« いっすん先の・・・ | トップページ | 2013 8月 映画生活MEMO »

京都。ぶらり。

お盆休みは 大阪の妹夫婦の家でお世話になった。
福島に比べ さすが都会、 猛暑さえ覚悟できれば 子供たちの期待する遊び施設は 様々である。

それにしても 暑い。 熱風に息苦しく歪んだ口元が自覚でき 今私、 アンパンマンみたいな顔をしているんだろうなあ。。とアンパンマンが町を闊歩する姿を想像したり、 網で焼かれるおせんべの気持ちを想像した。

ここ数年・こどもたち、歳の離れた姉弟達の 遊び先が異なり始め、 私は女性軍を担当している。


妹宅のある T市からは 梅田に出るのも 京都に出るのも20分ほどである。

火であぶられる様子をあまりにも次々に想像し続けたからだろうか 私にかかってくる暑さたちが怯んだ様で(笑)案外 目的地まで快適に到着する事ができた。
梅田では阪急デパートの10階(手芸作家小物 文房具)だけを目指し 充分に堪能し、後は消費税アップ前に 鬼のようなスピードで 建設し続けているところが 大阪らしいなああ・・と思われるショッピング施設に足を運んだ。

怯んだように感じた暑さは 急に勢いをまして 思考を奪う。
常夏の国の人たちが 幸せそうなのは イライラの種を根こそぎ暑さが奪っていくからなのかもしれない。



Dscf8637

初めての阪急電車 敬愛するセントさんの真似をしてみました。(笑)


今回は京都にも訪れた。

京都なんて 修学旅行、短大時代の仏像めぐり・・以来のことである。刺すような寒さの京都の町は とてもとても素敵だった。降る雪は しんしん・・さくさく・・ひらひらと 実際音を発するわけではないのに 確かにそれは聞こえた。

今回は蜃気楼さえみえそうな また違った京都を知ることができた。

娘同伴なので彼女が喜びそうな 寺町の一つ裏通り・・御幸町通りを北にあがる。
洒落た小さな店と  カフェが点在し 古い物に心惹かれる私も楽しめた。

やはり暑さは纏わりついてきたけれど 久しぶりの目の保養に満足である。


130815_153001

輸入物のビーズや ボタンのお店。かわいい!




私自身は千葉で生まれ、結婚までの時間の多くを東京で過ごし た。

東京の人は田舎出身の人が多くて、振り向かずに脱出してきたような過去があっても 歳なりに折り合いをつけ 今は、故郷とちょうどいい距離を持っている人が多いように感じる。

生粋の江戸っ子は私達世代になると さらりと 生きていて、出身地のゼッケンをつけているような人はあまりいない。せいぜい お祭りに気が大きくなるくらい。(笑)
亡き父は九州男児であるが 九州男児(イメージ)のような亭主関白ではなかった。九州弁も同郷の人とのみ使用・・それがちょっと可愛いなあ。なんて思った事もある。

大阪の人は何故か 大阪人である事を強く意識している人がよそよりちょっぴり多い気がする。大阪の人は「京都の人」と「東京の人」を何故か意識する。

ふるさとを愛するがゆえ なのかしら?

故郷というものを強く持たない私には 不思議に映らなくもない。

気質にだけ関して考えれば 生まれた土地によらずとも 「おせっかい」など 私にだって大阪のおばちゃんに近いものはあるのだけど・・きっと似て非なるものと線引きされるの違いない。

これまで考えた事のないような「大阪の人」を考える私は、やはり暑さのせいなのでしょうか・・・


Dscf8639

三条通の 古いビルの中の手芸洋品店。 ギシギシ軋む音が良い・・

|

« いっすん先の・・・ | トップページ | 2013 8月 映画生活MEMO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/52919980

この記事へのトラックバック一覧です: 京都。ぶらり。:

« いっすん先の・・・ | トップページ | 2013 8月 映画生活MEMO »