« 2014 映画生活年間ベスト3 | トップページ | 2015 2月 映画生活MEMO »

2015 1月 映画生活MEMO

早いもので一月も終わってしまいました。

ああ・・12月になっても 三年たっても そう言ってそうな自分が怖い。(笑)

休日返上で 働いていたので PCに向かうのも久しぶりになってしまいました。

心がけなければ安易に時は過ぎてゆきます。もともと怠け者が始終忙しくなってしまって、本当はそんな感じも嫌いじゃないんですけどね。(笑)

せっかくの年初めなので  気持ちだけは頑張らなくちゃ・・

Cimg0268

駅前の様子・・間を空けて雪が降り注ぎます。

snow  snow  snow




怪しい彼女   2014韓    監督ファン・ドンフョク  80点

Sub2_large Main2_large

book70 歳のマルスンは、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも有名なおばあさんだった。国立大教授に出世した一人息子を女手一つで育て上げたものの、 アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末。ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議な ことに20歳のころの自分に戻っていた。

happy01と にかく元気がでる本作。歳をとれば人として成熟するであろう・・とはいうのはある一面経験がもたらすものであって それ程考えている事は変わらないもので はなかろうか・・家族が巣立ったあと 残されるのは我が身のどの感情だろう? もし、もう一度青春が取り戻せるなら・・そう考えるだけでもワクワクとす る。(笑) その気持ちは真実だけど 本当に大切な物を知ってしまえば 若さすら惜しくはないわけです。 これはよく解かる、おそらく若者にはコメディ要 素が多く映る事だろう、私のような者にはファンタジーです。(笑)
スピード感、何より明るくって良いですね。主演の彼女 最盛期の小林聡美のような女うけの良い雰囲気があります。

sun    sun    sun


ある過去の行方 2013仏伊  監督 アスガー・ファルハディ  85点

Arukakosub4_large  Arukakomain_large

bookフ ランス人の妻マリー=アンヌと別れて4年。今はテヘランに住むアーマドが正式な離婚手続きをとるためにパリに戻ってくるが、マリー=アンヌはすでに新しい 恋人サミールと彼の息子、娘たちと新たな生活をはじめていた。しかし、娘のひとりがアーマドに告げた衝撃的な告白から、妻と恋人、その家族が背負う過去と 明らかにされなかった事実が次々と浮かび上がる――。

happy01い やあ・・この監督、いつも 外堀からじわじわと語られてゆく真実が面白いですな。ラストまで物語のオチが想像できず 登場人物の本当の気持ちが見えにく い。 「そうだったのか・・」と一応の納得はするものの 少したてば「いや・・それで当たっているのか?」などと考え直したり、(笑)それだけ人の気持ち なんて解からないものだし 本人が解かっているのかも疑問であります。 複雑、だからこそ面白い。私的には このラストで正解だと思います。夫は 充分過 ぎる罰を受けているけれど 荷物は軽い方が良いに決まっている 可能な限り・・

cloud  cloud  cloud




ソウォン/願い  2013韓  監督 イ・ジュンイク   80点

 

Swon_sub04_large  Swon_main_large

book両親と幸せに暮らしていた8歳の少女ソウォンは、ある雨の朝、酒に酔った男に暴行されてしまう。ソウォンは身体と心に一生消えない傷を負い、追い打ちをか けるように病院にはマスコミが殺到、さらに犯人逮捕のために彼女の証言が必要となる。両親は愛する娘を守るべく奔走するが、ある出来事をきっかけに、ソ ウォンが父親に犯人の記憶を重ねておびえるようになり……。 

wink実 話ベース。それだけで胸が痛みます。問題提示はしているけれど 決して社会派作品というわけではなく 韓国風のドラマとして要素を盛りこみ完成していま す。再生・・というにはあまりに現実は重いけれど 家族 そして見守る周りの人、皆愛ある人たちで それだけが救いです。 近年特別な理由もなく凶悪な犯 罪が起こるようになった我が国・・加害者が 正しく裁かれる様に 一般人が他人事ではなく深く考えてゆかなければならない問題です。

