« 2013 5月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと。まとめ。ミニ14 »

2013 6月 映画生活MEMO

近年のこの季節は 突然の豪雨に悩まされるようになりました。rainthunder

皆さんのお住まいの地域が無事でありますように・・・

今月は 観たい洋画が 店頭に並ばず 邦画 韓国映画が多くなりました。

ミニシアター系の品揃えはやっぱり都会ですねー。

※サイトのあるものはクリックで繋がります。

sun               sun                sun

火車  HELPLESS      2012韓   監督 ビョン・ヨンジュ      80点

   Kasha         136208111036813203713_510tlxzyrtl

book結 婚の一月前 両親宅へ行く途中にサービスエリアに立ち寄ったムノとソニョン。コーヒーを買いに行ってきたムノを待っていたのは,エンジンをかけたままの車 だけ。  彼女を探すために元刑事の従兄,チョングンに助けを求めるムノ。しかし,家族も友だちもいない彼女の全てのものは,にせ物だった。彼女は果たし て誰だったのだろうか。彼女の正体に近づけば近づくほど,ますます衝撃的な真実が明らかになり始める。

wink韓国映画らしい見ごたえのある本作。

冒頭 彼女の失踪から我を失ったかのようなムノの演技は若干大げさに思えた。だが ラストにかけて彼の愛情は痛いほど感じられ それは結果的に非道な犯罪に身を滅ぼしたソニョンも同じだった事も感じられ ラブストーリー的にも 印象深いシーンが重なる。

ストーリー的にはオーソドックスだけどぐいぐいと話に引き込まれスピードを増して良い緊張感を持ち続けた。

horsehorsehorse                horsehorsehorse                  horsehorsehorse


短い記憶     2010韓   監督 ミン・ヨングン      80点   

   T0014280a    T0014280 

book 17歳の高校生ヘファとハンスはお互いに恋をし、付き合い始める。ところが、ヘファが妊娠するとハンスは忽然と姿を消して しまう。ハンスとの幸せな人生を夢見ていながら、1人取り残されてしまうヘファ。それから5年ほど過ぎたある日。ヘファの前に突然ハンスが姿を現し、生ま れてすぐに死んだはずの子どもが生きており、養子に出されていたと告げる。

wink独特な雰囲気を持ち 透明感とある種の毒を持つ作品。

それは若い2人の未熟さ 危うさ 残酷さ そして純粋さ 夢と 絶望 相反する真実を充分描いていて私的に大変 好感を持った。

 ドキュメント畑の監督らしいけどまた 楽しみな監督が出現・・言葉にすると上手く表せないようなニュアンスを丁寧に撮ったな。という感じです。

そして・・何より間違った選択をしたとしても 責任を持つ事が大人で 前に進まなければならない。という甘くないラストさえも 優しく厳しく丁寧でした。

notenotenote                            notenotenote                              notenotenote




ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日   2012米  監督 アン・リー   70点

         344013view003        344013view001                                        

book1976年、インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族 の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウ マたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙ってい て……。
wink 映像美という点では リアルで美しく映画の醍醐味を感じさせる作品。

それだけでも充分だと思うが 映画の中心である漂流シーンに向かうまでの伏線はどちら かといえば ラスト近くで語られる彼のもうひとつのストーリーのためのものだったのだと分かる。

あらゆる宗教に傾倒し 現実主義の父親と暮らし やがて究 極の選択を強いられるパイの 何が自分をそうさせたかの分析ではなかったか・・

ラスト近くでさらりと語られるためウエイトはない。(笑)実は そこが面白 みがあるんじゃないかと個人的には思います。自分の中の悪や残酷さひとまずコレは置いておくのが正しいかな? ただ観て損はない。

spadespadespade                               spadespadespade                          spadespadespade


みなさん、さようなら    2012邦   監督 中村善洋          80点

 

