« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ピーナッツとユーモア

Dscf7311kaito

「ママー。皆に ピーナッツみたいだって言われたよ!」gemini
末息子は社会から戻ってすぐ不機嫌である。
何のことだかすぐに分かった私。
週末に 男三人の散髪をちゃちゃっとバリカンで済ませた。
それに対する歯に衣着せぬ世間の評価である。世間は思う以上に厳しい。

少し前まで 三人を連れ 知る限り一番リーズナブルな床屋に通っていた。
細胞分裂が活発な彼らの髪の伸びる早さは驚くほどで 面倒くさがる彼らを連れて行く事の面倒くささに(笑)耐えかね 自らバリカンを持つ事とあいなった。

意外にも 繊細な夫のバリカンさばきに 尊敬はしても 気の短い私は目を盗んで思い切り仕事をさせてもらう。
雪崩落ちる 黒い波。 快感である。

そう・・私は・・いい大人になってから本気で「植木職人になりたい。」と考えた事を思い出す。
色々調べて 時間的にも 残りの人生をかけるほどの覚悟がいると知って断念した。
自然に存在する物に沿って 手を加える事の醍醐味。それを想像してうっとりした。
縁側で「ちょっと休憩して下さい。」と家主に言われ茶をすする粋な自分を想像しうっとりした。

まあ・・それはさておき(笑) 散髪は庭にある植木をすっきりとさせる仕事にちょっと似ている気がした。職人魂をかけ(職人じゃないけど) 仕事に取り組み そう評価されたのだから真摯に受け止めなければならない。

そういえば以前・・次女の散髪をした時も マッシュルームカットにしたつもりが 「鈴カステラみたい。」と毒舌長女に評価され 本人に泣かれた経験がある。 と言う事は・・あまり 評価に対して謙虚さがたりなかったのかも。反省。


さて・・双子弟が帰宅するなり 「ピーナッツみたいって言われたんだ!」geminiと 不機嫌な末息子は、再び兄に訴える。

「ピーナッツはピーナッツでも亀田のピーナッツだぜ!」geminiと言い返せ。とアドバイスする彼。

「おお。ピーナッツ界のエリートだと切り返すなんて 腕をあげたじゃないか。」と思わずヤヤうけする親ばかな私。

どんな逆境も ユーモア(ちょっと高級すぎる言い方だけど 笑)で渡り合ってほしいと常々望んでいる。もし才能が少しでもあるなら 周りの緊張を「上手い事いうなあ。」と思わせながら空気を緩められる人であってほしい。

苦境に立たされ 緊張を緩める事が いかに大切かを学んだのである。

ハリウッドの戦争映画で ズタボロになりながら敵に向かっていく主人公が 「ランチはチャーリーの店で食おうな。」なんて言うみたいに・・・

三粒のピーナッツよ。笑いながら強くあれ。(結局ピーナッツかあ。ごめん。笑)gemini


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012 1月 映画生活MEMO

2月も半ばを過ぎ カレンダーには 心は躍らないけれど こなさなくてはならない予定が並ぶ。
毎日見ているのに 何故頭に入らないのか・・ いつも 「この日は○○でしょー。」と人に言われ気がつく私。
相当頭が悪くなっている。
いや・・しかし 仕事で毎日 うなされていた頃も いつもシステム手帳にしっかりと書き込み済んだものに 一本ずつ線を引いていたっけ・・
そうする事で どんなに忙しくても 汗にタオルをあてることが出来ていたように思う。そうか・・もともと頭は良くなかったんだ。(笑)

オーケストラのマエストロのように一度に沢山の音を聞き分けられる能力が・・ サッカーの監督のように広いコートを見渡せて作戦を練れるような才能がないのだから仕方ない・・
地道に悪い頭を叩きながら 生きてゆくしかない。
さて・・そんな私。1月の事なんざー・・忘れちゃってるわけだ。
何とか記憶をたどり まずはここから地道に記録してみる。(笑)



