« ちょこっと2011年 3月 映画生活 MEMO | トップページ | そして日々は つづく »

余震のタイミング。

Epsn1097sakura

Epsn1094sakura2

福島の桜です・・・・
震災から一月が過ぎ ここ福島も遅ればせに春がやってきたのを感じる。
街は 未だ元通り・・とはいかず 度重なるおおきな余震に古い建物は 悲鳴をあげ
あちこちに 足場がかかり 何とか 崩れるのを抑えるような 手当てが行われている。

この余震だが 本当に余震?と思える力強さで このところは 3.11の横揺れとはあきらかに種類の異なる 直下型という 地の底から突き上げるような感覚に変わった。
悪気のない 酔っ払いを押さえつけるような感じで どうにもむやみに重く 仕方ないと諦めているのに腹のたつ衝動にかられる。
あまりにも数が多いので最近は 揺れの始まる前に地鳴りというのか ゴーーという 恐ろしい声が聞こえるようになった。

そして テレビからの地震発生の警告音・・ 音階そのものも不安な響きで不安定に 拍車がかかる。
お恥ずかしいけれど 先日の余震。震度6弱発生時 私はトイレにいた。「おいおい・・なにもこんな時に・・・・」と悲しくなったが この余震のタイミングは 予測不可能で 料理を作る時には
火の始末が気になるし・・お風呂に入る時は 「お願いこないで。」と祈りながら超スピードで入る。夜中にやってきたら・・と思うと子供や暴睡中の夫を見ながら 私が 深く眠ったら危ない。と察知して ソファーで寝る事に・・・夜中も震度3クラスの余震は2,3度あり 一向に起きる気配のない 夫を憎憎しく思う。(笑)

先日は 歯医者の治療中に震度4がーーー。器具が大袈裟にガチャガチャと音を鳴らしたかと思うと同時にお医者さんも助手さんも目の前からフレームアウトしてしまった。
咄嗟に椅子だけは 起こしてくれたものの・・あまりに無防備な私。 一人じゃない!って 皆言ってくれるけどやっぱり 自分の身は自分で守るのね。と感じた出来事だった。(笑)

先月「シングルマン」という映画を観たが 主人公は 自ら命を絶つことを決め淡々と準備をする。小さな変化でも 明らかに昨日と違うのが人生・・予定通りには運ばず・・予定した死すらむかえられない。というラストだった。亡き父の死も同様で 突然だった。しばらくは父の最後の瞬間を思い 「もっと言いたい事があったんじゃないのかなあ・・」なんて考えてばかりいた。
若い頃 もし今私が死んでしまったら今朝 慌てて散らかしてきたタンスの中が 亡き私を物語るんだな・・と思い せめて今日を無事に過ごさなくてはと思ったりした。(笑)
なにかで読んだけど ある女性は 変死した際 自分の遺体のかかとが汚いのが嫌だとかかとの手入れは欠かさないとあった。
漠然と考える事はあったものの震災を経験し・・死は 突然にやってくるんだと実感した。
色んな意味で日々を美しく優しく生きなければと思う。その一歩に・・ 小児科で偶然出会った被災地から引越しされてきた同じ幼稚園のお友達に お下がりの制服を使っていただければと思い 差し上げた。 失礼かと迷ったのだけど・・喜んでもらえた。よかった!

桜を愛でる 気持ちになれずにいたが 皆さんの言葉を聞き 近所の桜を久々に
見上げた。
どんなに大変な時でも 季節は巡っているのだと 当たり前の事にとても感動した。

Epsn1093_hana

毎年 球根からは花が咲きます・・・

|

« ちょこっと2011年 3月 映画生活 MEMO | トップページ | そして日々は つづく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜、咲き始めたんですね。
こちらでは金曜日に風が強く吹いて、美しい桜吹雪をたくさん見ることができました。

地震と原発、収束に向かわず不安が続きますね。
今日の午前中の強い揺れは、3.11の余震ではなく別のものらしいです。
東電の隠蔽が色々と明るみに出てきていますが、資本の絡みがあるのか、テレビを中心としたマスコミの糾弾の仕方が弱いように思います。