  Sub1_large     Sub3_large         

book1980年代に団地で生まれたごく普通の少年・悟は、小学校の卒業とともに「団地から一歩も出ずに生きる」と決める。中学校には通わず、団地内のパトロー ルを日課に日々を過ごし、やがて団地内のケーキ屋に就職。同級生と婚約もして人生をそれなりに謳歌していたが、時代の変遷とともに多くの人が団地を去り、 悟は1人取り残されていく。

happy01 高度経済成長時に次々と建設された都内から少し離れた大規模団地、まさに私自身もそこで生まれ育ったので本作の 月日の移り変わりや 人間関係の移り変わ り・・そして今抱える問題も 肌に感じるものがあった。

特に商店街の感じや 人々のファッションは細かくリサーチされて その野暮ったさも含め懐かしい。

すべてのディティールが私自身と重なって 嫌いな要素は何一つなく そのぬかりのなさから 監督の映画に対する思いが伝わる。 

特に悟の トラウマを自身 の考えで克服しようとする生き様は 世間から変人と呼ばれても 微笑ましく かつ力強さすら感じる。

 母の危篤を知り何事も無かったかのように階段を駆け下 りてゆくシーンなどは 彼の頑張りは自己肯定のためでなく 本当に誰かのためだったのだなあ・・と思い涙が出てしまった。いつも少しだけ明るい気持ちに導 いてくれる中村作品ファンの私です。

catcatcat                           catcatcat               catcatcat




ポエトリー アグネスの詩     2010韓   監督 イ・チャンドン  80点

 1_large   Poetry2

book66歳のミジャは、釜山で働く娘の代わりに、中学3年生の孫ジョンウクを育てている。ある日 ミジャは何となく詩作教室を受講する。“見ることがいちばん大事”と いう講師の言葉に従い、見たものについて感じたことを手帳に記していく。そんなとき、自殺した少女ヒジンの死に、孫が関わっていた事を知らされる。ミジャ は、アグネスという洗礼名を持つヒジンの慰霊ミサに行く。そこで、入り口にあったアグネスの写真を持ち去ったミジャは、次第に彼女に心を寄せるようにな り、アグネスの足跡をたどっていく。

happy02 ミジャは最初 教えられたとおり・・ 美しいモノ 小鳥のさえずり・・川のせせらぎなどをひたすら探しているが詩はできない。

現実に起こる事はあま りに過酷でどこか乙女ちっくで認知症の初期症状を患う彼女には受け止めきれない。

現実は美しいモノとはかけ離れ 汚く 正しくなく 嘘で塗られ 悲し い。 そのひとつひとつを彼女なりに受け入れて行く先に 本当の意味で美しいモノに出会う事になる。ヒジンの歩いた道 身を投げた橋 事件のあった教 室・・ミジャはやがてヒジンと一体となってゆく。 

イ・チャンドン監督はやはり凄い!!「オアシス」も「シークレットサンシャイン」も衝撃を受けたけど  本作は一切 大切な所の説明をせず それでも見る側の感情を充分にかき乱す。

ミジャが美しい記憶として 幼い頃に姉に「こっちへ、おいで」と呼ばれた事を 話す。何気ないひと時だが 私は愛されている・・と感じた時の美しい景色・・思わず泣いてしまった。 冒頭たゆとう静かな川に 死体が流れてゆくのが印象 的。 美しいモノと残酷 な現実は裏表なのである。

golfgolfgolf             golfgolfgolf           golfgolfgolf



愛の残像     2008仏   監督フィリップ・ガレル        70点

 

   Sub1   Main_large

book パリ。若き写真家フランソワは、女優キャロル、ふたりは激しい恋に落ちる……。しかし、何事もないように 夫を迎え入れる彼女から離れるフランソワ。ある日 フランソワは、キャロルが自 宅へ火を放ち、精神病院に入院していることを知らされる。後日 フランソワは、他につき合っている人がいることを キャロルに伝える。キャロルは悲しみを抑えきれず、自死。1年後。エヴと結婚を考え始めたある日、鏡を覗いていると、そこにキャロルの
姿が現れる……。  

bleahガレル作品のファンにとっては 美しく 色気ある不安定な女性のカットも素敵でかつシンプルで傑作なのではないか・・私的には 終始男目線の本作に寄り添う事が 出来ずにいた。  ラストの鏡に映る悪魔のシルエット・・どこまでロマンチックなんだーと・・(笑) 

snailsnailsnail               snailsnailsnail              snailsnailsnail




あなたへ     2012邦    監督 降旗 泰男               70点   

    Sub2_large  Main_large          

book 北陸の刑務所で指導技官として勤務する倉島のところに、亡くなった妻・洋子が生前にしたためた1通の手紙が届く。そこには故郷 の海に散骨してほしいと書かれており、英二は洋子が生前には語らなかった真意を知るため、車で彼女の故郷・九州へと向かう。その道中で出会ったさまざまな 人々と交流するうちに、妻との思い出が頭をよぎり……。 

wink良くも悪くも謙さんの映画である。 人生の終盤に出会い歩んできた2人である。謙さんのイメージそのままの寡黙な男は そうそう 身の上話などはしない。 そして 一を聞いて十を知るような深い人間力ももっている。

田中裕子演じる妻は 陽だまりにほっこりと咲いているたんぽぽのような女だ。お互いをいつも思いやりささやかに暮らしている。

登場人物も皆 問題を抱えながらも 懸命に生きている人たちだ。

並べるだけでも美しい話だと思う。 謙さんの映画だからこれで正解なのだと思う。私的には そこが正しすぎて まとまり過ぎてそれ以上の感情が湧き辛かったのだと思う。

あっ・・もし許されるならば 謙さんの実年齢に近い作品が観てみたいかな?やっぱ・・無理かあ?

cloudcloudcloud              cloudcloudcloud              cloudcloudcloud 

 

              

マイバックページ        2011邦   監督 山下 敦弘        80点

 

 Mbp_sub3_large Mbp_main_large

book全共闘運動が最も激しかった1960年代後半、週刊誌編集部で働く記者・沢田は、理想に燃えながら日々活動家たちの取材を続けていた。ある日、梅山と名乗る男から接触を受けた沢田は、武装決起するという梅山の 言葉を疑いながらも、不思議な親近感と同時代感を覚えてしまう。 

weep学 生運動が盛んな時代の直後 若者が空虚感を感じていたであろう数年の話・・まずこれは完全なる青春グラフティなのである。 結果 思い描いていた理想とは 違う道を歩く事になった男性の青春の終わりの話なのである。若い山下監督が撮る事によって 客観的に 誰にとっても おそらく切ないそれを描いている。

ラスト、自分でも無意識に下に見ていた労働者の男の店に 不意に立ち寄る。昔と変わらず何の不信感も持たず受けいれてくれる彼の様子・・店の客の様子を見て 嗚咽する沢田。

代償は大きかったかもしれないけれど 「真実」が見えた瞬間である。

宮沢賢治とCCR・・彼が梅山に同化してしまう入り口だったけれど 私には何となくその感覚が理解できる。最初から おそらく最後まで彼は純粋なのである。人生の途中には自分にないものに強く惹かれてしまう瞬間がある。 感動しました!秀作です!

soccersoccersoccer               soccersoccersoccer              soccersoccersoccer




鍵泥棒のメソッド     2012邦     監督 内田けんじ         75点  

  Sub2_large    Sub1_large

book売れない役者・桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男・コンドウが転倒して記憶を失ってしまったことから、出来心で自分 とコンドウの荷物をすり替え、そのままコンドウになりすます。しかし、コンドウの正体は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を引き受けなくてはなら なくなる。一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功するため真面目に働き始め、徐々に事態は好転していくが……       

wink痛快! 観た人を幸せな気持ちにさせてくれる本作。巧みに練った脚本、演出の細かさがもたらすライヴ感。巧みな映像によって際立つ。映画のパーツがピタリと合わさった感じ。それにしても 堺 香川の演技対決は見もの。(笑) 両者のバランスにあわせてなのか ひょうひょうとお嬢様編集長を演じる広末も良かった。私的には 性悪な役には欠かせない森口氏に一票。

catcatcat               catcatcat           catcatcat


ツナグ       2012邦     監督 平川 雄一郎         70点

 

