« 余震のタイミング。 | トップページ | 片付けて久しぶりの再会。 »

そして日々は つづく

Epsn1126kinobori

町中 至る所に 「がんばろう。がんばっぺ。」が頑張っている。満開の桜はそこに佇むだけ

地震から 一ヶ月が過ぎ・・本当に色んな事が変わってしまったと感じている。
例年 春に予定されていた 遠足や運動会は 原発の状況を見てという事で 延期された。
子供達は 帽子にマスク。 幼稚園のお迎えの父兄も同じで 本人と判別できないという事でネームプレートを首から下げるようになった。
外に出られない子供たちは北国ッ子の 餅肌で血管がすけるようにピンクで可愛いホッペをしているけれど 夏のプールで真っ黒に焼ける事はもはやないだろうと思う。とても申し訳ない気持ちになってしまう。
学校が始まり 心的ストレスを少しでも和らげようと 先生も子供たちが出来るだけ体を動かせるような アイディアで試行錯誤して下さっている事が子供の言葉で分かる。

そんな子供も ニュースには敏感で 「福島から来た子は 放射能が移るって 差別されるんだってー。」と心配の種を見つけては私に話してくる。
「悲しい事だけど そうゆう差別は日本に限らずどこにでもあるんだよ。 何がいけないか・・それは知らない事。知ろうとしない事。こんな時だから沢山勉強しなくてはいけないね。」と言葉をかけるが当然 次の興味に子供はそよいで行ってしまい「おまえもな。」と自分に言って聞かせている。
テレビで安心と言い続ける学者や媒体は研究費 など お金の絡みが見え隠れして とても無意味に思える。大体 学者が本質から目を逸らしたら 魂を売るのと同じなのに・・と
今では 自分で自分の首をしめることにならないのかと哀れな気持ちにすらなる。
政治家がもしかり。 まるで初めからこうなる事を知っていたように吠えまくっている。結果を批判するのって興奮するんだろうな・・と見ていて思う。 なんて容易い事なんだろうとも思う。
韓国のことわざに「吠える犬は噛まない。」というのがあるがまさに・・である。
そんな暇があるなら いっそ ガブリと すねあたりに噛み付いてもらいたいものだ。(まあ。気持ちだけ 笑)

本質を知る手立てといものがあるのか・・というと確かに難しい。
それでも やはり偉そうな事を言った手前 こんなときだから 勉強しなくてはならない事は大人も子供も同じだと思っている。
とはいえ・・なんと事の大きい事か・・
死ぬまで頑張っても足りない。 子供たちよ。後は頼んだ・・ってそりゃーないでしょう。

Epsn1123inu

久しぶりの 街で見かけた 子供たち。

|

« 余震のタイミング。 | トップページ | 片付けて久しぶりの再会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

都知事選は割と静かに実施されましたが、現在市議会議員選の真っただ中、本当にマイクで名前を連呼するだけの候補者には、(いや、全部ですね?)腹が立ちます。
子供たち、心配です。
本当に、心配です。
私たち大人は、子供に何をしてあげられるのでしょうか?
何をすべきでしょうか?

投稿: 縫い工房 | 2011年4月22日 (金) 20時36分

こんにちは。

班長さんになられたのですね。
たくさんの方が関心を持って来ていたということなので、自分たちの生活ということを注視し、高めていくという意志の現れかもしれませんね。

ソフトバンクの孫さん、以前の莫大な寄付に加えて、また個人的な寄付で、多くの研究者を束ねて政府に太陽エネルギーなどの提言をされるそうですね。

人の持つ力は政治に限界があるときに、風穴をあけたり、突破口になることもありますよね。どんな問題や壁も頼れるものを探し続けることは大事だなあと、つくづく思います。

投稿: yukoeden | 2011年4月23日 (土) 08時43分

縫い工房様
本当に 気ばかりが汗をかき 何をどうして子ども達を守ればいいのか 私も混乱の毎日です。
政府の発表が絶対でない今 少し過剰かもと思っても疑問の残る事は手をあげなくてはなりません。
10年経った時 「うちの両親は 超びびってたよね。」と笑い話になればいいわけですから・・
と思ってます。教育委員会からは今目が離せません。モチーフ編み。 コサージュ。本当に素敵でこころが優しくなります。いつも素敵な物を見せていただきありがとうございます!

投稿: 森おばさん | 2011年4月26日 (火) 16時54分

yukoeden様
義援の輪は広がり続けていますね。心強いです。
それにしても孫さんのお金の額・・驚きます。
額に直せば 比ではないのかもしれませんがそれと同じくらい 貧しい国や戦場下にある国からの寄付は尊いものを感じます。
ひとつひとつを忘れてはいけないですよね。
シンプルに生きてゆけたら・なんて思っていたのですが・・原発の事も含めて 今の何倍もパワーをもっていかなければならないとジリジリと覚悟を迫られています。怠け者なので本当はドキドキしています。物凄く不安です。いい年齢をしてお恥ずかしいのですが・・・

投稿: 森おばさん | 2011年4月26日 (火) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/39658882

この記事へのトラックバック一覧です: そして日々は つづく:

« 余震のタイミング。 | トップページ | 片付けて久しぶりの再会。 »