« 存分に遊ばせてもらった。 | トップページ | 2011年 9月 映画生活 MEMO »

130ぶんの10

Epsn0493gakutoinnu000

双子 兄が地域クラブで製作したわんこ。

130ぶんの10。このブログに寄って下さる方ならすぐに分かる数字だと思う。
私にとって 本当に衝撃的な数値だった。

長野県松本市のNPO法人 日本チェリノブイリ連帯基金JCFが信州大病院と行った
福島のこどもに行った血液検査 及び 尿検査から 甲状腺機能に変化が見られた子どもの人数である。 原発事故との関係性は現段階でははっきりしていないとのことだが 素人目には明らかな事実である。
沢山の本や ニュースから その恐ろしさは何度も味わっていたけれど ついに・・というかやはり・・というか どうもココで私の思考は立ち止まってしまう。
チェリノブイリの資料では 事故後15年後を境に爆発的に甲状腺がんがふえる。
首に痛いたしい傷をもつ若者の映像を何度も見た。
ジリジリして・・つい我が子の15年後の年齢を 数える。 どうしよう。

昨日から 子どもたちが首に積算バッチという 放射線測定のガラス棒を身に付けている。
食事や入浴時にどうしたらいいかと聞かれる。
珍しい謎の物体に少し 嬉しいのか・・複雑な気持ちになる。その上 表に生活状況を記録しなければならない。 少しでも 打つ手はないものかと足がかりにならないかと祈る気持ちだ。
正直 この一つ 一つの負担だって 慰謝料をもらいたい気持ちである。

それでも 日々は続いていく。
未だ暴走中の義父。 毎朝 暗いうちから目をさましてご飯を待っている。(笑) 
先日・・真夜中にふと 目を覚ますと ステテコ姿のじいちゃんのシルエットが・・
真夜中の暗闇に 老人がぼんやり。つーのは結構怖いぞ。 じいちゃん。
聞けば・・風邪症状で冷蔵庫所蔵の「のどぬーる」の賞味期限がきれているが・・・使うべきか否かという相談のようだ。毎日 腹が膨れそうなほど薬を飲んでるのにまだ飲むか。じいちゃん。
私の言う事なんて 聞いたためしがないのに 相談だなんて・・しかも真夜中の暗闇で。
一応それなりの事をいうが 「どうしようかー。」と繰り返している。眠いよ。じいちゃん。
こっちもこっちでどうしよう。なのである。
その後・・まさか「のどぬーる」をがぶ飲みしてやしないかと心配したが 助言力が尽きた。

緊張と緩和。日々繰り返す。
こんな事じゃいけないのだけど。



Epsn0484keito111

古着屋で見つけたアンティークキルトのハギレで毛糸球入れを作る。

Epsn0491tyoukokutoooo

双子の彫刻刀ケースを入れる袋を作る。

Epsn0495ikutoyunomi000

双子弟が 子どもクラブで作った湯呑。先生の手直しで もはや「僕の作品じゃない。」と・・

Epsn0098ikuto2

同じくおとうと作。 箱を開けると 虹を人が渡ってゆく。

Epsn1187

五年生の時の 次女のお菓子研究。

我が子たち・・なぜだか 写真がブログに載るのが嬉しいようなので。(笑)

|

« 存分に遊ばせてもらった。 | トップページ | 2011年 9月 映画生活 MEMO »

こども」カテゴリの記事

コメント

素敵な手作り作品の数々に、感心するばかりです!
お子様達には学校だけではなく、「地域クラブ」とやらでも、そういう機会があるんですねぇ~。
お勉強以外の世界に楽しく出会えるチャンスがあって、とても羨ましいです。
お義父様、色々とやって下さるようで..。
「深刻にならずに」などと言うのは簡単ですが、毎日小さなハードルを越えたり蹴飛ばしたり見ない振りしたり、本当に気苦労の多いことと思います。
そして甲状腺の検査のニュース、私も「こんなに早く顕著に出るなんて!」と衝撃を受けました。
しかも夫の情報によると、十人の内の更に二人に関しては、既に要注意レベルとのこと..。
でも過去のJCO臨界事故の際の地域住民の被曝や、通常の原発内作業員の被曝に関しても、健康被害との因果関係が認められることはないに等しいので、行政も司法も守ってはくれない..、どころかむしろ「敵では?」思うこともある位です。
私達は、福島県のかたの比ではないとはいえ、東北から静岡位までは広く被曝させられ続けていますよね。
私はまだ署名などに参加する程度ではありますが、手を取り合って大きなうねりにしていかないと、声は届かず子供達の未来は守れないと思っています。
急に寒くなりましたので、どうぞご自愛下さいね。

投稿: みなあん | 2011年10月10日 (月) 01時53分

みなあん様
我が身に起こっている事なのに・・何故か未だ受け止めきれていない感じなのです。
こんな事ではいけないのですが 只待っているだけでは 助けてはもらえないんだ・・と分かってはいるんですが。人の庭にゴミを撒き散らして 掃除もしなければ 賠償すら人事のような・・そんな事って本当にあるんですねー。これだけ優秀な頭脳を持つ日本って・・どうゆう国なんでしょうか?
原発推進派の町長が選挙に圧勝したり・・詳しく新聞を読めば 原発に頼らない方針を訴えて当選。って??私にはさっぱり分かりません。
私に出来る事があるとすれば どんな理由があるにせよコントロールできない物を人間が持ちつづける事は駄目。という事。これを訴えていく事だとひしひしと感じています。
それにしても ショックですーーー。
じいちゃん。 透析のお陰で 若返りました!(笑)娘たちも・・じいちゃんは無口かと 思っていたのに・・このところしきりに話しかけられるので 病院で何か 人体改造されてるのでは・・と話しています。夫は 老人には 低レベルの放射線はゲルマニウム効果があるのか!と申しております。バカを言ってる場合じゃないんですけど・・(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年10月12日 (水) 10時41分

運転中こどもたちが首からなにやらぶら下げているのを見て不思議に思います。
なぜこんなものをぶらさげさせるのに、マスクしている子がこんなに少ないんだろう、と。

『今日は風がないからしなくていいよ』とか、そういうレベルであってほしいですが、心配になります。
よもやマスクをしている子がそれだけで苛められたりしてないだろうか。

私自身、
『sawara先生、どうしてマスクしてるんですか?』
『放射能対策です』

そのたび学生や先生にも冷笑されてますから。

投稿: sawara | 2011年10月21日 (金) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/42327617

この記事へのトラックバック一覧です: 130ぶんの10:

« 存分に遊ばせてもらった。 | トップページ | 2011年 9月 映画生活 MEMO »