« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013 7月 映画生活MEMO

毎日暑いです。sun

長い夏休みが始まりました。 

突然の雨を恨めしく思ったり、 雨上がりの空気の変化を感じたり 幼いころ 近くに感じていたお天気を 同じように感じています。

涼しい部屋で映画・・良いですよね。(あたしだけ?笑)


club                 club                club





愛について、ある土曜日の面会室 2012仏  監督レア・フェネール    85点

Sub2_largeSub1_large

book殺された息子の死の深層を探るゾラ、塀の中の恋人を思うロール、生活のため奇妙な依頼を受けるステファン。悲しみを受け入れ 運命を切り開くため 全く接点のない三人が刑務所の面会室という場所へ向かう。

happy02濃密な本作に まず圧倒されました。とは言うものの決してあざとい仕掛けはなく淡々と登場人物の心の内を傍観する感じなのだ。
このエピソードをどんな風に選んで設定したのか・このセンスが尋常じゃない。(笑)三つのストーリーも互いにはまったく関係性がないのである。それでも 愛について 深く感じ入る事が出来る。やられた。(笑)
許し。 犠牲。 献身。自由。 選択。どれもが愛に違いないのだが 共通する事はただ前を見て歩いてゆかねばならぬという事だ。
昔のフランス映画はどこかすりガラスから見た乳白色の景色のようだったけど・・
この作品に関しては はっきりと無駄なく意図を感じる。 フランスの抱える社会問題も随所に重石のように置いているし・・  素晴らしい!! 恐れ入りました。           snailsnailsnail                snailsnailsnail             snailsnailsnail    

 

東ベルリンから来たおんな  2012独  監督クリスティアン・ベッツオルト 80点

Main_large  Sub01_large

book1980 年夏、旧東ドイツ。バルト海沿岸の田舎町の病院にひとりの美しい女医がやって来た。彼女の名はバルバラ。東ベルリンの大病院に勤務していたが秘密警察の監 視つきで左遷されてきたのだ。同僚や上司である男性医師アンドレにも猜疑心が拭いきれず 孤立してゆく。西ベルリンに暮らす恋人との 密会、自由を奪われた毎日にも神経がすり減っていく。心の支えとなるのは患者への献身と、医者としてのプライドだ。それと同時に、アン ドレの誠実な医師としての姿に、尊敬の念を超えた感情を抱き始める。

confident舞台は分断された東ドイツと西ドイツ・・
生 活や家族とも 思想さえも引き裂かれたしまった人間の選択する自由を静かな目線で綴る。氷のように冷たく見える美しい女医・・やがて後にする東の人との関 わりを受け付けず生きる事を決意するものの・・どんな間柄にも 良い意味 悪い意味、心は揺れてしまうものなのである。
かたくなな彼女の表情と医師としての表情・・恋人と接する表情の対比が多面的に描かれ心惹かれる。自分という人間の幸せとは・・究極の選択を晴れ晴れとした気持ちで終えた彼女。取り巻く人々についても 善悪をそのまま描いている。秀作です!

chickchickchick                             chickchickchick                                  chickchickchick




モテキ        2012邦  監督 大根  仁            75点

 

    Mtk_ma3_large      Moteki_large

book金もなく恋人もいない藤本幸世に、怒とうのように恋のチャンスが訪れた“モテキ”から1年後。4人の女の子たちとの関係は終わってしまったが、再び新たな女の子たちが幸世に接近し始め、“セカンド・モテキ”がやって来ようとしていた。

happy01 ドラマ版を深夜の再放送で偶然 観て その後の藤クンが気になり鑑賞してしまいました。映画周りのスタッフがおそらくかなりの割合でサブカル好きなのでしょう。この世界って話が盛り上がるんですよね。(笑)でも、きちんと アフターサーティーの青春が描けてました。 どのエピソードも 身近にありそうなお友達話・・この作品に登場する女の子は皆 いい子というところが私は好きです。超かわいい子でも、ちょっと痛い子でも、どS キャバ嬢も 皆それぞれに悩みや優しさ・・そして魅力があります。 藤クンはずっと大人になってました。 苦しんで仕事をする事は人を成長させます。 苦しみたくはないけど。(笑)

snailsnailsnail             snailsnailbread          snailsnailsnail




アウトレイジ ビヨンド   2012邦   監督 北野 武        80点

 