ミスターノーバディ    2009  仏独ベルギー カナダ  監督 ジャコ ヴァンドルマル

1008876_01

(ストーリー)2092年、化学の進歩で永遠の命を持つようになった人類。118歳のニモは唯一 最後の命に限りある人間として その最期を大画面 で中継されている。死というものを知らない人類。彼の過去など知る由もない。ベットに横たわった彼の脳裏に人生の断片がフラッシュバックしてゆく。

happy01好 き嫌いはあるのかもしれないけれど 私は好きだ。まず この気の遠くなるような リプレイの世界を視覚的に再現するチャレンジが凄い。隅々に美的セン ス・・というと軽いけれど 必ずこう撮りたいという監督の執念が見れる。人生の選択は生きている限り止めどなく繰り返される事であるが どの道を選んだと してもそれぞれに意味がある。たとえ結果が悔やまれるものであっても それにすら意味のある事だと感じられる。誰もがふと考える「あの時 あちらを選んだ ら・・」という小さな後悔をしつこいくらい苦労を重ねて 映しだしているのに  こう在らねばという結論はすべて見る側に投げられる。 太っ腹だ。と思 う。

snowsnowsnowsnow    snowsnowsnowsnow    snowsnowsnowsnow    snowsnowsnowsnow

光のほうへ     2010デンマーク  監督 トマス ヴィンダーベア

1008910_01

(ストーリー)母親はアルコール依存・・最悪な環境で心に傷を負いながら愛を知らず育った兄弟。互いにもがきながら成長したが 離れ離れに生きている。母親の葬儀をきっかけに顔を合す2人・・お互いだからこそ分かる悲しみに触れ なんとか立ち直ろうとするのだが・・・

happy01最 初とラスト光が感じられるのはこの2カット。だからこそ彫刻をみるような光の陰影が心に深く刻まれる。少しだけグレーのスモークがかかったような画面から 主人公の絶望や焦燥が感じとれる。長いトンネルをいつ通過できるのか観る側も辛い作品であったが ラストの小さな光が 続く事を願わない人はいなかったろ う。同時に身近に 子供を取り巻く環境が劣悪な場所が存在する事を忘れてはならないと思った。

cloudcloudcloudcloud    cloudcloudcloudcloud    cloudcloudcloudcloud    cloudcloudcloudcloud  

名前のない少年 脚のない少女 2008ブラジル 仏  監督エズミール フィーリョ

T0009602

難解との声も多い本作。 監督の意図するところとは違うかもしれないけれど 私には懐かしく忘れかけた青春の 独りよがりな感じが心地よい。 いつ か・・ミスタータンブリンマンが迎えに来る。なんて事は 田舎のロック好きの少年少女は妄想したし(笑) 都会にゆけば全てが終わって全てが始まるなんて 事も本気で考えた。違うとすればインターネットが人を結ぶ事だろうか・・・このては ストーリーを解かなくてもいいんじゃない?

sunsunsunsun    sunsunsunsun    sunsunsunsun    sunsunsunsun

赤ずきん    2011米 カナダ  監督 キャサリンハードウイック

T0010025

寓話や童謡には じつは・・陰の解釈がある。なんて話は良く聞く話である。 イソップやグリムの戒め的な展開に幼心は縮みこんだものだ。本作も よく知られるストーリーとは別にブラックな部分が多い。娯楽作としてはもう一ひねりほしいところ。

baseballbaseballbaseballbaseball    baseballbaseballbaseballbaseball    baseballbaseballbaseballbaseball    baseballbaseballbaseballbaseball

CHLOE クロエ  2009米カナダ仏     監督アトム エゴヤン

T0010010a

アマンダ セーフライト 「マンマ ミーア」や「赤ずきん」とは違う魅力全開!美しさが増すほど悲しみが際立つ。個人的にはラストのジュリアンムーアの髪にさされたシルバーが涙。

golfgolfgolfgolf    golfgolfgolfgolf     golfgolfgolfgolf    golfgolfgolfgolf

軽蔑   2011邦画     監督  廣木隆一

315x210

中上健次の世界は 文学の中の方が感じるところが多い。体当たり演技ではあるが 主役2人のバランスの悪さが最後まで気になって集中できなかった。
rainrainrainrain    rainrainrainrain    rainrainrainrain    rainrainrainrain  

裁判長!ここは懲役4年でどうすか?  2010邦画  監督 豊島 圭介

5433aa8a205addcbcb1e3ae0284ac2ed

バナナマンの設楽氏、 アンジャッシュの小島氏は 以前から役者やらないかなー?と思う芸人だった。 友達に一人くらい必ずいそうなルックス。普通の人を演じられたら素晴らしいと・・やはり同じように思う人がいるもので このところ2人。好調!
原作が面白いだけに 中だるみ感が否めない。期待外れ。
snailsnailsnailsnail    snailsnailsnailsnail    snailsnailsnailsnail    snailsnailsnailsnail

