« 震災 一週間。 | トップページ | 震災 三週間。 »

震災 二週間。

ここにきて 疲れなのか 体が重い。
無事 避難所から 皆 自宅に戻り日常を取り戻すべく 暮らしている。
節電もあり 家の中はホウキで簡単に掃除していたが どうにも 気になり掃除機をかけた。
いつもはテレビを見ている最中に 大幅に無神経なこのマシンの音を嫌がる子供たち。
今日は 「なんだか 前と変わらない音で いいねー。 安心する。」という。
あいも変わらず騒がしい子供の中にも 肉感的に地震の記憶は刻まれている事を実感する。
安全だと 連呼される空の下であっても おもいっきり遊んでおいでとは言えない自分がいる。仕方なく外に出る時は帽子とマスクを被せる。
あと数ヶ月我慢してくれ。といわれたなら 頑張りぬけるかもしれない。
それでも・・どれだけ続くともわからないこの状況。 しっかり悪い事も済ませ そこそこ 勝手に生きてきた自分はいいけれど 燦燦と降りそそぐ放射線の下を生きていかなければならない子供たちを思うと胸がつまる。
それと同時に 今も尚 命がけで仕事を遂行している方々の事故を知って この方たちのみならず肉親の方の気持ちを思うと 「ガンバレ!日本!!」と明るくガッツポーズがとれない。
と・・ あれこれ 愚痴っても 仕方ないのだ。
今 前に進まなければならないのは分かっている。
日本中の優しさを知って涙がでる。被災地の方の勇気を知って涙がでる。
「皆 ・・・ 偉いなああ。」と心から思う時は 大抵 「なんて自分は 駄目なんだー!」と思う時と同時である。(笑)
さて  余震が 怖くて あまり寝れないといいながら 一日 昼間 諦めて いや。投げ出して寝てしまった。
土産もの屋で 仏像を買う私。しかも三体。 ナイナイの岡村さんを励ましにいく私。
昔の知人にマラソンでかっこよく走る姿をわざわざ見せに行く私。  夢の中ではかなりアグレッシブな 私が存在する。 いったいどんな潜在意識のなせる技なのか分からないけど。(笑)

Epsn1080haru

ぐちゃぐちゃになったベランダの植木にも春を発見。

Epsn1082haru

球根の芽も少し大きくなって春をまっている。

|

« 震災 一週間。 | トップページ | 震災 三週間。 »

コメント

みんな疲れて来ているんじゃないかと思います。
でもみんなじゃないんだな・・
震災直後からずっと同じテンションで県内の放射線量を毎日お知らせしたり、どこのお店が何時に開いてますとかアナウンスしている人たち。
すごいな。
私は安定剤がないといられなくなってきて、夫に迷惑かけたくなくて、、でもこのブログを見に来るととても落ち着くんです。
ありがとうございます。

ちなみに勝手にマイブログにリンクさせて戴いております^^(無断でごめんなさい)
ご迷惑じゃなかったらこのままさせていただきます。

「なごみの湯sawara温泉」
http://sawara-onsen.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: sawara | 2011年3月25日 (金) 14時00分

って、あれ??
リンクはってくださってるし!!

テンションあがる~~~~Σ(゚□゚(゚□゚*)
ありがとうございました!

投稿: sawara | 2011年3月25日 (金) 14時02分

毎日気を張って暮らしていらっしゃるのですもの、疲れるのは当然です。
地震直後は、クライマーズハイとか言うのでしょうか?興奮気味で、何でも乗り切れるのですが、2週間・・・・しかも先が見えない・・・・疲れて当然です。
昼間お休みになれて良かったですね?とはいえ、この夢見の浅い眠りでは、ますます疲れてしまわれたのではないかと思います。
先が見えないのは、つらいですね。
東京では、すぐに買い占める輩がいて、本当に腹立たしいです。

