« てしごと。まとめ。ミニ・2 | トップページ | 2011年 11月 映画生活 MEMO »

花 いちりん

Dscf7138bara

ベランダのばら 開花!

Dscf7172himawari

ピアノの発表会で頂いた季節はずれのひまわり。


冬の訪れを急速に感じるようになった。それとともに義父の元気がない。
暖かいうちは 驚くほど元気だった義父。
あれほど 日々の食事について 栄養士からおどされているのに何処吹く風だった。
腎臓の疾患は 何より塩分の摂取に気を配らなければならず その上 カリウムや たんぱく質や リンなどの摂取量も要チェックで 確かに何をどう食べればいいのか悩むほどだ。
野菜であれ 魚であれ 薄味中心の献立は 確かに あまじょっぱいが大好物の義父には辛いものに違いない。
といっても・・日々 冷蔵庫の中に小さなタッパーが増えていく事に 私は言葉をなくした。
小さな小箱には コブ巻き 佃煮 漬物 明太子といった塩味の宝が潜んでいた。「塩味の宝石箱やーーー」である。(笑)
薄味のご飯を食べた後・・これをちゃちゃっと頬張るわけか・・
一日置きの 四時間にもなる 透析は ストレスが溜まるだろう。
職人上がりの義父は 度々仕事のやり方に不満を爆発させた。
20年近く 共に暮らして 何度か家族喧嘩を目撃したものの 私には 怒った事のない父である。
それでも あまりに頻繁に爆発した様子の義父に 「お父さん・・大きな声を出されると 嫌な気持ちになります。」と生意気にもひとこと口を挟んだりした。
血の繋がった親子なら 理屈でなく怒ったりできるのかもしれない。
でも 私はあれこれ止められる事が多くなった父に少し同情してしまう。
ワンクッション入るところが冷たいのかも。 嫁だからなのかもしれない。

結婚が決まって 東京からこの家を一人で訪れた時 私たちの部屋の出窓の花瓶に
椿が一枝 さしてあった。
彼に心あたりはなく 義父のしてくれた事と知る。
どこかの家から拝借してきた花だったかもしれない。
それでも 「歓迎してくれているんだ。」と嬉しかった。
先日も唐突に 白い菊がドアの前に置かれていた。何かの用事で部屋の中を見た時
私の亡き父の遺影に気がついたのではないか・・
「隣に供えなさい。」という意味と受け取った。
特別会話などないけれど 花いちりんだけで 心落ち着く事がある。
もしかしたら 違うのかもしれないけど 花いちりんで 細かい事に心波立たなくてすんでいる気がする。

「梅 一輪。 いちりんほどの暖かさ。」

芭蕉十哲の一人 服部 嵐雪の有名な句である。
少しずつ 暖かくなってゆく 景色を 詠ったものであるが 一枝の花のまわりがほんわかとほころんで心が温かくなるような感じが 私にはするんだけど。

Dscf7153_inu

虹を見ていたわんこ。

そして・・番外編。

440268191

鳥一羽でも かなりあったまります。(笑) 私のツボです。 是非 拡大して 見てくださいね!

|

« てしごと。まとめ。ミニ・2 | トップページ | 2011年 11月 映画生活 MEMO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お父様の心の中の暖かさ、優しさ、情熱が伝わってくるような素敵なお話し読ませて頂いて ありがとうございます
>ワンクッション入るところが冷たいのかも
介護などは嫁がするのが一番良いそうです
情もあれば ワンクッション入って 冷静な対処が出来るのは
共に暮らすお嫁さんだからこそ…だそうです
身内だとお互い我がままがでてしまうんでしょうね
>梅一輪…
そうなんですか?暖かくなっていく景色を詠んでいるいるのですか?
私も〈極寒の冬(つらく苦しい境遇にあっても)に咲く 梅一輪に
小さな喜びと 心の温まる感触〉を詠んでいると思いますが…
まっ自分が感じるように受け取るのが一番でしょうね^^♪