メタルへッド    2010米 監督スペンサー サッサー

20110514_916843

Metalhead01

お下品なセリフで笑った笑った。最後まで分からなかったけれど主人公ヘッシャーは「500日のサマー」のジョセフ・ゴードン・レヴィット。好きだったのにーー・・(笑)メタルのミュージシャンは皆 こんなイメージなのか?愛あるお馬鹿かげんが愛しい。

catcatcatcat    catcatcatcat    catcatcatcat    catcatcatcat

ソリタリーマン  2009米  監督ブライアン・コッペルマン

93a89421s_2

久々のマイケルダグラス! 悲壮感のある親父をかっこよく演じている。もっとかっこ悪ければ作品が生きたはず。 スーザンサランドンある時から変わらない。凄い。

spadespadespadespade    spadespadespadespade    spadespadespadespade    spadespadespadespade

水曜日のエミリア   2009米 ドン・ルース

1008988_01

「メタルヘッド」あたりからオスカーまで 女優として模索中の頃の(おそらく) ナタリーポートマン。甘いも辛いも演じるわよ!という心意気さえ感 じるが ナチュラルさが感じられ 彼女の等身大とさえ思わされる。私はこのナタリーが好きかも。ドラマに現れるようなポップな女性主人公だが 心理描写は なかなか難しい役どころ。素晴らしかったと思う。


2012最初の映画MEMO。今年も心の拠り所として 地道に書き残したい。

※公式ホームページのあるものはタイトルをクリックすると繋がります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ヴァレンタインデー

Dscf7308tyoko

数年前 アメリカ在住の親友から届いたエアメール。 ハートのキルトです!




昨日は ヴァレンタインデー。学校から帰るなり 双子は「○○くんの下駄箱にチョコが入っていた!」とはしゃいでいる。

また、ブラブラしてたら 「○ちゃんが ○くんにチョコをあげるところに遭遇してしまった!」と・・ますますはしゃいでいる。

部外者の立場でよくもそれほど高揚できるものかと思う。

「それで君たちは・・どうだった?」と一応聞いてみる。

「もちろん。もらえるわけないじゃない!」と2人して こんな時は仲良しである。

学校で女性と男性の成長の違いなどを学び 突然「ママと一緒に お風呂に入るのも卒業しようかな。」と言い出したり 今まで気にならなかった事にも興味を持ち始めている彼らだけど 目の前でおこる 微笑ましいラブな物語には まだまだ距離があるようだ。

愛情を込めてチョコを差し出すと・・

「今年は おばーちゃん。 ママ。 ひいちゃん(姉) ふうちゃん(姉)の四人から貰えた!」と色白なほっぺは赤らんで 目は少女漫画のようにキラキラで 丁度 チョコに恋をしているような・・ 幸せの顔そのものだ。

チョコ よっつでこれほど幸せ顔をしてくれる。そうそうない。

いい時間を味あわせていただいたもんだ。ご褒美 ご褒美。

例にして 彼らはそこからがくどい。「今日はいくつ食べようか・・ 何日で食べきれるか ママは何日だと思う? A--B--とクイズにまで発展し たり・・ チョコを食べて鼻血が出るのは迷信だとか・・ 雪山で遭難したときあなたなら 何をもっていくか Aチョコ・・Bバナナ などなど 話は続く。・・・(笑)

面倒くさいけど今日は聞いてみる。

「もし・・チョコを親族以外から貰える時がきたら 教えてくれる?」

「おお!もちろん教えますともーー!」と彼ら。まだまだラブな物語には遠い。

でも 母は知ってるよ。

きっと教えてもらえない事。

 

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

てしごと。まとめ。ミニ4

幼稚園 小学校 中学校の卒業 入学の季節も目前。 そして受験。
何かと 呼び出しや準備も多く 根が怠け者の私は気持ちだけ忙しい・・
昨日も 末息子の小学校用の袋を製作中・・
夕飯の残りの唐揚げを男たちがつまみ食い。
「きちんとお箸を使って座って食べてね。布が汚れたら嫌だから・・・」
と言ったか 言わぬかのタイミングで 案の定転がるから揚げくん。・・布に油のシミがーーーーーー。
分かってはいた。私にも落ち度はある。 しかーし・・反省の色が微塵もない奴ら。
思わず手元のお皿を宙に投げる。(夫にも投げた事ないのに。)
断じて外して投げたはずのお皿が 双子弟の頭に運悪く ボコリ!!!
可愛そうに 立派なたんこぶが出来てしまう。あわてて水道に走り冷やす・・何度も謝る私。
そう・・私は森おばさん・・などと平和ネームを名乗る資格のない女なのだ。熱しやすいのだ。後先考えないところがあるのだ。
幸い・・大事に至らなかったが 自己嫌悪だけつのる。
作り終えた リュックに残った油のシミを見る度 今日を思い出すだろう。