投稿: 縫い工房 | 2011年3月26日 (土) 00時14分

sawara様
こちらこそ勝手にリンクで 申し訳ない!
URLがあったので 迷わず倶楽部加入させてしまいました。(汗)
無理にでも 少しはゆっくりしなくちゃ駄目ですよ。地震から数日は もう。自分では 対処できないストレスを経験されたんですから・・
旦那様に迷惑かけまくってとしてもまだ足りないはずです。私も今回の件で言葉では言い表せない喪失感を知りました。 皆 無事でよかった!で頑張ろう。でいいはずなのですが・・ モヤモヤとした不安が続くのですね。 強いストレスというのは事実よりも割り切れず尾をひくみたいです。sawaraさんの辛さ私なりに分かります。並じゃないですよお。ストレス計測器の針が振り切られちゃったんだもん。
まあ。こんな時は良いとされる事で 負担なく出来る事をしてみましょう。  
私は まず 横になる事。肌触りのいい毛布とかを抱いてます。ちょっとキモイけど(笑)それから温かい飲み物をゆっくり飲む事。あと・・心がけて深呼吸を何回もしています。
何か出来る事があったら言ってね。

投稿: 森おばさん | 2011年3月26日 (土) 10時21分

縫い工房様
東京の友人からもそちらの雰囲気を知らされています。「街に灯りが減って何だか外国みたい。」だと
無責任にもそんな街を想像して 暮らしの不自由さを除けばアリかも。なんて思います。
クライマーズハイ。なるほど。そんな感覚だったのかな。 ずっと昔二日間近くぶっ通しで撮影という仕事をした時は 苛立ち 不機嫌を超えたところにもう・・全ての事が可笑しくて可笑しくてというヘラヘラ状態が待っていました。(笑)
福島の物流の状態は遅遅として好転遠い感じですが・・私はひたすら待ちの状態です。
三日後には・・来週には・・きっと良くなると出来るだけある物で過ごしてきましたが そろそろ
限界。 被害が酷い地域がまず救済されるべきなのでそろそろ こちらの方が改善されるかな。と
まだ待っています。(笑)
私でさえ 疲労困憊なんで 避難所の方の心のケアがどれほど時間のかかるものかと想像するだけでいっぱいです。
でも! 出来るだけアエテ普段通りに皆が過ごそうとしている事は 私にも元気をくれていますよ。
ありがとう!

投稿: 森おばさん | 2011年3月26日 (土) 10時39分

皆同じ様な心境ですね
>「皆 ・・・ 偉いなああ。」と心から思う時は 大抵 「なんて自分は 駄目なんだー!」…
同感!同感!です
軽く皮肉を言ったり、冗談を言ったり…そうして吐き出しながら前進!
それしかありませんものね
池上さんが〈今がいずれ歴史となっていく〉と言っていましたが
一日、一日が自分史の一ページとなるのでしょう
愚痴や不満を言うのは人間らしい印ですね
結局額に汗しながら、笑いながら進んでいくんですもの
春ももうすぐそこ 頑張りましょう♪

投稿: Maria | 2011年3月26日 (土) 11時15分

>縫い工房さま
ありがとうございます。
三日間かなぁ、夫が寝てからキースジャレット『Danny Boy』の独奏を聞いたらぶっ壊れてしまいました。
クライマーズハイ、まさにそれでした。

>みなさま
それにしても、洋上風力発電だけで日本の電気はまかなえるという方もいれば、こないだNHKに出ていた方は『ムリ!』と言うし、どうなんでしょうか。


計画停電や断水が時々起こるくらいで良いんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。
今までと同じくらい無駄に潤沢な水、電気、ガス、ガソリンを期待せず、これを機会に
『ちょっと足りない位で充分足りる』
と、ACあたりで言ってもらったらどうかなと(笑)

投稿: sawara | 2011年3月26日 (土) 15時01分

不安な状況と重なる疲労の中、ユーモアを忘れずに頑張っていらっしゃるご様子に、こちらが勇気をいただいています。
そのお姿をお子様達は、言葉にしなくても心に刻み込んでいると思いますよ。

