« 記憶 | トップページ | 夏風邪 »

2012 8月 映画生活MEMO

本当に久しぶりに映画館で映画を・・
五人の子どもと一緒なので アニメではあるが・・(笑)
何年・・ご無沙汰だった事か・・
でもやはり大スクリーンはいいですな。


やさしい嘘   2002仏 ベルギー グルジア   監督 ジュリー・ベルトウチェリ

001

book小さな国 クルジア 娘と孫と慎ましく暮らすエリカおばあちゃんは パリに住む一人息子オタールからの知らせを心の支えとして生きている。しかし・・息子の訃報が・・ 娘と孫は 彼女の悲しみを思い彼が生きているように嘘をつき続ける。

wink家族からの嘘。 そしてその家族を思うエリカおばあちゃんの嘘。 旅立つ若者の嘘。と まぎれもなくテーマは嘘であるが これは絆という言葉にそのまま置き換えられる。異なった年代の 様々なものからの自立というストーリーも話しに深みを増している。

spadespadespade             spadespadespade             spadespadespade
おおかみこどもの雨と雪     2012邦画   監督 細田 守

Main_large

Sub10_large

book大学生の花。 ある男性とごく普通に出会い 恋に落ち 家庭を作り 子どもを授かる。普通でなかったのは 彼がおおかみ男だった事。

happy01前 作サマーウォーズのワクワク感が抜けきれず 書き下ろしとの事もあり期待大。家族がテーマという事は前作と同じであったが しっとりと大人向けの本作で あった。主人公の成長に加え子どもたちの自立も同時進行してゆくが 鑑賞後 もしかしたら 前向きな登場人物が一足歩むごとにふと振り返る決別の連続のお 話であったのかと 思わされた。そうなんだよなあ・・生きる事は別れることなのです。

diamonddiamonddiamond             diamonddiamonddiamond              diamonddiamonddiamond
人生はビギナーズ        2010米   監督 マイク・ミルズ

Sub1_large

book母をみとり残された父は突然息子にゲイである事を告白。残された日々を心の向くまま生きる事を宣言する。

happy01ユ アン マクレガーはこのところ実に勢力的である。 トランスポッティングの頃はやや苦手だったのに いつの間にか彼の作品は大体観ている。演者としての実 力が観る側を安心させるのかも。本作は父の生き方を傍観しながら人に容易に心を開けないナイーブな青年の変化を実に優しく演じている。 小さな一歩が明る い方向への歩みであるように 誰もが皆 願っている。そういう意味でのビギナーズなのでしょう。

clubclubclub           clubclubclub              clubclubclub

贖罪         2012WOWOWドラマ     監督 黒沢 清

Syokuzai1

book 15年前の少女殺人事件。未だ犯人は分からない。犯人を目撃した少女の同級生四人に被害者の母は 犯人を追及するかそれと同等な贖罪を迫る。それぞれに罪悪感を背負いながら生きている女性たちと 事件の真相が明らかに・・

confident暑 い夏に 全てが萎えてしまった私。インパクトのあるストーリーを・・と目に留まったのがキョンキョンの怖いアップであった。イメージや構成も「告白」に似 た物があったが 黒沢好きの私としては 終始くらーい閉塞的なカットが多く 満足であった。 ざっくりいえば被害少女の母である麻子さんが断トツに 観念 的にも罪深いと思うのだが罪を背負う事が許されない事も罪悪感があるなら 過酷である事は間違いない。

spadespadespade                     spadespadespade                    spadespadespade

家族X       2010邦画         監督 吉田 光希

205933326cb90200f4906cd1b1b07194

book東京郊外 どこにでもありそうな家族の物語・・ 潔癖に家事をこなす妻 リストラ寸前の夫 フリーターの息子。お互いを見失ってから会話らしいものもなく それでも日々は続いてゆく。それぞれに辛い日々の中妻は追い詰められてゆく。

confident若き監督らしい 描きたい世界を正面からやり抜いた感じがする。台詞らしきものは殆どなく 言葉がそれほど必要でない意味も理解できる。 ただ沈黙が長いなあ・・やっぱり。(笑)ボレロのように繰り返される日々。もう少しだけ味付けが・・それをしないのが若さ(笑)

sunsunsun             sunsunsun           sunsunsun 

薬指の標本     2005仏 邦       監督ディアーヌ・ベルトラン

116097087615827732

116097089515531905

book勤めていたサイダー工場の事故で薬指の先を切断してしまったイリス。新しい街で仕事を探し 標本製作所に勤める事に・・そこは過去を封じ込めたい人たちの様々な品が集まる不思議な場所だった。

confident小川洋子氏原作フランス映画・・という事でその世界観がどう描かれているのか興味深々であったが 幻想的で美しく違和感なく鑑賞できた。分かりやすいストーリーではないけれど観る者が共感できる世界に。意外といってはなんだけど秀作です。(笑)

thunderthunderthunder          thunderthunderthunder              thunderthunderthunder

暑い夏がほんの少しだけ追いやられるのを 朝早く感じるようになった。

廃品回収・・除草作業・・ 秋祭りの町内会議など 週末も早起きを強いられていたのでこの感覚だけは その褒美かも。


|

« 記憶 | トップページ | 夏風邪 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

夏休みお疲れ様でした
隣の市の映画館の何とか会員になっていて、女性は平日1000円で映画を観られるというのに、まだ、一人で映画に行ったことがありません(T_T)夏休み中も、双子連れで「メリダとおそろしの森」を観に行っただけです。一体、いつになったら何とか会員を有効活用できるのでしょう?
「おおかみこどもの雨と雪」は、設定が一橋大学らしく、国立の駅前のお店など、映画の予告をちらりと観ただけで、見知った風景が出てきて不思議な感じがしました。
ドラマなどでも、一橋大学は良く出てきますが、アニメなのに現実の風景と同じなのでした。
ところで、森おばさんの映画MEMOを拝見して、いつも「あ、これ観たいな!」と思うものの、レンタルDVDでさえうっかりすると観ないうちに返却日が来てしまうのです。もうちょっと、頑張って映画も観るように努力しますね~♪

投稿: 縫い工房 | 2012年9月 5日 (水) 00時12分

縫い工房様
そちらも夏休みお疲れ様でした。長かったですねー。(笑)
しかし 二学期が始って間もないのに 毎週早起きで保護者仕事がーー 明日は一日参観日であります。
双子が特設合唱部で 夏休みはほぼ練習でした。
正直・・とっても助かりましたよ。(汗)
かいあって 今年は金賞がとれたので おだててあと一年頑張ってほしいともくろんでいます。
でも・・全部員中 男子は二名なんですよね。
お年頃なのか・・少しだけ大人の女子に様々な事でからかわれて ぶーぶーいってます。(笑)
女子にかまってもらえるなんて・・この先 そんな恵まれた事ないと思うんですがね。(笑)

映画鑑賞って気持ちがあっても 時間を取るのが難しいですよね。
私も ほぼ意地です。死守しないとあまりに雑用だけの日々になってしまって・・(汗)
冒頭から睡魔に耐えられず気がついたときは エンドロールなんて事もたびたびです。
読書だって すいすい読んでいた若い頃を遠い目で思い返します。何度も既に読んだ箇所を繰り返して読んだりしてかなり時間を要します。(笑)
ささやかですが たくさん本が読めて 映画館で映画を観れて 美術館に思う存分通えたら・・それが私の夢です。
「おおかみこども」そうなのですねー。一橋大学なのですね。主人公のハナは父母を小さいときに亡くし祖父に育てられ 奨学金で進学しバイトで学生をしている苦労人の設定です。
学校でおおかみ男と出会い すぐに学校どころじゃなくなるのですが・・そう思うともったいないですね。(笑)
子どもが自立しても30をちょい過ぎた年齢なので・・復学できるな・・なんて物語の続きをもうそうしてしまいました。
お恥ずかしいですが 号泣でした。
ビデオレンタルでも感動できる作品なので お薦めしますよ。
まだ残暑が厳しいですね。
緑の多い素敵な街に御住まいの縫い工房さん・・
お互いに頑張りましょうねー。

投稿: 森おばさん | 2012年9月 7日 (金) 19時04分

(^0^)ノおはようございます。

この中の映画、見事に、どれも見ていませんが、
説明で、たっぷり、楽しめました。

映画を愛して、映画のなかの世界観のようなことを感じられることを
すごく素敵なことだとおもいます。
いつか、監督でみたりするとも書いておられましたよね~。

映画は、映像、音楽、そして、もちろんストーリがあって、何回でも見られる
すごい文化だとおもいます。

私は、最後まで、眠らずに見ることが大変だったりします(笑)

あ、でも、「アバター」は、何回もみましたよ!


投稿: yukoeden | 2012年9月12日 (水) 09時34分

yukoedenさま
毎日暑いですね。
お元気そうで何よりです。
映画は 気持ちがあっても 二時間近くも時間を占領されるので大変ですよね。
邪道な見方ですが・・私も細切れで鑑賞する事があります。
でも・・力のある作品はどんな見方をしても・・まあ監督にとってはやめて欲しいに違いないですが(笑)時間ごと持っていかれる感じで 何をしていても画の続きをみているような時間が流れます。
どんなに長生きしても100年ぐらいの生き物ですから まあ・・可能ならば心を揺らすチャンスを逃したくはないですけど・・

ドイラー博士のインタビュー・・とても興味深かったです。
人間の悩みなんて大局的に見れば小さい事ですね・・都合よく解釈して気持ち楽になりました。
カメラマンの浅井新平さんだったと思いますが
どんな人も息絶えて荒野で埋葬されれば 二時間で無くなる・・と仰っていて・・それを聞いた時も同じような気持ちになりましたが。(笑)

そうそう・・アダムは 今回クイーンには参加してなかったみたい。wildroseさんに教えていただきました。良い組み合わせと思ったのですが・・

フィギュアもシーズン到来ですね。
楽しみです。
みなあんさんが 高橋選手と目があったとの事・・テンション上がりますねーくううう。
また みなあんさんの現地レポート・・mariaさんの考察など聞ける日々が近づき 嬉しい限りです。
残暑を乗り切ったら・・という感じかな?
お体ご自愛下さいね。

投稿: 森おばさん | 2012年9月14日 (金) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/46636176

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 8月 映画生活MEMO:

« 記憶 | トップページ | 夏風邪 »