても 嫌な事も良い事もどちらが訪れても ふとそんな感覚におそわれます。

それはどっぷりの安定感とはちがうのですが 幸せといえる感覚に違いないのです。

cherry  cherry  cherry



テロ ,ライブ 2013韓 監督 キム・ビョンウ      80点

Sub2_large  Main_large

 

book国民的アナウンサーとして活躍していたが、ある不祥事でテレビ局からラジオ局へ飛ばされてしまったユン・ヨンファ。ある朝、生放送中の彼 の番組に脅迫電話がかかってくる。イタズラと思って電話を切るが、その瞬間に漢江に架かるマポ大橋が爆破される。やがて、連続する爆破テロの犯人が脅迫電 話の相手だと判断したヨンファは、彼との通話をテレビで独占生中継する。

happy01久々 に韓国映画の底チカラをみたような作品。息もつかせぬスピードでラストまで引っ張られる。ストーリーはシンプルでありながら 嘘のような劇場型ドラマが韓 国では真実として起こっていることを私達は知っている。 ハ・ジョンウ(良い役者だ)彼がほぼ一人で物語を進めてゆく。私欲に塗れた人間の一人だった彼が  やがて身をもって知る恐怖と共に様々な問題や矛盾に遭遇する。 そしてラスト、この絶望・・ 韓国映画に観る絶望の形に私は痺れる。 ハリウッドがリメ イクを切望しそうな本作だが ラストはこうはならないだろう。

cherry  cherry  cherry



悪童日記  2013独 ハンガリー 監督ヤーノッシュ・サース    80点

Akudosub4_large Akudomain_2

 book第二次世界大戦末期の1944年8月14日。双子の兄弟は母親に連れられ、村人から“魔女” と呼ばれる祖母が暮らす国境に近い田舎へ疎開する。母親と別れた兄弟に与えられた仕事は、薪割りと水汲み、そして鶏や豚への餌 やり。いつまでも迎えに来ない母 親を忘れるため、精神を鍛える訓練で母の手紙と写真を焼き、残酷さに慣れる訓練として虫や魚などの生き物を殺す・・

confident生 きてゆくことの本質を実に強烈に描いた秀作。まだあどけない兄弟2人が日を重ねるごとに鋭く強い眼差しになってゆくのが見て取れる。彼らは生きるために訓 練を重ね、生きるために まっすぐに死と向かい ラストにはその屍を踏みつけて明日へと向かう。 凄い!このくっきりとした残酷さ、 意識的、無意識どち らかは別として人は似たような事をして生きているのだ。ただそれを感じないほど残酷なのかもしれない。

cherry  cherry  cherry




ぼくを探しに   2013仏  監督シルバン・ショメ   80点

_boku_sub1_large_2_boku_main_large_2

 

book幼い頃に両親を亡くし、そのショックで言葉を話すことができなくなったポールは、伯母のもとで世界一のピアニストになるよう育てられる。友だちもいない孤 独な人生を歩み、大人になったポールは、ある日、同じアパルトマンに住む謎めいた女性マダム・プルーストと出会う。彼女のいれたハーブティーを飲むと、固 く閉ざされた心の奥底の記憶が呼び覚まされていき、ポールの人生に変化が訪れる。

happy01ストーリー 以外に視覚からとても楽しめる要素が詰まっている本作。誰もが絵本を広げたようなドキドキ・・そしてちょっぴりシニカルでユーモアたっぷりの世界に惹きつけられる。人生は決して楽しい事ばかりではないけれど 愛された記憶 醜い感情でさえも 織物のように編みこまれ 成されてゆくのです。まさに映画の醍醐味が凝縮したような素敵な作品でした。この色彩・・観て損はないはずです!

note  note note 

1428248027779

毎年恒例の水栽培・・・今年も花が咲きました。 福島のサクラもそろそろです。

 

|

« 長い冬もあと少し | トップページ | いびつな気持ち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。年賀状だけでご無沙汰の宮城県のハハです。(わかるかな…) 久しぶりに拝見しました。いろいろと大変そうですね‥。私も昨年夏から 某100円ショップでアルバイト始めました。いろいろありますよね…職場という中では(-o-;) でもウチはそこまで酷くはないなぁ。。。読ませていただいて贅沢は言ってられないなと思いました。お姉ちゃんは女子大生ですか?月日の流れは早いですね。

投稿: ハハ | 2015年5月 9日 (土) 09時33分

ハハ様
ありがとうございます!
ご無沙汰しています。凄く嬉しいです!
お元気そうで・何より。happy01直ぐにお顔が浮かびましたよ。
お会いしてた期間は 短かったけど お互い濃く生きてた時間でしたもの・・戦友みたいな?気持ちで且つ Tさんの持つ優しい空気が とても印象に残り、お葉書頂くたびに 「元気なんだア・・よかった」って思ってました。
Sちゃんはもちろん、下のお子さんも大きくなられたでしょ?
お互い もう少し育児に時間を取られそうだね。

そうそう・・NICUに面会にきてたお姉ちゃん 大学生になりました。早いよねー。子供の歳を数えて自分の老いを実感する。みたいな・・(笑)
多少 体やメンタルにガタがきて 耐え難くなっても許されたいですよ。
頑張ってるんですからーー(笑)

それでも 人生 いろんな事が起こりますね。
でも 私は大丈夫です。 本当は腹黒くて 言ってるほどやわじゃないから。(笑)

お互い頑張りましょうね。
いつかお会いできる日があったら本当に嬉しいです。
そちらも今日は良い天気かな?
また寄ってくださいね。

投稿: 森おばさん | 2015年5月13日 (水) 11時24分

追伸 ブログされてるのね。私も 寄らせていただきますね。また、そちらでねー。scissors

投稿: 森おばさん | 2015年5月13日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/59515874

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 3月 映画生活MEMO:

« 長い冬もあと少し | トップページ | いびつな気持ち »