« 囚われて離れない | トップページ |  映画鑑賞作品 インデックス(2010下半期~) »

2012 10月 映画生活MEMO

maple秋が深くなりました。私もひとつ 歳をとりました。映画 読書にはイイ季節ですmaple

Dscf7926kake

maplemaplemaple                 maplemaplemaple                maplemaplemaple




キムチを売る女       2005韓中     監督 チャン・リュル

20080305093348

book殺伐とした中国の片田舎。キムチを売って生計をたて 息子と2人慎ましく静かに暮らす朝鮮族のスヒ。ささやかな2人の暮らしに 欲望を抱えた男達が近づく。

weep初 めて観た感覚の作品。 四角く切り取られた画面がどれも美しい絵画のよう・・ごく小さな平穏のピンク・・深く澄んだ哀しみの青。殺風景の画面の中 目に 映るものが効果的に人物の心を表している。それにしても悲しい・・無表情であればあるほど。中国人としても 韓国人としても 生きる事を許されず もはや 希望など夢見る頃は過ぎていると知っている。さらに 愛する事 ただ人間としてそこに居る事さえ失った。ある「絶望」の形。

baseballbaseballbaseball               baseballbaseballbaseball                baseballbaseballbaseball



パンズ・ラビリンス    2006スペイン メキシコ 米  監督ギレルモ・デル・トロ

20071004000ec00000viewrsz150x

326294_150x150_002

book1944年スペイン内戦下 父を亡くし 母の再婚で独裁大尉と暮らす事になったオフィリア。日々残酷で抑圧された生活の中 迷宮の守護神パンに導かれ王女となるために三つの試練に向かう。

weep「永 遠のこどもたち」のプロデュー サーで その名を知らしめた監督作品を遅ればせながら鑑賞。公開時は ファンタジーと認識していたけれど 「永遠」がサス ペンス、ホラーテイストの人間ドラマだったように 同じ深みのある物語だった。武器を持たない弱者にとっての想像力は強くあるための最後の砦。現実世界は あまりに残酷だったけれど 人としてあるべき道を成しえた少女の 唯一である人生の重さを痛感する。状況はあれど生き方を問われるようで・・


spadespadespade                spadespadespade                spadespadespade

蜂蜜       2010トルコ ドイツ  監督セミフ・カプランオール

20110511005fl00005viewrsz150x

book トルコの人里から離れた山奥に養蜂家の父 母と暮らすユスフ。神秘的な森 小鳥のさえずり 蜂の羽音 毎日が静かに 優しく過ぎてゆく・・・

happy02台 詞も 自然音以外の音も少ない世界から 少年や父母の心の中をこれほど 強く感じ取る事が出来るものなんだと 恐れ入りました。大好きな父の帰りを孤独に 押し潰れそうになりながらも耐えるユスフ。気丈に振舞いながら くずされそうになってゆく母。何事もない一日がとても貴重に思える作品。 静かな部屋で一 人で鑑賞するのがベスト。

sunsunsun            sunsunsun               sunsunsun


少年と自転車     2011ベルギー 仏 伊  監督 ジャン・ピエール・ダルデンヌ
                                      リュック・ダルデンヌ

1009514_01

book最愛の父に育児放棄され ホームで暮らす事になったシリル。突然姿を消した父を捜す事をきっかけに 美容師のサマンサが週末の里親を引き受ける事に・・・

winkさすが!!の秀作。 情け容赦なく厳しい生活が少年に襲いかかるが ただ一人 まったくの偶然が引き寄せたあかの他人の女性によって救われてゆく。
「どんな彼の事も決して見放さない。」彼女の覚悟が(コレは理屈のない本能。母性である)
彼 を見つめる優しさに何度も涙した。 劇中 恋人に「俺とこの子のどちらが大事か?」と聞かれしっかりと「この子」と答えるサマンサ。時に傷つけられながら  そのつど自らが 彼とともに後始末してゆく彼女。おそらく子供の悲しみや寂しさを 第一に考えさせる物語なのだが 私は独身の彼女に 今の世の中で薄れ たように感じる 母の強さを見た。