   Jppubphotomainorg2  Poster

book5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴力団「山王会」は関東の頂点を極め、政界にまで勢力を広げていた。彼らの壊滅を目指す刑 事の片岡は、関西最大の「花菱会」と対立させるべく策略を練る。そんな中、遺恨のある木村に刺されて獄中で死んだはずの大友が生きていたという事実が 持ち上がる。

happy01北野映画が戻っていました!このシンプルで前置きのない潔さが大スキです。

ヤクザ映画は実に 気持ち良いですね。「このやろう、ばかやろう」って心の中で言いつづけました。(笑)やられたらやり返す。ケジメ。 実に分かりやすい。自分の中で男があらぶります。

soccersoccersoccer              soccersoccersoccer           soccersoccersoccer




東京家族    2012邦     監督 山田洋二          75点

  Sub2_08663_large  Main_large

 book瀬戸内海の小さな島で生活している夫婦、平山周吉)と とみこ。東京にやって来た彼らは、個人病院を開く長男 幸一、美容 院を営む長女 滋子、舞台美術の仕事に携わる次男 昌次との再会を果たす。仕事を抱えて忙しい日々を送る彼らは両親の面 倒を見られない。そんな状況に寂しさを覚える2人。心配していた昌次の住まいを訪ね、そこで恋人の紀子を紹介され 楽しい一時を過ごすとみこだが・・

happy01山田監督の五十周年記念作品である。 国外でも評価の高い名作のリメイクである。小津ファンはちょっとの事では 認めてはくれないだろう・・それでもこの作品を完成させたのは 何より監督自身が小津作品を愛して止まないからなのだと理解している。

だが、随所に山田監督ならではのメッセージを織り込んだ事で 原作を知るものとしては少々・・くどい印象を持ってしまう。特に東北の震災のくだりは 今尚 苦しんでいる当事者としてはあまりに過去形に描かれ悲しい気持ちになってしまった。

それでも・・小津監督の描いた軌跡は忠実に伝わるものとしてある一定の水準を裏切るものではなかったと感じている。家族の話は生きる世代が違っても 登場人物の誰かに観る側が反映され 絵空事にはならないのだと思う。

flagflagflag                flagflagflag              flagflagflag




マリーアントワネットに別れをつげて  2012仏 監督 ブノア・ジャコ    65点

Sub1_large_2  Main_large_2

book1789年7月14日、バスティーユが陥落し、王妃マリー・アントワネットとその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286人のギロチンリストが ベルサイユに突きつけられる。王妃に心酔する朗読係の少女シズニーは、それでも変わらぬ忠誠を誓うが、王妃からはポリニャック夫人の身代わりになるよう非 情な命令を下される。

bearingおそらく 原作はなかなか面白い話なのではないだろうか・・?豪華絢爛な宮殿や衣装を観る楽しみはあったものの 肝心な少女シズニーの嫉妬や意地・・恋する心があまり伝わってこなかった。だってこのストーリーそこが肝なんですよね?

マリーアントワネットの話は数々観た事があるけど・・ 本作の彼女をあまり好きになる事が出来なかったのも原因かも。俳優人は美しい方ばかりでしたけど。

catcatcat              catcatcat              catcatcat




シークレット オブ マイマザー   2011仏 監督マチュー・ドゥミ    70点

  Sub_photo1306_02a   Main_photo1306_02

book マーティンは、恋人のクレアとパリで暮らしていた。そんな折り、長年疎遠だったロサンゼルスにいる母親が亡くなったとの連絡が入る。彼は母に愛されていなかったと思っている。遺産手続きのため、少年時代を過ごした街へ帰郷する。子供時代の思い出が少 しずつ甦る。母親の古い知り合いであるローラという女性を探す。彼女は、ストリップクラブで毎晩踊る生活を送っていた。少しずつ母の過去が明らかとなる・・・。  

bearingオー ソドックスなストーリーだけど 画像も美しいし 亡き母の生きた軌跡から 母本人を描く撮り方も悪くないと思う。 でも何かもやもやとした気持ちが残って しまうのは一番知りえたかった 我が子、彼に対する愛情が 母の言葉ではなくローラの名を語る女性本人のものだったからだと思う。 そしてその現在進行形 の言葉に全てを許し理解してしまう息子。出来すぎでしょ。と(笑)・・肉親との愛憎ほどコントロールの難しいものはないと思うのだ。  

bellbellbell             bellbellbell              bellbellbell            

 

