« 2014 9月 映画生活MEMO | トップページ | マイ・フェイバリット インデックス »

天命を知る年齢

Photo

クリムゾン弁当。





お金のために働いているのである。
そう割り切っていても どんな仕事も人間関係の上に成り立っている。

その枠内だとしても 多くの仕事仲間と冗談を言い合い 笑いあう時間も多くなった。

それでも どうしても気を許せない人というのが存在する事を初めて知った。

この歳になって それなりにいろんな人と出会ってきたけれど 孔子が言うところの四十にして惑わず 五十にして天命を知る歳になってさえ まさに初めて会うタイプ、 私にとっては驚きしかない人というのがいるものである。まさにネガティブなサプライズ。(汗)

最初は 彼女の 魂を破くような大きな声の叱咤・・ 私の至らなさがそうさせているのかと思っていた。
(そもそも 大声で奥さんや部下を怒る人・・馬鹿じゃないかと常々思っている。)

周りとの関係が 濃くなるにつれ 皆がかつてその標的となって 「ノイローゼになりそうだった・・」とか 「耐えるしかないんです。」とか 「他では勤まらないよ。」とか 「彼女が原因で辞めた人もいるよ。」とか 本音が聞こえてきた。 
皆、問題だと思いながら 諦めの境地・・ 大人である。

よくよく観察していると 彼女なりのルールが破られると瞬間的に 怒りになるようで 独り言が始まったり とにかくモノにあたったりしている。(破壊力 大)

周りの空気が冷える。

悪気というものがない様子で すぐに 笑顔で世間話をしている事もある。
十年近く勤めているらしいけど 仕事以外のプライベートな話は殆どない。

お互いに興味がないって事だと思うけど 普通 上辺だけでもキャッチボールが あるもんなんだけど・・(笑)

ましてや 私のような新参者かつ おばさんはコミュニケーションがとれず 心が重くなるばかりである。

対処方法というものが あるのかもしれないと 今まで 冷静に他人ごとであった。
話には聞いていたけど 身に降りかかると深刻な問題である。

だとしたら どう・・って事もないわけだけど、大人になれない 年齢的には一番大人の私である。
言いたい事が山ほどあって 決意して言う時は相手に 本意が伝わらなければ こちら側だけが疲労する。くたびれ損だ。

姑息な我が身が好きではないが 関わりたくない。






マイフェイバリット no、8note

Tomwaits_closingtimes

トム・ウェイツ「クロージング・タイム」言わずと知れた名盤。なぜ、心を摑まれるのだろう。。

|

« 2014 9月 映画生活MEMO | トップページ | マイ・フェイバリット インデックス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております
久しぶりに訪問させて戴きましたら…
そうなんですよね…
いい意味で人の悪口を言わない大人の集まり
少し触れる機会が増えて来ると 皆思ったり感じたりしていることは
ある程度共通しているんだなぁと思います
私も長年同じところで働いていましたので
アスペルガーと思える人 
心や精神に少し付加のかかっていて自覚している人
そんな人が多い様に思います
お金のため!か否かはともかく就業意欲が著しく妨害されますよね
でもとりあえず仕事をこなす人を辞めさせることは出来ませんし
一応常識的と思える人達が頭を痛め 不愉快に思いながらも
何とかやり過ごすのが現状でしょうか
私も最近あまりヒドイので無言で怒りましたら
お相手は気付いていて誤って来たのですが
私としては理路整然とその態度を自分自身のためにも直す様に!と伝えましたが
結局分かっているといいながら泣き続け 
暫くは大人しくなっていましたが …又元の木阿弥でした
理不尽なことでイライラしたり不愉快な思いをするのは本当にストレスです
でも同時にコチラの常識や理論が通じない人
理解出来ない人がシッカリ存在するのだ!ということは知り
未だに天命は何かと迷うばかりです
やれやれ 頑張りましょう!