風力発電は..、日本ではどうでしょうねぇ~。
夫は仕事で原発も風力もやっていますが、恒常的に偏西風の吹くヨーロッパはともかく、日本では一部の海辺のウィンドファームを除き、多くが問題を抱えているようですし、開発から撤退する(または輸入に切り替える)メーカーも多いようです。
それでも子供達の未来の為に国の進むべき道は示されたと思いますので、迅速に方針転換をして動いてほしいですね。

一日も早く平安な日常を取り戻されますよう、心からお祈りしています。

投稿: みなあん | 2011年3月27日 (日) 02時03分

maria様
大好きなmaria さんに同感!と言って頂けると
こんな時でも嬉しいです。映画のレビューも みいちゃんのお話も フィギアの記事も大変興味深く読ませて頂いてます。 文章がとても素敵。note
震災後は思いがけず出来た時間を読書にでもあてたいともくろんでいたのですが 精神的に無理でした。(笑) 最近になって ニュースやバラエティに出演されている方々の衣装が地味なのが (もちろん こんな時だから当然なのでしょうが)ちょっと淋しいなー。なんて感じるようになってきたので 私自身の元気も復活傾向なのかと思っています。日常のありがたさを感じたり
暮らしの中にもっと改善できる事がある事をそれぞれに気がつけたと事を無駄にしたくないですよね。

投稿: 森おばさん | 2011年3月28日 (月) 11時06分

sawara様
キース ジャレットかー。(笑)
久々だな。
そっちの方もお好きなんですね。
魂系ですね。(笑)
度々来日されてたけど現在もお元気なのでしょうか・・
ACのCM 我が子の間では クイズとなっています。(笑)「お母さんが 病気になったのは何歳?」とか・・不謹慎ですね。
「ちょっと 足りないくらいがちょうどいい」私も賛成です!

投稿: 森おばさん | 2011年3月28日 (月) 11時20分

みなあん様
旦那様のお仕事はそちらの方なんですねー。
今後第一線に 忙しくなりそうな重要なお仕事ですね。以前 何かの報道番組で原発が 他国では(欧州だったか・・)あまりにリスクが大きいので 今後の電力開発の 選択肢としてナイ!ということを知っていました。 そんな中現在も日本では 原発が建設途中にあったりして・・
今日の事故を経験しなければ 知りえなかった事も多くあまりに勉強不足だったと反省しています。驚いた事に福島原発付近の方が本当に 心底
安全と信じていた事です。 それは おそらくですが 度々 安全でしかないフィルムを見せられ
安全でしかない話を聞かされ ある種 マインドコントロールされていたのかな?
と感じました。 関東にいた私は 原発イコール危険という思考しかなかったので これは国の仕業だな。と・・
リスクに見合う実績が あるかといえば他国の姿勢からして そうでもないようです。 では 何故?ここが 真実なのかは定かではないけれど利権がらみらしいです。本当かよ。
今後を見とどける事は私達に残された責任ある仕事の一つですね。

投稿: 森おばさん | 2011年3月28日 (月) 11時39分

森おばさん様が原発について何も知らないわけはないし、
私も本当のことを言えば、「お子さんたちだけでも、そこを離れて欲しい」と思っていますが
今は森おばさん様も慌てず落ち着こうと気を張っておられるのに
こちらが感情論に走ってはと、少し書き込みを自粛していました。

私のブログでは先週、みなあんさんへのレスに、プルトニウム関係の動画を貼ってしまいましたが
一晩眠れずに考え、それは別の動画に差し替えました。

でも噂レベルではなく、見通しの無い避難所生活の中、放射能の危険にも晒されているという現実と向き合っておられる皆さんが
更に自主退避を強いられることは必至かと言われるようになり、
森おばさん様の不安もいかばかりかと・・。

ある有識者の方が「絶対的な安全性を唱え、半ば強引に国が設置した経緯からすれば、
想定外の事態などと言う弁明はとても許されるものではない」と書かれていましたが
こうなっては後の祭り。