メモリーズ・コーナー  2012仏 カナダ  監督オドレイ・フーシェ    70点

 

Sub1_large   Sub3_large

book 1995年に起きた阪神・淡路大震災の回顧式典を取材しに、ジャーナリストのアダラ・フラは、フランスから神戸にやって来る。彼女は通訳の 岡部と共に、今ではすっかり復興した街で暮らす被災者たちの家を訪ねて回る。そんなある日、二人は今もなお震災の後遺症に苦しんでいる無口な 石田と出会う。                 

wobbly 震災に直面した国の人間と 外の人間。 死後の世界を様々な感情で思い馳せる人間と 実存主義に育った人間の温度差が感じられる作品。若い女性監督が疑問 を持ったそのままが映像になったかな・・という感想です。特に「孤独死」という言葉が 監督にとっては印象的だったのだろうと想像します。宗教的なモノが 関係するのか死生観といっても人それぞれなので・・それをファンタジーにしてしまうのは冒険だと思うけれど 私的には容易く触れてはならない気がした。

spadespadespade            spadespadespade            spadespadespade




砂漠でサーモンフィッシング 2011監督 ラッセ・ハルストレム    70点

   Sub1_large   Main_large

bookイエメンでサケ釣りをしたい」という依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士。そんなことは絶対無理だと相手にしなかったものの、 何とイギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展。ジョーンズは、イエメンの大富豪の代理人ハリエットらと共に無謀な計画に着手す る。       

confidentこ の暑さで心が乾いてしまった私。心温まる(これ以上暖まっていいのか?)作品を、と鑑賞。ユアンが何かと気になる事もあってのチョイスである。砂漠に川を 通しそこでフィシングという壮大な計画を描いてゆくのかと思われたけど・・八割 ラブ・ストーリーでした。(笑)ユアン扮するジョーンズは堅物な学者とい う設定だけど・・意外に思いきりもよく男気もあってまあ・・女性に持てるだろう・・という感じでキュンとなるギャップはありません。

景色は美しいし・・チラッと紛争の現状を織り込みながら 箱は大きいものの・・とてもとてもシンプルなお話でありました。

notenotenote               notenotenote             notenotenote

人生、 ブラボー     2011カナダ  監督ケン・スコット        75点

  Sub2_large    Sub4_large

book親 孝行の資金を作るため 過去に「スターバック」という仮名で693回の精子提供を行い、その結果として生まれた533人の父親であることがわかった42歳 の独身男ダビッド。そのうち 142人が、遺伝子上の父親の身元開示を求める訴訟を起こす予定だと知らされる。身元を明かすつもりは毛頭ないダビッド だったが、次第に子どもたちにも興味がわきはじめ……。  

happy01まだまだ 心が乾いている私は(しつこい) ヒューマンコメディで心を潤そうと・・
主 演の役者さん。イイデスネ。全てがてきとうだけど 心根が優しく憎めない皆に好かれる男性を好演です。 現実離れしているストーリーだけど 悪人が一人も 登場せず皆が幸せな気持ちになる作品。いかにもハリウッド的・・・と思っていたら すでに契約が進んでいる様子・・ 世界中がこうなら 平和だろうな。と 思いました。(笑)

notesnotesnotes               notesnotesnotes             notesnotesnotes

夏はこれから・・という時期、 今年は特に 気候による災害が多い気がします。

皆さんのお住まいが 暮らしが いつもどおり穏やかであるように 祈っています。

大変ではあるけれど この暑さを この雨を 愛でる気持ちを 小さく心に留めておきましょうね。

人の人生長くても80年かそこらですが その中でさえ 色々な事が変わってゆく様を肌で感じます。
毎日 じたばたしてばかりですけど・・
変わって行く事は止められないのだと思ったりします。 

皆様、ご自愛下さいませ。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常のとなりの恐怖。

   Dscf8526           Dscf8533

今年も蕾をつけました。夏の空に気持ちのいい白です。  白グループの一番咲きです!          