投稿: Maria | 2014年11月 1日 (土) 15時43分

お互い職場では気持ちよく働きたいという思いがあるとは思うのですが
それよりも「自分の感情を優先」しまい、人にぶつけてしまう人の存在は、やはりストレスですよね。
私もこれまで様々な「上手く付き合うのが困難な人」と出会いました。
突き詰めれば、嫌な人が一人もいない職場というのは残念ながら皆無なのかもしれませんね。

悪意のある企みをする人の方が、むしろアスペルガーの人よりも質が悪いかもしれませんね。
ただ、その人が上司であればすり寄って持ち上げてくれる人もいるのかもしれませんが
結局そういう人にはそういった類の人しか近づかず、やはり精神的に孤立していくような気がします。
森おばさん様、どうかその人のネガティブオーラに巻き込まれないようにしてくださいね☆

私は今の職場では休憩時間が誰とも重ならないように設定されているので
会話する時間が極端に少ないせいか、居残りでもしない限り深く知り合うチャンスもないのですが
私も軽く冗談を言い合うくらいが良いかなと思うタイプなので反ってそれが良いのかも(笑)

でもたまに「〇〇さん、残ってお話しましょう」と言われ、ドラマ以上の身の上話を聴いたりするのですが
既婚者の女性の再婚率が高くて本当にびっくりします(みんなアグレッシブだなー)なんて(笑)

急に寒くなりましたね。
お仕事に家事にお忙しいことでしょうが、くれぐれもご自愛くださいね☆

投稿: wildrose | 2014年11月 3日 (月) 17時30分

お誕生日おめでとうございます。
また、森おばさんにとって新しい1年、素敵なことが沢山訪れますように!
遡って拝読して、実は私も10以上年上の仕事の方に理不尽な扱いを受けました。
きっと何かコンプレックスがおありなのだろうと思い、3か月我慢しましたが、結局その仕事は切りました。
今、晴れ晴れと穏やかな気持ちで縫うことができます。
人に対して居丈高になることが、何故必要なのか?全く理解できません。
それから、家は女子力!私はもとより双子girlも低いです。

投稿: 縫い工房 | 2014年11月 4日 (火) 09時01分

maria様
何だか 少し元気がでました。ありがとうございます。
>コチラの常識や理論が通じない人
理解出来ない人がシッカリ存在するのだ!

それを あらかじめ受け入れる事で 気持ちが楽になりますおハズカシイですけどそんな事すら私は分からなかったのですよ。嫌な人が見当たらない軌跡の職場を幸運にも渡り歩いてきたみたいです。
私はただ気持ちよく仕事をしたい!という一心なんですけどね。(笑)
それ以上関わるなんて一ミリも感じない というのが正直な所です。(汗)
そんな状態ですから 実際、私が就業する前から何度も直接的に 間接的に彼女へ注意がなされたようですが その時は意外にも しゅん。とするらしいのですが mariaさんの経験のように またゾンビのように元に戻るようです。(笑)
結局 注意をする人の方がストレスを抱えて問題は解決しないという感じで 仰るとおりやり過ごすのが現状・・
でも、 良く思っていないのに 上手くいってるように過ごすのが私としては 気持ち悪くて仕方ないのです。(笑)
それでも 唯一 彼女の癒しのような存在の女性がいて その人いわく 何か言われる前に面白く謝ったり 宣言すると良い・・と言われました。(笑)彼女の器の大きさは素晴らしいのです。
そんな人もいるんですよね。

でも、そんな可愛らしく 高等なスキルは私には無く 怖すぎて出来ないと 却下しましたけど。(笑)

職場を変えてもまた同じような事が起こるかもしれません。もう少し頑張ってみようかと思っています。
ありがとうございます。
  

投稿: 森おばさん | 2014年11月 6日 (木) 10時04分

wildroseさま
お仕事順調そうで良かったです。色々ありますけど人生修行ですね。(遠い目)

>「自分の感情を優先」しまい、人にぶつけてしまう人の存在

その人は その自覚もないと思われます。悪気がないのですから 人の不快なんて分からなくて当然なのだと思われます。
初め この人の母はどんな人なのかとそっちに興味がありました。人への接し方がこれで良し・・と思われる環境って? 人づてですが決してそんな過酷な家庭ではなく どちらかと言えば溺愛に近いらしいと・・
まったくもって 余計なお世話ですが(笑) 人間関係が構築できない事ってとても気の毒に思えます。
反面、こんな場合の引用ではないのですけど 皆違ってみんないい・・とみすずさんも詠ってるし、私の側の価値観にあてはまらなくても良いんだし・・なんてね。

