« 双子の歌修行。 | トップページ | 自己流の刺繍 »

2011年 6月 映画生活 MEMO

ここ数年・・ 季節の変わり目という  またがる季節の性格をどちらも受け継いでいるような空気をあまり感じなくなった。
私は・・子供の頃からこの なんとなく宙ぶらりんな空気が好きだった。
春から夏への木々のきらめく感じ・・ 夏から冬への長袖をシーズン初めて着る感じ・・秋から冬への目に映る色が暖色になってゆく時間・・ 海外に行って日本の美しさを伝えるとすればこの四季の移り変わりは外せないものだと思う。
四季を静かに見つめ感傷的な部分と それでいて潔い 昔の人の詩や 文章に触れる度 日本人はいいかも・・と感じた。
さて 六月の映画はこんなところ。

月に囚われた男      2009年 イギリス  監督ダンカン・ショーンズ

100410_1

(ストーリー)
近未来の世界 サム・ベルはエネルギー採掘のためにルナ産業より月の基地へ三年 派遣される。 通信衛星故障のため地球との交信は録画データーのやりとりのみ。
話し相手はロボット一台。それでも 日々身体を鍛え 決められたスケジュールを規則正しくこなしている。その原動力は家族。彼は愛する家族の事を思い続け 耐え続けている。
契約満了まであと残りわずかとなったある日事故をきっかけに彼のもとで奇妙な事が起こりはじめる。

bleah監督は デビットボウイの長男。 インディムービーでありながらSFというお金のかかりそうなステージをアイディアで上手く仕上げていると思った。ほぼ登場人物は一人 役者の実力がなければ有り得ない本作品。 私が心を動かされたのは SFの王道といえる画面や技術ではなく・・ 人間の絶望とその後に続くほんの少しの再生の兆しである。絶望と言うには根本的に血の通っていない思考からの末路なので少し違うかもしれない。
再生というには余りにせつない。 ただ自分を自分なのかと疑わなくてはならず 受け入れた時に同時に運命を認識しなければならなかったサムを思うと悲しくて・・
しあわせになりたいと思うこと。 科学がどんなに進歩してもこれをないがしろにしてはならない。原発事故を経験している今強く強く思う。

100410_3

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

マイ・ブラザー  2010年 アメリカ    監督 ジム シェリダン

S001

(ストーリー)海軍隊員のサムは良き夫であり良き父。その弟であるトミーは対照的に家族に迷惑をかけてばかりいる。トミーの出所と入れ違いにアフガニスタンへ向かう事になったサム。ある日 妻 グレースの元にサムの訃報が届く。悲しみに打ちひしがれる彼女を近くで支え 慰めたのはトミー。兄家族を支える事で彼もまた更生していくのだった。そんな中戦死したはずのサムが別人になって帰ってくる。

confident2004年 デンマーク映画 「ある愛の風景」のリメイク。好青年役の多かったスパイダーマンのトビーがすっかり大人になって力いっぱい演じている。心が深く傷ついたら誰にも打ちあける事などできない事はとても理解できる。いっそ狂ってしまった方が楽とも思える。大なり小なり人は誰しもコンプレックスを抱えながら生きるものだが 皆から愛され尊敬されてきたサム。あまりに大きな傷を癒す事ができるのだろうか・・底から這い上がるための掴み石の一つが出来の悪い弟かもしれない。この兄弟は周りからの視線とはまた違う絆があるように思える。それが救い。そしてラスト・・ようやく妻に真実を打ちあけるが光が差すかは分からない。どんなに辛くても生きていかなければならないこれが全てだと感じた。

S002

bellbellbellbellbellbellbellbell

トーク・トゥ・ハー    2002年 スペイン  監督ペドロ アルモ ドバル

Talk_her

(ストーリー)若くて美しい女性 アリシア 四年前に交通事故にあい昏睡状態である。看護士のベニグノは毎日彼女に話し掛け 心血を注ぎ身の回りの世話をしている。女闘牛士リディア彼女もまた試合中の事故で昏睡状態に・・恋人マルコは動転 悲観にくれ意識のない彼女にどう接していいのか分からない。 二人の話をしない女性と 対照的な男たち・・次第に友情が芽生えてゆく。しかし・・ある日アリシアが妊娠している事が明るみに・・・

confidentコレ・・忘れてましたが(笑)以前 観た作品でした。「オール アバウト マイマザー」の監督作にして また 趣が違う映画だけど・・面白い とその時も思ったっけ。正直 生理的に好き嫌いが分かれると思う。一方通行の恋愛が真実であるか 自己満足であるか・・四者の立場の違いからおのずと答えは違ってくる。それほど 不確かな物だから自分に誠実であればいいんじゃないかと結構 身勝手承知で感じた私です。 この監督の画面の色合いはどの作品も独特です!

その他観た作品はこんなところ。

●クヒオ大佐note   笑えます!が事実なので若干パンチ弱し。

●ビック フィッシュnote ティム バートンのファンタジーの世界。

●ヴィヨンの妻ー桜桃とタンポポnote 期待を上回る良い出来でした。

●ベンジャミン バトン 数奇な運命note 少々中だるみか・・

●ニューヨーク アイラブユーnote オムニバスだけどニューヨークが満喫できます。

●運命のボタン noteごめんなさい。私はイマイチでした。

●みんな元気noteゴットファーザー以来に好きなデニーロでした。

●フローズン リバーnote皆・・しあわせになってほしい!

●グッド バット ウィアードnote韓国を代表する役者三つ巴。

●さんかくnote監督の描くあいかわらず 駄目駄目な人間ドラマ 私は大好きです。

●恋する宇宙note少しずつ努力する二人が可愛い。出来ればハッピーに向かえば・・

七月も半ばですう。また七月MEMOで。

|

« 双子の歌修行。 | トップページ | 自己流の刺繍 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/40793231

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 6月 映画生活 MEMO:

« 双子の歌修行。 | トップページ | 自己流の刺繍 »