snailsnailsnail              snailsnailsnail             snailsnailsnail


ノーカントリー       2007米    監督 ジョエル・コーエン  イーサン・コーエン

20080105007fl00007viewrsz150x

book1980年代アメリカ西部、ベトナム戦争の帰還兵モスは狩猟の途中 麻薬売買の現場がもつれて撃ち合い 多数の死体が転がる現場に遭遇。そこから大金を持ち帰る事で 殺し屋シガーに追われる身となる。

happy01緊 迫の二時間だった。コーエン兄弟の作品は久しぶり。いつも通りの緻密な出来である。物語の主軸は三人の男。古き良き時代のアメリカに育った男ベル。ベトナ ム戦争で戦い絵空事のような栄誉を貰ったけれど定職に就くことができず 世から見放されているような男モス。そして意味もなく ただ人を殺すために殺しを 続ける男シガー。これはまさしく 現代のアメリカの歴史をみるような設定である。 三者がそれぞれに理解など出来ない細胞で出来ていて 自分の中でだけは 筋道が通っているので 作品を観る側はどうしても何らかの答えを求めたくなるが それはハナから邪道というもの。老いたベルは保安官の職務を全うする事を 断念する。 色んな意味で日本人にとっても充分怖い作品だった。

catcatcat                                    catcatcat                            catcatcat



ファミリー・ツリー       2011米    監督アレクサンダー・ペイン

1009386_01

book先祖から莫大な土地を譲り受け 自身もまた弁護士として充実した日々を過ごしていたマット。 そんなある日・・突然妻がボート事故で昏睡状態に・・任せきりだった家族の事全般を引き受けなくてはならなくなる。その上・・妻の浮気が発覚し・・・

happy01ハ リウッド映画の 終り良ければ全て良し的なハッピーエンドではなく じっくりと家族と向き合う主人公の戸惑いや痛みを誠実に描いている。クルーニーは正直 ER時代しか印象がないのだけど ごく普通の夫 父親も格好良くなく好演している。ラスト・・色々あるけど・・生活は続いて行くんだよね。という感じ!よ い作品でした。

flagflagflag                  flagflagflag            flagflagflag 

 

星の旅人たち        2010スペイン 米       監督エミリオ・エステヴェス

158915_1

bookカルフォルニアで眼科医をするトムの元に 一人息子ダニエルの訃報が届く。 スペインサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅の途中の事故であった。世界を見たいと言った亡き息子の意志を継ぎ 800キロの旅が始まる。

happy01保守的なアメリカ人のトムは 息子とは決して良好な関係ではなかった。孤独な旅の始まりは後悔や悲しみが止めどない。道のあちらこちらに現れる息子の幻影。 様々な宗教様々な国籍・・そして様々な理由で旅をしている人間との関係が彼自身を癒し変えてゆく。
結局・・人が生かされるのは 人の中なのである。素晴らしい風景。音楽。秀作です。

snailsnailsnail               snailsnailsnail              snailsnailsnail



四分間のピアニスト       2006年ドイツ   監督 クリス・クラウス

001

004

book刑務所でピアノを教えるクリューガー。ある時 受刑者であるジェニーに才能を見出す。
音楽だけを愛し 淡々と生きてきた彼女。 ジェニーもまた 誰も信じず 牙をむきながら生きている問題児である。 2人はコンクールを目指し共にレッスンをすることに・・

happy01ピアノ音楽も楽しめる繊細なストーリーと思いきや 超 体育会系の骨太な作品だった。
嫉妬心や 差別 偏見・・人間のダークな部分を鋭く描いている。ラストのピアノコンクールのシーンは 観る者を圧倒するエネルギー。有無を言わさず 引き込まれた。

snailsnailsnail               snailsnailsnail                 snailsnailsnail


ブレス        2008韓        監督キム・ギドク

 