そのいわくつき 作品。(笑)

Dscf7304kai

Dscf7302ryku

Dscf7300ako

Dscf7301kutu

上から 体操服を入れるリュック。 鍵盤ハーモニカのケース。 上履き入れ。
縫い工房さんが 紹介されてた本(小さな青い刺しゅう・グラフィック社)の刺繍を図書館で借りて使いました!

Dscf7263neko

キャンディを入れる巾着。

Dscf7262fune

これも・・前記の本の図案です。 写すのが面倒で手書きですが・・(笑)
子供たちの絵も少し・・去年の誕生日に書いてくれたもの。

Dscf7305kaito

末息子。ああ・・ただただかわいい。

Dscf7306fuuka

次女。まだ優しく描かれている私。大人よのー。

Dscf7307gakuiku

そして・・いつも私に怒られている双子。絵にも・・よく表れています。(笑)

Dscf7297raito

たんこぶ弟。 仮面ライダーに見えるライトを工作で作りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝ドラ

Dscf7272beasbac個性的バック。その2。出逢って長いものたちばかり。




朝のNHKの連ドラを時計代わりに観ている。

現在放映中「カーネーション」は 有名デザイナー コシノ三姉妹を女でひとつで育て上げた小篠 綾子さんの生涯を描いたものである。

大正時代に生まれ 呉服店から洋装店へ・・戦中戦後の激動の中・・驚くほどのバイタリティーで生き抜いた女 一代記。

劇中の洋装店の構えが映し出されるたび 懐かしい気持ちになる私。

というのも母方の実家は富山の駅前で洋装店を営んでいた。父母は柏で生活していたけれど長い休みになれば 初孫になる私を連れ富山に わりと頻繁に帰省していた。小さい店ではあったものの 石畳の駅前にあって 懐かしいガラガラと音のする引き戸の店だった。

店内は全壁面に布サンプルがかかっていて お針子さんが住み込みで何人かいた。店で遊ぶ事は禁止されていたけれど 重なった布の後ろの小さいスペースは子供のかくれんぼには最適で よく遊んだと記憶している。

そのレンガを敷き詰めたような四角の壁をテレビで久々に見て 嬉しくなった。

別のシーンでは お仏壇のある部屋に亡くなったお婆ちゃんや曾じいちゃん。お先祖様の写真が並ぶ。

「そういえば 昔の家は 皆飾ってったよね。」「そうそう・・悪戯をしている時 誰かに見られているような気がして・・見上げると 写真と目が合ったりして怖いんだよね。」

「私なんてたまにしか行かないもんだからその度「この人は誰?」と聞いてはすぐに忘れて結局覚えられなかった。」などと 夫と会話した。思えば・・そんな何気ない状況から 人の生き死にを漠然と感じていたのかもしれない。

今は・・富山の洋装店も 怖い写真も 何もなくなってしまった。

爽やかな朝のドラマなのだから仕方ないのだと思うが 通常ヒロインの多くは真面目で極めて努力家。大抵 世間一般で間違っているとされている事に迷 いはするけど 結局はいい人というのが常だが 今回のドラマのヒロインの気質は あまり迷わないようだ。

妻子持ちの男性との恋。これに反応する町や親友の反応な ど うるさく言わないにしても良くは思っていない様子や ヒロインが言い切って自分に納得させようとするシーンなど細かくて気に入っている。日常には 白 黒つけずうやむやという事が多く存在する。

また  本筋とは関係なくヒロインが呟くシーンが多く散りばめられている。状況が緊迫していても 人ってぼんやり どうでもいいことを考えたりするもので 馬鹿馬鹿しいと思って笑ったり泣いたりする。その小さなひだが気に入っている。

脚本がいいなあ・・と思い 調べてみると過去に映画「ジョゼと虎と魚たち」 「メゾン ド ヒミコ」 「ノーボーイズ ノークライ」を手掛けた渡辺 あや さんとの事。どの作品も好きなものばかり。

納得である。

Dscf7273kawabac

 個性的バック?その3.これも入りますかね。人間の歳にしたら同級生位か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »