« 震災 二週間。 | トップページ | 震災 一ヶ月。 »

震災 三週間。

Epsn1083jiyuukan

いきなりの衝撃的写真!近くのカラオケ店! 地震でシンボルの お城屋根がーーー。

毎日 原発事故のニュースが繰り返され 原発関連ベースで 見守る毎日である。
アレバ・・頼む 何とかしてくれ! 金は出すから。と成金オヤジのような私。
日本人らしく 札束で解決出来る事はどーぞよろしくである。
とはいえ 原発大国である フランスや正義の国アメリカにとっても 良いサンプルである事は間違いない。それでも・・ どーぞよろしくである。ハグ。

地震 原発・・と困難な問題は先が見えず続いていくが 終点の分からないバスに乗ってしまった。このバスは止まることすら許されない。
事の深刻さが身に染みれば染みるほど バカの壁は厚くなっていくような感覚で 見てしまった事。聞いてしまった事を一旦 心の秘密の箱にしまって「目をこらして再度見なくては・・」と強く誓いながらも 見る事が出来ずにいる。
色々なモノが壊れ 大事にしていたモノが 無くなった。
無くしてしまえば 不思議と さっぱりしてしまって大事にしていた事すら 無かったような気さえしている。
もしかしたら 最初から大事なモノなんてあったのか。
物質的にはそんなものかもしれない。
無くしてしまった。という 爽快感にも似た空洞が出来ただけだ。
初めて知った感覚ではあったが空洞は 心の中の景色のように 時間とともに しっくりとしていく。
今は全てが そんな風になってしまう事が恐ろしい。
大体 怒りのような エネルギーのいる感情を持ち続けるのは辛いのだ。
どちらかといえば 避けて生きて来てしまった。志の高い生き方を諦めてしまった所がある。ずるい自分が情けない。

でも今度だけはそれではいけない。
熱く怒りをキープしながら 氷のように冷静でいなければならない。

この三週間は気持ち的には 疲労困憊だが 綿菓子が出来上がるように 幸せな気持が現れる瞬間もあった。
それは ずっと 連絡を取っていなかった友人からの声の数々だ。
面倒くさがりな私は 気になっていても先延ばしにしているようなところがあった。ここまできてようやく・・という部分もあるけど(笑)とにかく 生きてるうちで良かったと心から思う。

私を案じてくれるもの 励ましてくれるもの 皆 最初は言葉を選んで神妙だけど私の様子を知ると 昔のまま話し掛けてくれる。
皆の現状や 辿った時間が順風満帆というわけじゃなくても こんな 状況な私だから 話しやすいところももしかしたら あるかもしれない。(笑)
どんな時だって悪い事ばかりじゃないって 電話やメールを終えて 少し心が軽くなっている私がいる。

Epsn1085herena

「ふくしまは負けない」地方紙の紙面に避難所での子供たちが載った。
偶然一緒だった中学校英語教師のヘナレ先生にはいつも遊んでもらった。

|

« 震災 二週間。 | トップページ | 震災 一ヶ月。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

屋根がーーっ!
う~ん、衝撃の強さを思い知らされますねぇ。
下に人がいなかったようで、何よりです。

前の記事のレスにある、末息子さんの「皮を剥かないで。」という発言、可愛くて泣き笑いですよぉ~。
早く良くなるように、お祈りしていますね。

原発は深刻な状況が続き、しかもかなり長期化しそうなので、ご心痛はいかばかりかとお察しします。
夫の仕事は制御系コンピューターのシステム開発なので電力専門ではないのですが、今回改めて色々と聞いてみました。
私も元同業者で東海村の仕事はしたことがありますが、現地には行っていないので。
それによると、今ニュースでよく見る白い防護服、あれは平時でも管理区域の深いところでは着るもので、夫も着させられたそうです。
もちろん線量計も付け、朝の作業開始時に前日浴びた量の報告があるとのことです。
他にもいくつか、「それでいいのかっ?!」というエピソードを聞きました。
安全と言われ、一般人の目には触れませんが、常にそういう危険をはらんだ物が、日本中に何十年も前からあるということですよね。
今回の大きな大きな犠牲を払った教訓を、これからどうしていくのか注視しなくてはなりませんし、何よりも早急に被災地のかたと現場で作業されるかたの安全を確保してほしいです。

今やるべきことが満載の中、将来についても考えなくてはならず、とても大変だと思います。
郡山の物資の状況は、改善されているのでしょうか。
でも、たくさんのお友達に支えられていらっしゃるのも、お人柄ですよねぇ~。
どうぞ、ご無理をなさいませんように。

あ、そういえば先週、双葉町のかたが避難されている、地元のさいたまスーパーアリーナに行ってきましたよ。
ネット情報では人手も物資も足りているとのことでしたが、やはり行ってみると「今、足りないものランキング」が貼り出されていて、少しですがお渡ししてきました。
見ず知らずのかたの為に下着を選ぶ、という体験は、とても不思議で勉強になりました。
現場では、散髪・足湯・散歩・整体など様々な無料サービスが行われていて、とても感動しました。

投稿: みなあん | 2011年4月 2日 (土) 04時39分

みなあん様
スーパーアリーナ行かれたのですね。
みなあんさんの行動力と慈愛の精神 とても尊敬しています。下着・・おそらく手にされた方はどれほど嬉しかったか・・新しい物に変えられるだけで 心がすっと楽になったと思います。
双葉町の方々は その後加須の高校に移動されたと聞きましたが そこでもボランティアの方たちが 畳を入れたり 温かい食事を用意している姿をニュースで見ました。
今回 避難所で数日お世話になりましたが 「ありがとうございます」を何度も言いました。
皆 不安で 余震の度に立ち上がり お互いの顔を見合わせ「大丈夫」と頷きあいました。
一人だったら 折れてしまいそうな気持ちも 誰かがいる。 誰かに支えられている事で何とか保っていられたような気がします。
反面 普段なら 気にならないような事に敏感になってしまって集団生活の難しさもよく分かりました。
今も避難所生活をしている方を思うと人事とは思えません。早くこの方たちの 先の手助けを国で何とかしなければ・・と感じます。
無謀。無理。と思われる事も黙っていてはいけない事・・強く感じます。
個人レベルでは 義援金の広がりを見ても分かりますが・・人って 優しいんだな。と心から思います。日本人全体がこれからをそれぞれに沢山考えていかなければなりませんね。

投稿: 森おばさん | 2011年4月 2日 (土) 08時21分

こんにちは。
あれからまだ一ヶ月もたっていないですが、いつも立派だなと感服しています。

その気骨とお人柄こそが、宝ですね。
嵐がきても流れない目に見えないものこそが、大切ですよね。

ブログでの交流であっても、最初にコメントをくださって、
吹奏楽の話や、私の住んでいるところから乗り物で20分の柏市や、
花屋さんでのバイトのこと、安藤忠雄さんのファンであることや、キャンプの話や、
重力ピエロにも出演しているあの俳優さんの色つやがいいこと(笑)など話して、
心の大事なところに森おばさんが住み着いてくださっています。
何があっても流れないであろう親しみと尊敬です。
今までも心のリンクをあつくはっていましたが、ワンクリックでかんたんに来れるので、
ブログにもリンクを載せさせていただきました。

鋭い観察力と、あたたかい底なしのハートと、ぶっちぎりのおもしろさで、
これからもよろしくお願いします。

投稿: yukoeden | 2011年4月 4日 (月) 10時21分

森おばさん様って打ったつもりが、(森おばさんま)になってて打ち直しましたsweat01
少し前まで、こんなおバカな失敗をみんなでこちらで笑い合っていたのに
私たちの国の安全神話は、こんなにももろいものだったのですね・・。

でも、母は強し。
どんな時だって悪い事ばかりじゃないって思えることが
森おばさんの森おばさんたる所です!☆
それにお子さんの可愛い言葉にも、みなあんさん同様、癒されました。
やっぱり森おばさんのお子さんだわー(笑)

もし今、自分が子育て真っ最中で、森おばさん様の立場だったら、
恐らく不安で押し潰されそうになるだろうけど
>守るものは大きい
と仰る森おばさん様の言葉に、私たち一人一人、
国全体のこととして、このまま弱ってばかりはいられないと思いました。

>その気骨とお人柄こそが、宝ですね
とyukoedenさんも仰っていましたが、本当にそのとおりだと思います!

そして、みなあんさんの温かい支援にも、心打たれました。
ご自分も不便な生活を強いられている中で、人ってなんて美しいんだろうと。

私は皆さんに出会えて、ずっと、いつも励まされている気がします。


投稿: wildrose | 2011年4月 4日 (月) 12時01分

この国の行き先は
みんなで決めないといけませんね。
人任せにしていたような気がします。
『何とかしてくれるだろう・・』と、いつも誰かに頼っていました。
ここに来てそれがいけなかったと思い知らされ、一部の方々にだけに負担が行ってしまっていた・・・
事の次第に愕然としています。
皆様に申し分けない・・・そんな気持ちでいっぱいです。
私はちいさな冷蔵庫を売りました。ちまちま貯金していたお金を郵便局の日赤募金に振り込ませていただきました。
ジャッキーチェーンが財産全部投げ出して日本に寄付するとインターネットで見ました。
ソフトバンクの孫社長が個人的に100億円寄付・・・・その額の大きいこと・・
今私にできること・・・わたしはちっちゃいですが、しっかり節約して募金をすることです。そしていつでもお役に立てるよう元気でいることだと思います。
森おばちゃまが元気に走っている方を見せたり、ナイナイの岡村君を励ましに行ったり・・
自分が元気だよと夢の中でもみんなに知らせたかったんですねそれは精一杯・・・。
そして仏像3体をお求めになるというのは”祈る気持ち”なのではないでしょうか・・・
先日奈良の薬師寺に行き、東北の皆様へ祈りの合掌をしてまいりました。
そしてお賽銭はいらないから募金の箱に入れてくださいとお坊さんがおっしゃって・・・とても泣けました。
その日はとてもいい天気で遠い東北では皆さん辛抱されていると思うと祈らずにはいいられませんでした・・
少しの時間でも休んでくださいね。休まないと体が持ちません。
みんなで交代で見てあげれたらどんないいか・・・
森おばちゃまはたった一人ですもの・・・・
こんなときドラえもんの”どこでもドア”があったらいいな。

投稿: gone | 2011年4月 4日 (月) 16時24分

まずはごめんなさい、新聞の写真の子供たち・・
数えもしないで森猫家のお子さんだと思ってしまいました!
「うーん、みんなでっかくなったからたくさんいるように見えるのかなー」と(笑)

私は怒ったり笑ったり動けなくなったり忙しいです。
でも、本文にあった綿菓子のお話・・
ほんとうですね。
今は電話で話すことがとってもキツイなので、たいてい夫に出てもらっていますが。

そんな親戚や友達も失ってしまった(かどうかもわからない)方がどれだけいらっしゃるでしょうか・・・

投稿: sawara | 2011年4月 4日 (月) 18時24分

yukoeden様
yukoedenさんは いつも 私がちょっと落ちているいる時 優しい言葉を下さいますよね。
まだ ブログ親友となって 一年足らずですが・・
色んな事をお話しましたね。
昔から 知っているような気持ちです。
まだまだ 先が見えなくて 鬱々としていますが
子供たちの新学期もそろそろ始まります。
手が届く全てのものが目に見えない危険をはらんでいるようで お砂場の砂を小さな手に握っていた子供を見て 悲しくなりました。
どこに行くにも マスクに帽子。このままずっと続くのかと思うと 苦しいです。
あっ。 でも皆さんの声に励まされ 私は小さいながら 前進しているつもりですよーー!
はやく また 皆で可笑しい事を言い合えたらなー。と願っています。
待っててね。 そちらのブログ・・素敵にバージョンアップしましたね。いつも寄らせて頂いてます。元気の源です!