そして災害や災難のタイミング、「こんな所でこんな時にっ?!」と思っても、諦めるしかないのでしょうか..。
それにしても歯医者さん、フレームアウトって!
まず、患者様の安全確保でしょう?!
かかとをきれいにする女性、なるほどと思いました。
そう言えば若い頃に勤務先の同僚達と、「今、私達が事件に巻き込まれたら、報道される時に”OL”の前に”美人”が付くかどうか。」で盛り上がったことがありましたっけ。

お下がりの制服のお話し、素晴らしいですね!
相変わらずご自分も大変な中で、優しさと思いやりを忘れず、しかも実際に行動されていて感激しました。
でもご家族への愛情から、無理を重ねていませんか?
夜はなるべくソファーではなく、ちゃんとお布団で休まれて下さいね。

投稿: みなあん | 2011年4月17日 (日) 01時19分

こんにちは。
いろいろと用事があって、東北へ行きました。
国見というところで、食事時だったので、サービスエリアで降りました。
福島盆地が見える所でした。雄大な景色ですね。
そして、それから車ですぐの郡山・・・この近くにいらっしゃるんだと思いました。
高速道路は、とくに福島から北へ向かう道路が波打っていました。一関の街の中のお店は、壊れているところが多く、営業していないところがかなりありましたし、シートがかぶせているところがたくさんあって、街中のホテルは2けんしか営業できないということでした。

あ、桜が見頃で、仙台では街中の桜の木がたくさんある大きな公園で、フェスティバルのようなものが開かれていて大勢の人が集まっていてライブのようなものが開かれているようでした。
この街で、有名なフィギュアスケーターが多く育ったのだと思い出しました。

投稿: yukoeden | 2011年4月18日 (月) 07時42分

みなあん様
原発・・ 収束には 九ヶ月。うそ!この調子だと その倍・・もしかして10倍。20倍と見ております。
wildroseさんの ところで教えてもらったサイトも助かります。隣の人に親切に・・と平行して何か出来る事を見つけなければと思います。
美人OL。私も この問題は考えた事があります。
「全然美人じゃないじゃーん。」と言われるのもなんですが・・初めからついてないのもなあ・・何て 妄想していました。(笑)
桜。もう満開です。
さすがに 花見してる人は福島ではーーーいないけど。みなあんさんの言葉に元気がでます。
ありがとです!

投稿: 森おばさん | 2011年4月18日 (月) 17時12分

yukoeden様
お忙しそうですね。
私の住む 郡山市は 被害も少なく 町の倒壊状態から見て 亡くなった人がいなかった事だけでも奇跡だなあ。と感じています。道路はあちこち波うっていましたがすぐにアスファルトで埋められ 今でもあちこちパッチワーク状態です。
案外・・アナログチックに 公共の物が直されているのを目の当たりにして 不安もつのっていますが。原発の事故処理にしても 熱くなった。水かけろ 水たまった 水溢れる 水漏れてる 水抜け 水貯める所ない! そんじゃ作るか。なんて漫画みたいな事にしか思えなくて 素人考えとしてももう少し 可能性を消していくような先回りした仕事が出来ないものかと思います。
鉄板な学歴や 経歴が泣きます。
東北って・・きれいですよねー。 私も良く知らなかったのですが・・きっとあの地震の一瞬前には「今日はなに食べようかなー。」って・・考えてたお母さんがいっぱいいたんだろうな。と思い 今でも涙が出ちゃいます。
北上する桜も楽しめたのではないですか・・
王子も被災されたとニュースで知りました。一瞬ですが・・王子が我息子と変わらない 子供に見えました。フィギュア 楽しみです!

投稿: 森おばさん | 2011年4月18日 (月) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/39607369

この記事へのトラックバック一覧です: 余震のタイミング。:

« ちょこっと2011年 3月 映画生活 MEMO | トップページ | そして日々は つづく »