« 機嫌よくには、福来る。 | トップページ | てしごと。まとめ。22 »

2014 7月 映画生活MEMO

毎日茹だる様な暑さ・・
急なゲリラ豪雨も 雷も ひょうでさえ慣れてしまいました。

私の小さな社会復帰は 若い頃のようにはいかず 苦戦しています。
としなりに めげずに 謙虚に 時間を積み重ねてます。

いやあ。でも大変。 
暑さも社会も甘くないですね・・・

映画も 思うように観れないひと月でした。

sun  sun  sun


愛・ アマチュア  1994仏  監督 ハル・ハートリー         80点

Original  Sub_large

book元尼僧でポルノ小説家に職を変えたイザベルは、ニューヨークの裏通りで流血し倒れていた男をアパートに 連れていく。男は記憶を失っており、そんな男にイザベルは性についてのコンプレックスを打ち明ける。二人の間に不思議な感情が芽生え始めるが、男は国際的 犯罪組織の人間で……。

happy01何 とも絶妙なバランス! キャラクターの設定など、一瞬 タランティーのようなコミカルさがあるのかと思えば 美しいゴダールのような映像・・登場人物は皆 いたって真面目なのに  何故か可笑しい。ラストまで その少しずつのズレは続き交わる事はない。普通、つまらないはずの作品なのに 面白いんだなこれが・・不思議な作品であ る。 


snail  snail  snail




少女は自転車にのって  2012サウジ・ドイツ   監督ハイファ·アル・マンスール

 Shoujyosub2_large  Shoujyomain_large

book10歳のおてんば少女ワジダは、幼なじみのアブドゥラと自転車競走がしたいが、母親は女の子が自転車に乗ることに反対する。そんな時、学校でコーラン 暗唱コンテストが行われることになり、ワジダはその賞金で自転車を買おうと一生懸命コーランの暗唱に取り組むが……。女性がひとりで外出することや車を運 転することが禁じられている同国で、ひとりの少女が女性として生きることの厳しさに直面しつつも、前向きに生きる姿を活写する。

happy02な んと清々しい作品!元気をたくさん貰った。イスラムの戒律がこれ程までに 女性に厳しい事は知らなかったが いつの日もどんなに過酷な状況でも  自由へ の芽は存在するのだと思う。 そして その尊い意志が 大人の使い古された言葉でなく  幼い少女の 自転車に乗りたい!という希望だった事がさらに素晴 らしかった。 サウジの文化や習慣を知る意味でも優れた作品なのは言うまでもないが 清涼剤のような透明度の高い本作、秀作です!

bread  bread  bread




ペコロスの母に会いに行く  2013邦  監督 森崎 東        80点

Sub1_large  Main_large

book離婚して子連れで故郷の長崎に戻った主人公ゆういちと、85歳になりグループホームで暮らす認知症の母みつえの心温まる日常を描く。ゆういち役で岩松了が主演、母みつえ役に赤木春恵。

happy01介護問題を 体験そのまま 明るく描いている。私も認知症の母をもつ身だが  何が母にとって最善かを選択する事はとても難しい。母は答えてくれないわけだから・・ 常にこれで良いのかを考えてゆくうち もしかしたら 全て違うのじゃないか?自分のエゴじゃないのかななんて不安にかられる事も度々・・そんな時はまだ言葉もしっかりしていた頃の母を思い出す。 少し気が楽になる作品でありました。 

chick   chick   chick

プライズ 秘密と嘘がくれたもの 2011ポーランドドイツ                         70点

監督パウラ・マルコヴィッチ

Img_1502344_51405174_23 Img_1502344_51405174_24

bookア ルゼンチン南部  人気のない浜辺に建つ一軒家に、軍事政権弾圧から逃れてきた若い母親と7歳の娘セシリアがひっそりと隠れ住んでいる。二人の生活は、母 娘の愛情で結ばれながらも、孤独と緊張が支配する毎日だ。いつも浜辺で一人遊びするセシリアは、身を隠す必要を教えられてはいるものの、事の重大性を理解 しているわけではない。セシリアが学校に通うこ とになり、従姉妹が軍に殺された事を作文に正直に書いてしまう。

bleah寒々しい風景や かわいい子供の姿など 好きなディティールを多く含む作品なのに はっきりとしない不安がゆっくりと描かれる為 正直途中眠気に襲われました。(笑)
監督自身の少女時代の回想らしいが 不安が形を持たないままどんよりと影を落とし少女の気持ちそのもののようである。 形なき不安というのが一番しんどい。よく分かります。

snail  snail  snail




白いカラス   2003米  監督ロバート・ベントン         80点 

64f06b165323436fb6c16e70c3374754_2  9a0337d138334ac619e4c4d884e23806_2

book コールマンはユダヤ人で初めての古典文学教授だった。しかし、講義中に発したある一言が黒人差別だと批判され、辞職に追い込まれてしまう。怒りをぶつけるため、コールマンは作家のザッカーマンに、この事件を本にしてくれと依頼する。
しばらくして、コールマンにはフォーニアという若い恋人が出来る。幼少時代の虐待が誰にも言えない心の傷となっているフォーニア。しかし、コールマンこそ、決して知られてはいけない秘密があったのだ・・・。
 

happy02秀 作と名高い本作をようやく鑑賞。奥深い原作に 監督の演出が 素晴らしい。 ニコールの数ある出演作の中でも群を抜いて彼女が良かった。 内面に傷を持ち 人生に絶望している女性の悲しみと ラスト近くの幸福 がひしひしと伝わった。 それは成功者として生きながらも深い秘密を抱えた アンソニー演じる教授 も秀逸、まさに秀作!

sun  sun  sun

それでも 何かを感じる事って すがすがしいです。

皆様も厳しい夏・・ご自愛下さい。

 

|

« 機嫌よくには、福来る。 | トップページ | てしごと。まとめ。22 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/56732745

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 7月 映画生活MEMO:

« 機嫌よくには、福来る。 | トップページ | てしごと。まとめ。22 »