投稿: 森おばさん | 2011年4月 7日 (木) 15時45分

wildrose様
インターネットのいい所。というのを最近特に感じています。 今もっとも デンジャーな場所 福島。今まで是ほど注目された事もなく (願わくば
これ以上 注目をされないですむように願っていますが・・)誰がなんと言おうと 地味な県 ベスト3にはカウントされていたはず。
福岡 大阪 東京アメリカ 皆が頑張って一日を生きている。という事にとても感動し 励まされています。 皆さんが暮らしている。という事がとても貴重でありがたい事に思えます。 
小さい福ちゃんや小太郎君が 暮らしているという事にパワーをもらうのです。
皆さんが元気でいてくれる事が今は一番嬉しいです。
母は強しというのは 理屈じゃないからですね。
本当に愚か・・と思える事も反省しながら考えてしまう自分がいます。最低!と思われても開き直って子供を守ろうとしています。的外れだったりする事分かってるんですけどね。(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年4月 7日 (木) 18時55分

gone様
今日も 片付け隊を率いて ちょこっと頑張る goneさんが眩しいです!
不思議な経験でしたが震災で酷い状態になった 部屋を片付けている時だけは 正常な気持ちでいる自分を発見しました。
片付けとあなどっていましたが 修行というか 精神的 平穏を感じました。されど・・ですね。
逆に 他は何も出来なかったんですけどね。〔笑)
goneさんの夢分析。素晴らしいです。私・・無宗教だし・・マラソンもした事ないし・・ 岡村さんファンってわけでもなかったんですけどね。
仏像は昔から何故か好きでみうらじゅんの見仏記とかは読んでいました。駅伝の舞台裏なんかも感動していたし・・岡村さんの事は 確かに大丈夫かと気にはなっていたんですよーーー。
子供の時から あまり人に心配されるキャラじゃなくて実際 どう見ても逞しいですしー・・
「俺は・・出来る。 俺は負けない。」ってよく心の中でつぶやいてました。この時は矢吹ジョー風なんです。笑)
結果 負ける 負ける。くじけまくってたんですけど。(汗)
どこでもドアできてもらったら 百人力なんですけどね。 心配してもらった事が慣れてないんですけど嬉しいです。この期に及んで・・ですが。
私も 他人任せだったな。と今回の事で強く感じました。 アレ?と思った事は どんな形にせよ
アクションしなくては・・と感じます。
大人なんだから キチンとしなくては・・と思っていましたが多少的が外れても 動く事がスタートですよね。きっと次に繋がると信じています。

投稿: 森おばさん | 2011年4月 7日 (木) 19時15分

sawara様
いやー・・実際 避難所では 他の家の子供も同じように叱ってました。
完全に うざいかあちゃんができあがりましたよ。(笑) 子供が集まるとトニカク 騒がしさも喧嘩も人数分 拡大するんですよーー
最初は躊躇してたんですけどね。抑えききませんでした。(笑)
でも子供って どの子も可愛いんですよ。
他人なのに しゅんとしたり するの。あとで菓子を上げたりするとにこっとするしね。
色々な事を考えるより 真剣。ということがまず大切なんだと教わりました。
先は長くなりそうですね。  
ボチボチいきましょう。

投稿: 森おばさん | 2011年4月 7日 (木) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/39451203

この記事へのトラックバック一覧です: 震災 三週間。:

« 震災 二週間。 | トップページ | 震災 一ヶ月。 »