私が持っていた「まだ間にあうのなら」という原発を告発する冊子は
誰かに貸したのか見つかりませんが、副題は「IS IT TOO LATE?」でした。
あれから数十年、今では狭い日本の国土になぜこんなに沢山の原発が・・と驚くばかりです。

すでに九州最北のこんな町にも、故郷に移住希望の方がぼちぼち帰ってこられているそうですが
こちらにも、原発(佐賀県と福岡の県境海上)はあります。
姉が毎月大きな箱で頂いている鹿児島の水も、注文が殺到してなかなか電話が通じないのも、
皆自分や家族を守るためでしょう。
判断や見通しの違いは人それぞれですが、日本中が茫然自失の今
深く冷静に事の重大さを見極めたいですね。

投稿: wildrose | 2011年3月29日 (火) 12時09分

お久しぶりです
お疲れさまです

身体も心も思っているよりダメージを受けているのでしょうね・・・
お母さんだから家族の誰よりも家族を思っているし
必要とされているでしょうし

写真でみるおうちの様子
ニュースで日に何度も聞く「福島県」という地名
福島とは言ったって広いのに
ただただ福島が!森おばさんちが!って一人あわあわしていました

あの地震以来なかなかPCを立ち上げることができなくて
ふと今日は計画停電もなく静かなお休みとなって
気になっていたここに訪れることができました

生きていてくれてありがと!

投稿: しのぶ | 2011年3月29日 (火) 21時21分

wildrose様
ありがとうございます。 心配して下さっている事が 隅々に感じられます。子供たちの事は特に 身内のような感じに思って頂いて・・感謝です。
wildroseさんとみなあんさんのやり取りも読ませて頂いて 他の原発関係の事実も知って 日に日に恐怖はつのっています。 家族と放浪の旅に出たいような気持ちと 意外に積もっていたこの土地での歴史の間をうろうろしています。
農家の方が 種まきの時期が迫っているけれど
この土地で始めて大丈夫かと 国に検査を求め それが実施されています。客観的に見れば 私なら結果がどうあれ それは無理だろうと思いますが 生活というのは 悲しいほどに根っこの生えているもので 理屈も感情も 超えたところにあるんだと感じました。お腹がすいたら食べる。怖くても勤めて寝る。頭の中はまったく別の事を考えていても 生きるというのは そういう事なんだな。なんて・・
私もこの土地で助かりたいなんて本当に思っているのか自分でも分からないんです。
今 ここに暮らす人たちが 私も含めて 行く所がない。というのも事実ですが まだ信じている。というのも事実なんだと思います。
それでも・・ あまりに良くならない!全て上手く解決したとして終息期間最短数十年。という事実は頭の中でぐるぐるしています。
インフルエンザに続き 末息子がりんご病になりました。「一晩寝たら お顔がりんごになっちゃうよ。」といったら おじいちゃんに「りんごになってても 間違えて 皮を剥かないでね。」と言ってました。(笑)
守るものは大きいです。think

投稿: 森おばさん | 2011年4月 1日 (金) 07時54分

しのぶちゃん。
そちらも揺れたんでしょー。
お家の中 お婆ちゃんとか大丈夫でしたか?
心配してくれてありがとう。
私も 初めて死ぬ事を近くに感じました。
これはその後 経験した事のない様々な感情と向き合うスタートでした。 
でも 笑って バカな事を連発して 今日も生きています。本当にしぶとい生き物だった私。(笑)
しのぶー ともえちゃんと連絡とりましたか?
慌しくて・・私も取ってみるけど。
少しずつ 春を感じる毎日ですね。
しのぶちゃんの毎日もそうでありますように。

投稿: 森おばさん | 2011年4月 1日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/39359961

この記事へのトラックバック一覧です: 震災 二週間。:

« 震災 一週間。 | トップページ | 震災 三週間。 »