10065125212_s

book何度も自殺を図る死刑囚、チェン。何不自由なく暮らしていたものの夫の浮気によって全てを失ったかのようなヨン。彼女は彼の存在を知り 何かできる事はないかと刑務所を訪れる。
happy01一 貫性のあるギドク ラブワールド。 いつもより多少静観できたでしょうか。(笑)「愛する」という事はいつも一方方向の身勝手な感情なのである。一人じゃ 恋愛はできないのに いつも湧き出る感情は 唯一無二自分のものでしかない。チェンを愛する同室の男は自らの愛のためにチェンを・・ ヨンは愛する夫との 愛の軌跡をたどるために逢瀬を重ね おそらく妻子を殺めたチェン自身も愛するゆえの死刑囚なのだ。 今回もある種 純愛。四季の移り変わるさまはキタノ映 画「ドールズ」を思いだした。

horsehorsehorse                                   horsehorsehorse                                  horsehorsehorse




人生に乾杯          2007ハンガリー     監督ガーボル ロホニ

001

bookハンガリーの老夫婦エミルとエディ。年金生活は困窮し日々の暮らしは乾ききっていた。そんなある日 延滞金の取りたてにやって来た男たちに 2人にとってドラマティックな出会いの象徴であるダイヤのイヤリングを取られてしまう。 怒れる老人エミルは郵便局強盗を実行する。

happy01国 の歴史によって運命を右往左往させられた男女のシニカルで実に愛らしい映画だ。 老人を哀れと思う事自体 偏見なのかもしれない。年齢を考えるあまり 様々な事を諦めてしまう事で夢や愛までを手放す事はないわけだ。ラストが ボニー&クライドでないところが長 年連れ添った夫婦という証なのかな・・青春。というより 熟れる春というところ。

maplemaplemaple              maplemaplemaple               maplemaplemaple



サイボーグでも大丈夫     2006韓    監督 パク・チャヌク

002

book新世界精神病院に 新しい患者が入所してくる。 彼女は自分の事をサイボーグと思い込み 食事も取らず日々 乾電池を舐め生活。同所患者のイムスンは ある日彼女から「同情心」を盗んで欲しいと頼まれる。

happy01何も考えずに童心のまま 鑑賞すべき作品。 自分の存在理由なんて 究極のテーマを投げかけておきながら随所を煙に巻く遊び心である。彼女の妄想 サイボーグになって 巻き起こすシーンは 監督ならではの上質なシーンだ。 正直 少々疲れたかな?(笑)

horsehorsehorse           horsehorsehorse               horsehorsehorse



PARIS          2008仏   監督 セドリック・クラピッシュ

001

bookある日 余命宣告をうけた青年ピエール。 彼を案じ子供をつれ同居生活を始める姉。丁寧に生きていなかった事を後悔する彼だが 命の制限を受けた事で 目に映る風景や人に 今まで無かった感情が生まれる。

winkフ ランス映画の極み。鑑賞後にじんわりくる作品。不満も哀しみも 明日があるという前提で与えられた感情であり しあわせであるという事に気づかされる。あ る日弟は明日はここにいないかもしれない。という現実をたった一人で受け入れなくてはならなくなった。疎遠の姉・・気持ちを伝えられなかった初恋の女の 子。別れてしまった元カノ。彼の心にたくさんの人との関係が浮かぶ・・それでも現実は変わらない。昨日まで気にもならなかった多くのパリの人たちの小さな 日常・・「人生を簡単に暗くしないで。楽しむ努力をして。」姉への言葉が染みます。

heart01heart01heart01               heart01heart01heart01               heart01heart01heart01



脳内ニューヨーク        2008米    監督 チャーリー・カウフマン

004

book仕事にも夫婦生活にも行き詰まりを感じた舞台脚本家ケイデン。ある賞を獲得し その賞金で今までに無い壮大な舞台劇を作り上げる事に挑戦。身の回りの出来事から年月も数十年・・舞台も街丸ごと。膨張は続く。

happy01作 り手に同化して人生を考えるべき作品。何かしらの表現をするとき 構想は頭の中を果てなくふくらんでゆくが ばっさりと切り捨てたり省いたりする作業こそ が要となる事に気づかされる。しかし・・本作その過程を可能な限り 映像に落とし込む。笑える。大昔にニューヨークに行った時 若手のミュージシャンが 20人程の人間に番号を振って ランダムに差し 何かしらの音楽を作っていくというライブを観た。実験をする事も ひとつの作品なんですね。 それにして も・・全編に渡って「死」を感じます。 どうせ・・死ぬのだから。という開き直り。 それを言いたかった。って事っすかね。(笑)

spadespadespade                spadespadespade             spadespadespade    

Dscf7925kake2

お祝いに某ワールドビュッフェに連れて行ってもらいました。バイキングとはいえ 欲張りすぎ。(笑)


|

« 囚われて離れない | トップページ |  映画鑑賞作品 インデックス(2010下半期~) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます。
家にも一人、誕生日の人がいました。
映画生活MEMO楽しみに拝読しております。
「パンズ・ラビリンス」だけしか観たことがありません。
先日長男が、レンタルビデオ店に行く時
「何か借りてきてあげようか?」
と言ってくれたのですが、作品展前なので
「いい!観てる(心の)余裕がない!」
と断ってしまいました。
作品展が終わったら、観たいリストを作って、観ますね!?
森おばさんのMEMOを参考に!

投稿: 縫い工房 | 2012年11月 1日 (木) 04時55分

Oh〜!これだけ映画を観ていらっしゃるとは お元気ですね^^
人生に乾杯 - ラストシーンには涙が溢れましたよ
老夫婦の愛ある関係と深い繋がり - あ・うんの呼吸
同時に ここまでの決心をしなければならない老夫婦の置かれた環境は誰のせい?っていう感じでしょうか

お子様方を学校へ送り出すと映画鑑賞タイムがあるのですね
羨ましい〜です

お誕生日おめでとうございます♪
一つ年を重ね 更なるご健康 ご活躍をご期待申し上げます
blog 上で饒舌に語られ 更に笑わせて戴ける事を来たいしながら

投稿: Maria | 2012年11月 1日 (木) 09時18分

縫い工房さま
作品展 楽しみですね。追い込みは大変。私も学生の頃 課題におわれ 布とともに朝をむかえ 記憶を飛ばしたりしてました。(笑)
モノつくりは (心の)余裕がないとダメですよね。完成を急いでかえって苦しくなる事も多い私ですが・・
でも・・縫い工房さんの作品で多くの方が癒されるのですもの・・お体に気をつけて頑張ってくださいね。
今月は もっとも邪道とされる鑑賞法 キレギレに巻き戻して・・(汗)をして数だけ観ました。
何か 心に刺激を与えないと苦しい。(笑)という強迫観念みたいで 病んでます。(笑)

投稿: 森おばさん | 2012年11月 1日 (木) 12時42分

maria様
子供たちが学校に行ってしまうと ほぼダメ人間になってしまう私です。(笑)許されるのなら外出もしたくないくらいです。
義母の送り迎えや雑用で終ってしまう事もしばしば・・有効的に時間が使えないものでしょうか・・
夜 子供就寝後 夫帰宅前に映画を鑑賞し 案の定途中 うとうとして・・画面ストップ。
そのまま 子供向きでないシーンが 子供の目の前に現れるという事もあったりして・・(汗)
映画好きのカテゴライズから 離れまくってます。(笑)
mariaさんはご自宅でお仕事されるのですか?
お忙しかったり セーブされたりと・・
フリーのお仕事なのかなあ。なんて想像しますが・・
「人生に乾杯」はmariaさんのご紹介で鑑賞しました。秀作でしたね。
でも・・私はラストは泣けませんでした。当然「俺達に・・」や「テルマ・・」のようなラストを想像していたのですが・・やられたーーー!という感じ。 感想がそれぞれなのも面白いところですね。

投稿: 森おばさん | 2012年11月 1日 (木) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/47329812

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 10月 映画生活MEMO:

« 囚われて離れない | トップページ |  映画鑑賞作品 インデックス(2010下半期~) »