でも 不勉強でなかなか 上手に振舞えないんですよねー。
ネガティブオーラのスクリューに揉まれてます。(笑)

ところで 皆さん・・アグレッシブなのですねー。
wildroseさんみたいな方ならきっと パートナーもその気になれば・・ですが、
女性成分が欠落している私が 申しても 嬉しくないでしょうねー。(笑)

寒くなりましたね。お風邪などひかないように。

投稿: 森おばさん | 2014年11月 6日 (木) 10時36分

縫い工房さま
私も五十代に突入いたしました。何だか物凄く歳をとったような響きなのに 中身はまだまだです。

>私も10以上年上の仕事の方に理不尽な扱いを受けました。

そうですか・・いつもはつらつと素敵にお仕事をこなされている様子の 縫い工房さまにもそんな経験が・・
というか・・皆さんそれぞれに色んなタイプの方に遭遇しているのですね。
私は本当にこの歳になって尚 世間知らずでした。
最初は 自分の方がおかしいのかと気持ちが滅入ってしまいました。でも、気持ちを仕事仲間と共有でき別の繋がりができ 楽になりました。
今後は仕事が潤滑にいく事に重きを置いて 魂を減らす事のないように覚悟して頑張ろうと思います。
彼女も含め 良い関係を築くのは並大抵のことではないけれど 期待はせずとも 希望は少しだけ持って・・
やっぱり甘いかもしれないですかね。(笑)

古布のリメイクスカート・・本当に可愛らしかったです。お洒落さんが着そうな雰囲気ですね。
母から貰った古い着物が多くあるのですが 絶対にこの先着そうもないので 私もリメイクしてみようかなあ?難しいですかね・・

投稿: 森おばさん | 2014年11月 6日 (木) 19時38分

嫌ならやめちゃいな!!
アラ〜〜
私ってアメリカに来て、性格かわったかしら??
きっとその気持ち、家族にも十分のしかかっているよ。
人生折り返し地点はもうとっくに過ぎているし、早ければ60代で認知症。この50代の10年間いかに過ごすかが、大切よ。嫌なことに時間を費やしている暇はないはずよ。
50代は新しいスタート地点と、友人が言っていたわ。そんな初めからつまずいていたんでは、、、、、、。この先どうするの??
いい方向に向かうように、、、祈っています(≧∇≦)

投稿: アメリカ在住の親友 | 2014年11月 7日 (金) 09時42分

アメリカ在住の親友さま
本当、そのとおりだわよ。(笑)
50代は新しいスタートかあ・・そうだよねー。
若い頃の感覚で仕事をしてたら やっぱり体はしんどいし、世間も変わってて学ぶ事は多いかな・・
いつでもやめる準備は出来てるけど(汗) せめて一人前にはなりたいんだよね。悔しいから・・(笑)仕事は仕事として いらない所は削って徹底します。無理はせんとこう(笑)
店長や 仲間や 見てくれてる人は見てくれてて自分でも 思いがけない所で褒められます。(笑)
だから、その逆も又 あるんだよ。
私的には この先の人生は 自分と家族 これからの人、ちょっぴり社会にむかっていきたいわけだよ。(笑)
本当の意味で強く優しい人になって 人生を終えたいわけ。偉そうだなあ・・(笑)
でもその前 認知の波もやってくるかもしれないんだよね。これは インプットしておくよ。
心配してくれてありがとう。

二十代は自分のためにだけがむしゃらに突っ走って、
三十代、四十代は家族中心に突っ走って、
とにかく人並み以上には 忙しかったんだよね。

ただ、あまり反省したり 自分以外の世界まで目が届いていなかったように感じるのよ。
欲が深いのかな?
よくよく 見極めます。衝動的にはいかんのよ。
そんなに若くもないとよ。
happy01

投稿: 森おばさん | 2014年11月13日 (木) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/57847004

この記事へのトラックバック一覧です: 天命を知る年齢:

« 2014 9月 映画生活MEMO | トップページ | マイ・フェイバリット インデックス »