投稿: Maria | 2011年12月 2日 (金) 21時23分

maria様
俳句の解釈としては 一厘(いちりん)ほんの少し面積と 一凛(いちりん)小さくとも凛としている様子。の2つの意味にかけてあるそうです。 
なので 最初の1輪に対してあとは いちりん とひらがならしいですーー。5、7、5の短い言葉で 様々な心の感触があって 昔の人の豊かさを感じます。
本当に介護をされている方からすれば私などほんの真似事にすぎず申し訳ないのですが それでも 老いてゆく事はとても近くに感じられます。
正直 不便な事が多くなるカウントダウンは明るい事が少ないですが その中でも欲張らずに なにか 楽しいカケラを拾っていけたらと思います。
そう・・ 地上五センチの彼女くらいに・・(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年12月 3日 (土) 18時11分

お義父様、手強くて温かいかたですね。
それにしても20年近く怒られたことがないなんて、よほど大切に思われていらっしゃるのでしょう。
タッパーの件は..。う~~ん。
日常の中で相手のためと思って頑張っても、小さく裏切られることって結構多いですよね。
でもきっと相手の心の何処かには留まっていて、決して無駄ではないと思います。
震災や原発のことを含め、答えや期限の見つからない中で頑張られているご様子に、いつもエールを送っています。

ところで王子、見事な戦いっぷりでしたね!
中学生の頃から音の捉え方が抜群でスピンも極上でしたが、こんなに早くジャンプなどの技術力も向上してくるとは..。
涼しげなお顔、高橋くんにお裾分けしてほしい長い手足、更に負けん気の強さに冷静さも加わって、まさに破竹の勢いですよね。
私、今期の彼のロミジュリが大好きなのですが、試みに高橋くんがこれで滑っているところを想像したら、危うく廃人になるところでしたよ!
ファイナル、楽しみ過ぎますぅ~。

そして「番外編」、超~ツボりましたぁ!!
あれって教科書に落書きしたものなんですか?お子様の?
とにかく表情や動きに味がありすぎて、今年一杯は楽しめそうです!

投稿: みなあん | 2011年12月 4日 (日) 03時16分

みなあん様
みなあんさんにお声をかけていただくととても元気になります。答えのでない事を考えていると 大雑把で優柔不断な私でさえ 深みにはまっていきます。生きてゆく事は 誰とて大変ですよね。
深みに嵌っている時でさえ 良質のギャグやナンセンスに出くわすと 噴出して笑ってしまう私です。
ユーモアは この世で大切な事の上位だと 確信します。(笑)みなあんさんのパワーのでるお言葉は多分 ユーモアを感じるから・・
言葉 ひとつで 頭のよさって滲み出ちゃうもんですね。
そう考えるとブログなんて 出来なくなるんですけど。(笑)

ところで 王子・・予想を越えてましたーーー!
さかのぼる過去のオリンピックで・・高橋選手がこちらがメンタル面を心配するほどボロボロにこけていましたよね。 昨年のオリンピックのあの感動的な演技まで登りつめる事が想像出来なかったように 何か良い予感となりました。
あと二年・・?沢山こけて 経験を積んでほしいと思います。
厳しい批評になるかもしれないけど 今回の首位は序の口。と見ております。
なんちゃって。 それにしても アスリートって凄いですよね。 何が凄いってやっぱり精神力ですね。
少しの事でつまずく私のような凡人にはやはり 選ばれし者、というふうに感じます。
楽しみですねーーーー!!

投稿: 森おばさん | 2011年12月 6日 (火) 11時48分

あっ。番外編は たまたま 夫がネットで見つけたものなんです。 何が面白いか・・説明のできないところがツボです。
特に 最後の鳥を追いかけてゆく人の後姿に感動しました。(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年12月 6日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/43201860

この記事へのトラックバック一覧です: 花 いちりん:

« てしごと。まとめ。ミニ・2 | トップページ | 2011年 11月 映画生活 MEMO »