   3a0384644ef629ed32949cd13168f59b_2   Eba74c845d65e2b3c595370bf7fbba5f

bookごく普通の男子高校生・歩美は、すでに死んでしまった人との再会を仲介する使者“ツナグ”を引き継ぐ途中の見習いである。 亡くなった母に会うことを希望する中年男性。喧嘩をしたまま事故で死んでしまった親友に聞 きたいことがある女子高生。プロポーズ直後に突然失踪した恋人の安否を確かめたいサラリーマン。死者との再会を望むことは、傲慢なのではないか。会いた かった死者に会うことで、人は救われるのか。その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく……。

happy01普 通の高校生が成長してゆく話としては優しい眼差しを感じる作品。誰もが一度は考えるであろう死者との再会という設定も良いと思う。   でも思ったほど  泣けなかったのは 多分丁寧にセリフで感情を説明された事と 設定に比べてエピソードが浅かったせいなのではないか・・

私的には女子高校生が 殺意を他人に話される事に怯え 死者に会いに行く話が面白かった。 「道は凍ってなかったよ」という伝言は 既にホラーであ る。(笑) 親友ではなかった。背負った十字架は自分への罪悪感である事に 意外にも一番心をつかまれた。劇中の詩がよかったので・・

「最上のわざ」 
この世の最上のわざは何? 楽しい心で年をとり、  働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、  
失望しそうなときに希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。
若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、 弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。
老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。まことのふるさとへ行くために。

;ヘルマン・ホイヴェルス

spadespadespade               spadespadespade           spadespadespade




ワンドゥギ       2011韓      監督 イ・ハン          80点

 

 Wandugi    135609761666313115522_51ibp5cupll

book高校生ワンドゥクは芸人である身体障害者の父親と貧しい生活を続けている。体罰を 辞さない高校の担任教師ドンジュを憎むが、ドンジュは一方でキリスト教の教会に足繁く通うという変わり者。そんなワンドゥクはキックボクシングの練習に打 ち込むようになるが、フィリピン人である母が初めて彼を訪ねてきて・・・・・

happy01実 に爽やかな作品。 恵まれた環境ではない場所でも 愛ある場所には尊い魂が育つ。と信じられるような・・ ワンドゥクは実に器の大きな男なのである。

障害 を持つ親、外国人の母、貧しい暮らし・・でも父思いの実に優しい子。満点ではないけれど そのどれもに愛はある事を理解している。

置かれた所で咲く。と いう事を担任は乱暴な言葉ではあるが教えている。そして・・彼は夢までも見つけるのだ。 お年頃の男の子の妄想や 初恋も織り交ぜて心晴れ晴れと・・いや あ・・実に爽やか。(笑)

spadespadespade                 spadespadespade            spadespadespade




スマグラー お前の未来を運べ    2011邦   監督 石井 克人    80点

 

  Sub1_large  Main_large

book砧涼介は役者の夢に挫折し、パチスロ店でつまらない儲け話に乗って失敗、多額の借金を背負う。砧は借金返済のた めに、秘密の運送屋=スマグラーの仕事をすることになる。運送の仕事を仕切るジョー)とジジイとともに初仕事にかかった砧だが、依頼された荷物は田沼組組長の死体だった……。             

happy02石井監督作品の集大成のような本作。マンガのような部分をふんだんに・・大変楽しめました。まあ・・相変わらず好き嫌いの偏るわけだけど・・(笑)
優 柔不断な青年 砧はどこにでもいそうな人間でちょっとした横丁を曲がり間違えて地獄へ転げ落ちる。彼の見た世界は一夜の夢のようだけど 実は凄く近いモノ なんだと思う。 安藤氏・・こんな事になっていたのですね。 キッズリターンズの頃は妻夫木氏のような美青年でした。私的には満島ひかりの心のなさ加減が 良かった!

spadespadespade                spadespadespade             spadespadespade




依頼人      2011韓   監督 ソン・ヨソン             75点

  O0500071811448601158   Irainin

book 結婚記念日の夜、ハンが急いで自宅に戻ると妻の姿はどこにもなく、彼の家は多数の警察官たちで埋め尽くされていた。寝室のベッドは多量 の血で染まっていたものの、死体も物的証拠もないままハンは現行犯逮捕される。妻殺害容疑で捕らえられた彼の弁護を、腕利き弁護士のカン が担当することになり……。 

bleah韓国映画で法廷劇は 珍しいのでは?弁護士 検事 被疑者のキャラクターが魅力的で大変楽しめました。イケメンのサンプルを見てるみたい(笑)
た だ 第一の殺人の犯行理由がサイコパスだったり 第二の殺人は口封じだったり 少々浅い感じは否めません。 極めつけは死体の移動方法 正直笑っちゃいま した(私だけでしょうか?)韓国映画独特のねっちりとした悪意をいつまでも呪う的な 醍醐味は薄れ正義感は爽やかですらありました。 テレビドラマのよう な作品だったかも・・・ 

soccersoccersoccer             soccersoccersoccer             soccersoccersoccer




六月は 学校の行事が多いのだ。

「お友達と仲良くね。」というような事が 大問題として連絡帳を行きかっていた頃は平和だったのですねー。

高校の懇談会などは 内容も深刻で 他の親御さんが 皆 立派に感じられ なんだか稚拙な我が身が申し訳なく感じられたり・・・

親って・・一体どこに向かっていくのでしょうねー。




Dscf8510

最近持ち歩いてるバックと帽子・・・

|

« 2013 5月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと。まとめ。ミニ14 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画をたくさん、紹介してくださってありがとうございます。見なくても、そのすばらしさと映画鑑賞の醍醐味が伝わってきます。以前みた「奇跡のシンフォニー」だったかな?あまり見ない映画で、私がすごく感動した映画を、あの水嶋ヒロさんも、感動した映画としてあげていました(笑)

本当に、勇気をもらえますね。わずか数時間で自分の場所にいながら、別世界に映像とともに、その世界観で、ひっぱってこころごと連れていってくれますね。

ブラックスワンは、ここで教えられたあとみました。
映画紹介は、読んでいると、自分も見てみようとか、紹介されていた映画だと思ったりします。あまり見ない映画でしたが、すこし、身近になった気がします。
ありがとうございます。

どうか、これからも、たくさん、深く、その感性と映画を愛する思いで、書き綴って教えてくださいね^^。

投稿: yukoeden | 2013年7月 4日 (木) 08時04分

yukoeden様
御加減いかがですか?
生真面目同好会部員(笑)yukoedenさん・・
(私も部員ですよー)知らず知らずのストレスやこの猛暑で体調を崩されたのでしょうか・・?
どうか くれぐれも無理をなさらず 怠ける事を恐れずに ご自愛くださいね。

映画・・って やはり観るのには時間を取らなければならないので ある種覚悟がいりますよね。
でも、何となく過ぎてしまう時間がある事を把握すると そこにピンポイントでぶち込んだりするわけです。(笑)
映画ファンの人が聞いたら邪道と怒られそうですけど・・
今はその方法しかないのかな・・などと思います。

最初は現実逃避だった時間が 私を保つためになくせない時間になっています。

自分のどこかの部分を(上手く言えないですが・・)生かしておきたいのですね・・ブログを通じて繋がらせていただいた皆さんも・・ なにかしらその部分をもっていらっしゃると感じています。

フィギュア界はゴシップで賑わっていますが 今シーズンの始まりを期待して待ちましょうねー。
王子・・早大の学生なんですよね。
学校はなかなか行けないんじゃないのかしら・・
アスリートとしては 国の宝ですが・・同世代の子供の母親としては 学生生活も貴重な時間だよねー・・と思います。

お体 大切にしてくださいね。
また。

投稿: 森おばさん | 2013年7月11日 (木) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/51904778

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 6月 映画生活MEMO:

« 2013 5月 映画生活MEMO | トップページ | てしごと。まとめ。ミニ14 »