« てしごと。まとめ。ミニ8 番外編 マカロン大行進 | トップページ | 2012 10月 映画生活MEMO »

囚われて離れない

25年ぶりに秋祭りが復活。子供たちがおみこしで練り歩きDscf7898maturi_2

 





先週だったか東京で 86歳のおじいさんがご近所トラブルから お隣のおばあさんを切りつけ 自らも命を絶ったというニュースがあった。

片目をつむっていたって もうすぐお迎えがくるであろう 良識ある人間が 人生の集大成としてはあまりに残念な決断である。

精神的な乱れの火種は 老若男女あるものだが 結果・・犯罪に結びつくような事になるには まだ幾筋かの川を渡ってからなのだと思いたい。

ひとつは魔が差す。といわれる ごく普通の人がごく普通に暮らしていたのに いつもの横丁を曲がりあぐねたがために どんどん奈落の底に落ちて行くような事。最終的なブレーキは自分でひくしかない。ブレーキがきけば・・のはなしだが。

もうひとつは・・前記の事件のようなある種の感情が 四六時中湧いてきて それに囚われて離れる事が出来ない事。近所の人は口々に事件前の2人の諍いを目撃していたようであった。もはや 憎しみは 何をしていても頭を離れる事がなかった様子である。

思うだけでも苦しい。当人だって苦しかったはずだ。歳をとればとるほど 八方が塞がってしまうのか・・ 自分をのっとられたような気持ちだったろう。


aries          clover          aries           clover          aries

町内を二周・・疲れたア。Dscf7899maturi


当番で 朝 小学生の通学路でミドリのおばさんをしている。それほど頻繁でない事もあって 私は結構 黄色の旗を振るのが好きである。まだ小さい一 年生が 黙々と歩く姿もかわいいし 小さかった見覚えのある子供たちが少しずつ成長し お年頃で照れくさそうにしたり・・話しかけてくれたりするのも嬉し い。

ついでに中学生や高校生の子供にも 見ず知らずの会社員にも、「おはようございます!」と声をかけると 皆・・返してくれる。

強引にでも 人類 皆兄弟である。(笑)

そんな気持ちのいい朝 最後の子供の後姿を見送りながら 突然ぐっと胸が詰まり 苦しくて泣きたくなってしまった。  一生懸命歩く子供を見なが ら・・ふと この子達の数年後は本当に大丈夫なのか。もしもの事が あったらどうしよう。という考えが浮かんでしまったのである。

福島で暮らす多くの人は いつも この不安に囚われ離れる事ができないでいる。何気ない 穏やかな一日でも 光の加減で姿を現すくもの糸のような感情に皆 自分をのっとられているような気持ちである。

若くても 歳をとっても 皆 自問自答し続けなくてはならない。




Dscf7830danngo

お彼岸に頂いたおはぎ。丸くて並んでいる物が無条件に好きな私。

 

|

« てしごと。まとめ。ミニ8 番外編 マカロン大行進 | トップページ | 2012 10月 映画生活MEMO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夕べも立ち寄らせて頂きました

>福島で暮らす多くの人は いつも この不安に囚われ離れる事ができないでいる。何気ない 穏やかな一日でも 光の加減で姿を現すくもの糸のような感情に皆 自分をのっとられているような気持ちである。

この部分を読ませて頂いて 何もお力になれないこと…苦しく思い夕べは立ち去りました
色々な自分の不安や迷い事に引き当ててみれば
不安感情の一部を共有出来たとしても
一生続く皆様の不安を顧みれば
無力なことの証として 雲の糸を私も又眺めるるばかりです

そんな不安を抱えていらっしゃる森おばさんの文章に
むしろ私などは笑いを戴いている有様です
いつも楽しませて下さってありがとう!

一番上のお年寄りの話 これに似た話を最近聞く機会が増えたように思います
年より全てがこんな事件を起こす訳ではありませんが
頑に持っていた自分のプライドや信念が 体の衰えとともに上手く連動してくれなくなる…ということは誰しもある様に思います
人生はなだらかな坂を下ることというよりも
ユックリと山道の石段を上っていくこと…と考えた方が良いのかもしれません
自分の体の疲れやエネルギーの補充、時には腰掛けてあたりの景色を眺めたり、地上を振り返ったりしながら
スイッチ・モードを切り替えて歩んでいく事で天国への階段を上る術を身につけていけるかも…などと これ又未経験の者の考えですが^^;
何しろ未だ人生の終着点を経験していないので…^^;


投稿: Maria | 2012年10月18日 (木) 10時31分

優しい心使い 本当に本当にありがとうございます。お気持ち凄く嬉しかったです。
誰でも 不安や迷い事はありますが それは皆 突然に実体化して 立っていられないくらい 打ちのめされる事もありますね。若いうちは そりゃー自分で何とかできるもんだと信じてましたが 大人なると この自分の小さい事。(笑)
福島の事ももちろんですが これは やはりそう感じる人が 受け止めて 傷ついて 時々紛らして 又思い出して・・何とか引き受けていかなければならない事なのだと思います。 
でも しんどいですよね。(汗)

>ユックリと山道の石段を上っていくこと

実感します。 
荷物も重くなるのに足腰は衰えて行く・・ような

でも最後の最後は 結局自分自身の心の中にだけ真実が残るような気がします。
人にウソはつけても 自分にウソはつけないので。
でもしんどいですね。(汗)

mariaさんって・・歌も歌うんですね。あっ・・
確か高橋選手の記事だったかな・・凄いです!
クラシックですか?ゴスペル?
人生をたくさんのパーツで充実させていらっしゃるんだなーー。理想です。
また そちらに 伺わせていただきますねー。

投稿: 森おばさん | 2012年10月20日 (土) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/47486860

この記事へのトラックバック一覧です: 囚われて離れない:

« てしごと。まとめ。ミニ8 番外編 マカロン大行進 | トップページ | 2012 10月 映画生活MEMO »