« 2011年 6月 映画生活 MEMO | トップページ | 佐野 洋子 »

自己流の刺繍

手仕事といってもいろいろだけど ブログを通して 心惹かれる作品にたくさんであった。 どれをとっても 何となく作者の人柄が感じられ すっと時間が優しく流れ 心の尖りが丸くなる。
あんな物が作れたらどんなに素敵だろう。 いつも 溜息がでてしまう・・ (wildroseさん。mariaさん。 ごんおばちゃま。 縫い工房さん。アメリカの親友様。 いつも感動してます。ありがとう。)

いつか・・いつか・・きっと努力しよう。なんて思いながら何年もたってしまったな。(笑) 老後の楽しみとしてしまっている。ということでシャンシャン。(笑)

明日は末息子のお泊まり会。 双子の時も持たせたが 夫の描いた似顔絵を巾着袋に刺繍してみた。 自己流もいいところなのだが私は刺繍という作業は結構好きだ。
巾着と一緒に一日お守りも。中にはいつもアメを一粒。魔法の薬ということになっている。
末息子はいつも双子に説教をしている。湯気を噴きながら・・(笑)その時の顔。

Epsn0133kaitos


これは双子バージョン。いつだっておきらくーーーな顔。

Epsn0109gakuikus


長女は小さい時から絵ばかり描いていたので 幼稚園の芋煮会で使ったエプロンに彼女の絵を刺繍。人には必ず猫の耳がついていたっけ。。。

Epsn0103hinokas


次女はよく女の子の絵を描いていた。その時代しか描けない絵を残したくて・・こっちもエプロンに・・ピンクの方は まだ絵の描けない時私が描いた絵。

Epsn0104fuucas


振り返ったら唯一 先生に習ったのは短大の手芸の時間。その時の課題。いろんな方法があるんですねー。今は出来ないけど。

Epsn0136sisyus


クロスステッチをしたのは 長女の妊娠中。 なつかしい・・・(笑)

Epsn0137inus

※写真はクリックで拡大できますが・・下手がスケールアップしてごめんなさい。(汗)

つたない作品ばかりだが その時々を思い出す。
溜息。ではなく そのたどたどしさに クスリ・・・
笑うことももしかしたら 心の尖がりを丸くするかも・・なんちゃって。

|

« 2011年 6月 映画生活 MEMO | トップページ | 佐野 洋子 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

心和む温かい作品の数々、楽しく拝見しました♪
お泊りのお守りに飴を一粒なんて、森おばさん様らしくて思わず笑顔に☆

そして、お子さんのお顔をユーモラスに描いた刺繍は可愛くて、
怒ったお顔にも暖かーい気持ちになれました!

他の方々はともかく、私の作るものはいつも全くの自己満足
(どころか事故不足?)なものばかりで(笑)
なかなか、「会心の作」なんて出来ません;

でも、赤いチェックのエプロンと同じ布で、遠い昔
私も娘の幼稚園で使う袋を縫ったことを思い出しました。
楽しく懐かしい日々です。

クロスステッチ、私もやりたくて本を買ったのですが、
これって根気が要る作業なので、肩が・・・。
わんこのクッションカバー、モノトーンの色味も素敵です☆

投稿: wildrose | 2011年7月21日 (木) 13時08分

wildrose様
熱い!!家具リメーク拝見しました!(笑)
お家が少しずつwildroseさん色に変わっていく感じが素敵です。
網戸の張替えや生ゴミ処理の工夫 小物のキャスター付けなど 生活に関する細かい作業もアイディア次第で楽しくされているように見えてしまうのは
wildroseマジックですねー。happy01
同じスタンスで 絵を描く事 帽子スタンドやアクセサリーも素敵に作られるところ。本当に憧れます。本当の意味で私のカリスマです。
私のへたっぴハンドメイドでお子さんの小さな頃を思い出されたとか・・ 
私は逆にwildroseさんのブログの中に ごくたまに現れる息子さんや娘さんのお話に少し先の子供たちを重ねます。
毎日 いっぱいでも 時間は思うより早く過ぎますね・・上手に時間を使うなんて何度チャレンジしても上手くいかないけどwildroseさんを目標にしています。こちらはここ三日ほど暑さが和らいでいます。
そちらは暑いんでしょうねー。お体気をつけてくださいね。

投稿: 森おばさん | 2011年7月23日 (土) 11時02分

突然、自分の名前を発見してびっくりしました。
私は、森おばさんの温かな作品が好きです。
そして、5人の母の魔法の手に、尊敬を覚えます。
一体、いつ作品制作をなさる時間があるのでしょう???
3人の子供だけで、息も絶え絶えの私には、正に神業です!
お子さんたちの絵の刺繍も素敵ですね!?

投稿: 縫い工房 | 2011年7月23日 (土) 18時42分

縫い工房様
本当にはずかしいです。
縫い工房さんがご長男に縫われていたペンケース。大きくなっても少し甘えてくれるのは嬉しいですよね。それにとても素敵だし・・きっと自慢のお母さんなのだと思います。
我が家の双子も四年生ですが まだまだ甘えます。(笑)
女の子の方が大人になるのが早いようで 長女次女には何かよほどの事がないと 気持ち悪がられそうでハグも出来ません。抱っこ世代の時は辛いのに 過ぎてしまえば ひと時だった事に気がつきます。
縫い工房さんこそ お仕事やら PTA活動やらいつもお忙しそうでその上 文化的なイベントに参加されたりして いつも 尊敬していますよー。

投稿: 森おばさん | 2011年7月26日 (火) 19時01分

こんにちは!夏休みご苦労様!!大変ですね。お忙しい
と思います。
今日はプレゼントを持ってきましたよ!

http://ameblo.jp/shimanohashi/entry-10967089257.html

たぶん大丈夫だと思います。羽生選手のすごい動画が移ってるはずなんですが、失敗してたら再度きます。

羽生選手、オリンピックで金メダルをねらえるような選手であることは間違いないのではないでしょうか。
それではまたきますぅ~。

投稿: yukoeden | 2011年8月 1日 (月) 08時20分

yukoeden様
観ましたよー!!!
お土産しかと受け取りました。王子ったらまたまた身長が伸びましたねー。
世界を目指せるアスリートである事を確信しました。それにしてもフィギア界はどこまでスキルアップしていくのでしょうか・・
その無限ともいえる可能性に驚きます。
そちらのブログの宮沢賢治作品 何度読んでも心が揺れます。賢治は 若い読者の方が多い気がしますが としをとってこそ 身に染みる言葉も多いですね。
星空の情報や画像と合わせて おばさん しばし乙女になりますよーー。(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年8月 2日 (火) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/40873335

この記事へのトラックバック一覧です: 自己流の刺繍:

« 2011年 6月 映画生活 MEMO | トップページ | 佐野 洋子 »