 

rain  rain   rain 


コーヒーをめぐる冒険  2013独 監督 ヤン・オーレ・ゲルスター   80点

Mv54973l

bookニ コは大学を辞めていたが、仕送りをしてくれている父には内緒にしていた。ガールフレンドとの関係もうまくいかず、彼女の家でコーヒーを飲み損ねた朝、車の 免許が停止される。気分直しに親友と出かけるが、クサい芝居の売れっ子俳優、ニコに片想いしていた同級生ユリカ、ナチス政権下を生き抜いた老人など、ひと クセある人たちと次々に出会う。そして、ニコのとことん冴えない1日の幕切れは……

happy01最 悪な一日を 若者を取り巻く 様々な問題とコーヒーをモチーフに描いています。シビアな出来事ばかりですが 説教がましくなくて好感を持ちます。タイトル はどうなんでしょう?(笑)別に冒険ではないんですが・・原題の「oh boy]では安易すぎたのでしょうか?モノクロとジャズってやっぱり時代がクールですね。 何となくこの手の 一日物語りは昔観た様な・・懐かしいような 気持ちになりました。良く出来た作品だと思います。

 

 



snow  snow  snow




愛の渦   2012邦   監督 三浦 大輔   75点

Dsc_0429_large  Dsc_0082_large

book高級マンションの一室に設けられた秘密クラブ、ガンダーラ。そこで開催される乱交パーティーに、ニート、フリーター、サラリーマ ン、女子大生、保育士、OL、ピアスだらけの女たちが参加する。セックスしたいという共 通の欲望と目的を抱えている彼らだったが、体を重ねるのに抵抗を感じる相手も浮上してくる。さまざまな駆け引きが展開する中、ニートは女子大生に特別な感 情を抱くようになっていく。

happy01会 話で 内面を探ってゆく感じは 舞台劇の醍醐味ですね。でも セックスを深く描くわけでも 登場人物の感情や意識を描くわけでもありません。 何せ集まっ てる所が所ですから・・(笑)それでも 会ったばかりの他人ですから 最初は たてまえでお互いを隠しあっています。少したてば 無理だわ・・という本音 も浮上します。やがては 恋愛感情に似た気持ちだったり ある種の連帯感だったり ユーモアがあって笑えます。そして 早朝、 魔法はとけて 眩しい光が 差し込みます。それぞれの現実に戻り それぞれが日常を 少し偽りながらも 続けるのです。 面白かったです。あっ、これも一日物語ですね。

 

snow  snow  snow

インフルエンザがも猛威をふるっているようです。末息子の小学校も 学級閉鎖がちらほらでています。

皆様もくれぐれも気をつけて下さいね。happy01

         

|

« 2014 映画生活年間ベスト3 | トップページ | 2015 2月 映画生活MEMO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Im thankful for the post. Much obliged.

投稿: Markus | 2015年2月18日 (水) 01時48分

certainly like your web-site but you have to check the spelling on quite a few

投稿: Aubrey | 2015年2月21日 (土) 18時22分

森おばさんさま、おはようございます。
ご無沙汰しています。結構天候に恵まれたG・Wですね。そちらはどうですか?

3月に長かったサラリーマン生活を終え、4月から自由生活を営んでいます。毎日休みというのもどうかと思いまして、平日が主な大学の公開ゼミに通っています。

文化面から歴史、宗教と若い時あまり勉強しなかったその分、多少でも取り戻そうと思っています。そのため実際は現役時代とそれほど生活のテンポは変わっていないような気がします。

今月はベルイマン、乙一と僕の好きな作品群ですね。
乙一は結婚されてからあまり新作が出ないのが残念です。僕もかなりのファンで、恐らく全作品を読んでいるような気がします。
それでは、また。

投稿: セント | 2015年5月 5日 (火) 10時26分

セント様
お久しぶりです。
GWは例年通り、大阪におりました。娘の希望で 梅田のデパートや日本橋 などに繰り出して 人の多さを楽しみました。

サラリーマン生活 お疲れ様でした。happy01

サラリーマン現役の頃から映画、読書、観劇、コンサートと 大忙しの セントさんでしたから きっと出来た時間を また有意義に 過ごされる事と確信しております。
深い洞察力と豊かな感性からくる優しい文章で楽しませてください。

セントさんのブログを覗くと セントさんのようになれたら嬉しいなあ・・と心から思います。
迷ってばかりの私の人生ですが  大袈裟でなく道しるべです。

乙一・・子供たちと感想を交えるようになりました。やはり、若い世代に読者が多いようですが・・セントさんは 本当に幅が広い(笑)

いつでも 少し先を 頼もしく歩いて下さいね。。お体には気をつけて下さいね。

投稿: 森おばさん | 2015年5月12日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/58545765

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 1月 映画生活MEMO:

« 2014 映画生活年間ベスト3 | トップページ | 2015 2月 映画生活MEMO »