 

 

ここ数日、子供を狙った暴行事件が相次いでいる。
世の中が、人間が、 追い詰められるような息苦しさの代償がいつも弱い者に向けられる気がしていたたまれない。
繰り返し 防犯意識を植え付けるような教室が開かれ 子供たちが大人に怯えるようになっても どこかバランスがおかしいような違和感だけで 問題の解決には 遠い。

実は 私の住む町にも ここ数週間に渡り 不審者の目撃情報が多く上がり 回覧板で目撃の日時と場所、対象人物の特徴が細かく書かれたモノが回ってきた。

どう見ても怪しい対象人物に 突然のスピードで追い抜かれ数十メートル先で待ち伏せされたり、 意味不明の言葉を投げられたり、考えるだけで恐ろしいけれど この現状で留まっている事だけが救いである。

そんな事があって 時間帯が重なる娘を 可能な限り学校に迎えにゆく日々が続いている。

正直、かなり多くの目撃情報に 警察も動いていて何故 人物の特定が遅れているのか 素人の私には見当がつかない。 その様子から未成年者の可能性が高く もしかしたらその辺が微妙な影を落としているのかもしれないけど。




記憶に新しい 小学生に刃物を持った男が切りつけた事件がある。

みどりのおばさんならぬおじいちゃんが 黄旗で応戦し 大きな怪我なく犯人を捕まえたという事件だ。ひるまず対処出来た事に尊敬の気持ちでいっぱいである。 ただ捕らえられた男の 石川五右衛門のような顔を見た時 私に出来ただろうかと・・自信をなくした。



以前近くの公園から女の子の物凄い叫び声が数度聞こえ 心配が抑えられず 様子を見に駆け出した経験があった。

結果 、ブランコ競争がエキサイティングした声だったのだが・・・

仮にそこに 不審者が刃物を持っていたら、と考えた。足が竦む。

その上、私ったら 心配顔の息子を 留守番させられず連れてきてしまっていた。(汗)

携帯だけは手にしていたけど、瞬時に連絡する事ができただろうか・・

後になって考える事は ああしたら・・こうしたら・・と思い浮かぶのだけど 日常の隣りにもしかしたら恐怖がある事。 いつ 自分が当事者になるかもしれない事をどこかで シュミレーションしておく事は無駄ではない。




どうみても 駆けつけた私を見て子供たちは 理解に苦しんでいた。

脱力気味の私は「おばちゃんみたいな心配症が また来ちゃうかもしれないから もう少しだけ声を小さくしようね。」というのがやっとだった。



いやいや・・ 彼女達には つっかけを片方転ばした 髪を振り乱した知らないおばちゃんこそが 不審者に見えたんじゃなかろうか・・

 






Dscf8493

末息子。6月に八歳になりました・・最短目標はあと十年かなあ?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

てしごと。まとめ。ミニ14

春から 夏にかけてのこの季節は 何かと学校に呼び出されるイベントが多い。

本当は 先を見渡せば見渡すだけ 不安は尽きないけど 胃痛が酷くなる余裕も持てない事を 本能で知っている(笑)私は 不安の塵を早々に 手のひらで落とす。

塵は なくなりはしないけれど 一瞬 目の前から姿を隠す。

生真面目だけど 適当な 私でよかった。 (笑) 適当を責める人が近くにいなくて良かった。(笑)

学校はいつもノスタルジーである。

言葉にだせば ちょっと 痛い感じになってしまうのだけど 愛する子供の 現在進行形の足跡を こそこそ踏みながら 昔を思い出したりしている。

note                   note                note



パッチワークの布が半額セールに・・・以前次女に作ったワンピースと同じ型紙で(サイズは違うけど (笑)チュニックを製作。

 Dscf8496 Dscf8497

  ちょっと韓国っぽいのは  何故?(笑)   

      娘のピアノの発表会で・・・・  Dscf7134fuuka_piano

 

 

 

コサージュを 前回の残りの材料で少々・・
淡色のモノは 皮ひもをとおして ネックレスにしてみました。

Dscf8469     Dscf8468

もっぱら娘が 使用してます。 おばさんがつけても良いかな?      

 

 

club                   club                club

次女の羊毛マスコットはとどまるところを知らず増殖中。リスは旅にでます。リスレッシュしてきます。

Dscf8488

我が家に   訪れているプチパンダブーム!   Dscf8498



Dscf8509 父の日プレゼント。ビールグラスとペンギン       

sun                    sun                    sun

先週末に行なわれた文化祭に出展した作品・・

連日に次ぐ作業に 疲れが蓄積された様子の長女でした。 青春。

Dscf8512hinoka

本日は 小学校の参観日です!ドッジボールにも 若いママたちに交じって参加します!
怪我のない事をひたすらに祈ります。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »