« 2012 1月 映画生活MEMO | トップページ | はいから »

ピーナッツとユーモア

Dscf7311kaito

「ママー。皆に ピーナッツみたいだって言われたよ!」gemini
末息子は社会から戻ってすぐ不機嫌である。
何のことだかすぐに分かった私。
週末に 男三人の散髪をちゃちゃっとバリカンで済ませた。
それに対する歯に衣着せぬ世間の評価である。世間は思う以上に厳しい。

少し前まで 三人を連れ 知る限り一番リーズナブルな床屋に通っていた。
細胞分裂が活発な彼らの髪の伸びる早さは驚くほどで 面倒くさがる彼らを連れて行く事の面倒くささに(笑)耐えかね 自らバリカンを持つ事とあいなった。

意外にも 繊細な夫のバリカンさばきに 尊敬はしても 気の短い私は目を盗んで思い切り仕事をさせてもらう。
雪崩落ちる 黒い波。 快感である。

そう・・私は・・いい大人になってから本気で「植木職人になりたい。」と考えた事を思い出す。
色々調べて 時間的にも 残りの人生をかけるほどの覚悟がいると知って断念した。
自然に存在する物に沿って 手を加える事の醍醐味。それを想像してうっとりした。
縁側で「ちょっと休憩して下さい。」と家主に言われ茶をすする粋な自分を想像しうっとりした。

まあ・・それはさておき(笑) 散髪は庭にある植木をすっきりとさせる仕事にちょっと似ている気がした。職人魂をかけ(職人じゃないけど) 仕事に取り組み そう評価されたのだから真摯に受け止めなければならない。

そういえば以前・・次女の散髪をした時も マッシュルームカットにしたつもりが 「鈴カステラみたい。」と毒舌長女に評価され 本人に泣かれた経験がある。 と言う事は・・あまり 評価に対して謙虚さがたりなかったのかも。反省。


さて・・双子弟が帰宅するなり 「ピーナッツみたいって言われたんだ!」geminiと 不機嫌な末息子は、再び兄に訴える。

「ピーナッツはピーナッツでも亀田のピーナッツだぜ!」geminiと言い返せ。とアドバイスする彼。

「おお。ピーナッツ界のエリートだと切り返すなんて 腕をあげたじゃないか。」と思わずヤヤうけする親ばかな私。

どんな逆境も ユーモア(ちょっと高級すぎる言い方だけど 笑)で渡り合ってほしいと常々望んでいる。もし才能が少しでもあるなら 周りの緊張を「上手い事いうなあ。」と思わせながら空気を緩められる人であってほしい。

苦境に立たされ 緊張を緩める事が いかに大切かを学んだのである。

ハリウッドの戦争映画で ズタボロになりながら敵に向かっていく主人公が 「ランチはチャーリーの店で食おうな。」なんて言うみたいに・・・

三粒のピーナッツよ。笑いながら強くあれ。(結局ピーナッツかあ。ごめん。笑)gemini


|

« 2012 1月 映画生活MEMO | トップページ | はいから »

こども」カテゴリの記事

コメント

出来てますよ~。森おばさん様のお子さんたち。
ユーモアが抜群で、文字を追うだけでも
「ぷぷっ」って思わず顔がほころびますもん♪
それに森おばさん様も、3粒のピーナツ君たちに負けず劣らず☆
いつも楽しませて戴いてます^^

植木職人いいじゃないですかー!!
今からでも遅くはありませんよ。きっと!
偶然ですが、実は私も娘にずっと言っているんです。
「お母さんね、職人になればよかった」って。

人からは「人見知り」だと思われない私ですが、
実は一人で黙って仕事するのが好きだと気づいたのが
30代で再就職したころ。
私も頑張ろうかな☆

余談ですが、「ハリウッド映画のユーモア」というところで思い出しました。
イケメン兄弟で人気の「スーパーナチュラル」という海外ドラマを観ていたら
当日のゲスト女優に何だか見覚えが。でも思い出せず
死闘を繰り広げた末、とうとうラストになり一件落着。
主役の二人の「腹減った。何か食べる?」「グリンピースとか?」
でやっと思い出した私。ゲストの女優は「エクソシスト」の主人公リンダ・ブレアだったと(((゚Д゚)))

投稿: wildrose | 2012年2月23日 (木) 11時00分

wildrose様
レスが遅れてすみません。この時期はいつも慌しく小心者の私は約束や予定に漏れがないか 期日を通過するまで心に靄がかかってしまいます。(汗)
町内会の班長も今月で引き継がれます。gawkwildroseさんも 本当にご苦労様でした!本年度は原発事故の影響で通常行事も変更が多く除線作業がそれぞれの団体で行なわれたり 悲しいけど印象深い一年でした。正直 面倒ではあるけれど 人の集まる所に出向けば 世代の違う人の声も聞けるし皆・・不安は大きいなあ・・と団結が生まれますね。

小人の靴屋さん。凄いですねー!
本当に 職人気質をヒシヒシと感じます。(笑)
次はどんなデザインの靴が出来上がるのかと思うと 私までもが心が躍ります!
あっ、でもあまりコンをつめないでくださいねー(笑)
息子たちですが 三人で並んで寝ていると まるでさやえんどうのようです。
少しでもムラを見つけると すぐに刈り込みたくなっちゃうんですよねー。
これも職人気質? そうそう・・ポメラニアンが刈り込まれて柴犬のようなフォルムになっているのを見かけましたがあれは・・正解なんでしょうか?まあ・・かわいいんですけどね。(笑)

投稿: 森おばさん | 2012年2月29日 (水) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/44201515

この記事へのトラックバック一覧です: ピーナッツとユーモア:

« 2012 1月 映画生活MEMO | トップページ | はいから »