« 2011年 映画生活スタート MEMO | トップページ | ご近所おつきあい事情 »

デジタルネイティブ

Epsn0968banana2 Epsn0969banana1

常備してあるバナナにて製作・・・・失敗のないケーキです!

映画「ソーシャルネットワーク」がゴールデングローブ賞で四冠に輝いてから 映画紹介コーナーやら IT業界の現在。みたいな番組が多い。

はっきりいって・・この手の話題から遠く離れた暮らしをしている私だ。
ただ・・小学生の息子たちが ゲームに入り込んでいる姿を見るにつけ・・「そのゲーム 最初から結末がどうなるのか決まってるんでしよ?それを作った人の思う壺にはまってるんだよねー。どうせなら・・作る方に興味ないの?」とからかう。
実際簡単なソフトなら小学生だってプログラムする世の中らしい。札束をちらつかせた大人がある日やってきて・・「ビジネス」という刺激的な響を耳元で囁くのだろう・・あくまでも想像だけど。(笑)
全力で画面に向って 叫んだり 残念がったりしている様子が 私には理解できない。(笑)
これがジェネレーションギャップってやつですか?
何時だって理解の範疇を超える物に 最初は恐怖を覚え 否定するのが大人である。
言っておくが・・私は脅威ではない。
子供は子供。 難しい用語にやり込められるほどヤワじゃない・・リングに上らないし。(笑)
と・・いいつつもわが中学生の娘は私よりよほどこのITの世界で羽ばたいていて 全国各地に友人がいるようだ。

PCを使う上で 分からない事をついつい・・娘に聞く情けない私だ。子供は子供といいながら・・結構愛想よく 擦り寄っているのが現状。(汗)
デジタルネイティブというのは・・つまり・・生まれた時からデジタル環境が当たり前のものとして存在している世代の事らしい。最近ではさらにネオデジタルネイティブという世代も。
まっ。我が娘もその一員。
PCを使う上で分からない事なんて・・けして生身の人間には聞かない世代なわけだ。
だって・・答えは画面の中に丁寧に説明されているのだから・・
横で見ていてもまあ・・作業の早い事 。「アタックナンバーワン」に出てきた桂三姉妹の三位一体の攻撃みたいに・・(例えが昭和ですが。)

そうそう「ソーシャル ネットワーク」のマークザッカーバーグの早口も凄いらしい・・
今朝のニュースで17歳の男子がIT系の会社を 中高生のツイッター仲間と立ち上げた事を報道していたが・・  若き実業家である彼もとにかく早口だったっけ・・
そんなに急いで何処へいくのだろう。
スピードが命の世界らしいけど 人生は長い 生きるのを急ぐような結末にはならない事を心から祈る。 いかにもオバサン意見だけど・・意地悪や呆れていってる訳ではないのだ。心配しているのだ。これもオバサンがよく言うけど。(笑)
その時 その時でしか 見られない景色があるからね。という事。

娘の修学旅行の班割でうまく仲のよい子との調整が出来ずにいるらしい。
「意見がまとまらなければ・・くじ引き」という。
「せっかくの楽しい旅なのだから・・ せいぜい頭を使って 皆で譲りながら話してみなさい。」
といった。中学生活ただ一度のイベントなんだから つまらない事に時間をかけたっていいんじゃないの?

Epsn0970rinogo おじいちゃんが隠してた林檎を使って製作!ごめんね。

Epsn0971norenn tutayaの前に時々マルシェ。よく見るとかわいいノレン。

|

« 2011年 映画生活スタート MEMO | トップページ | ご近所おつきあい事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなケーキに釣られて、久しぶりにお邪魔します(笑)
おじいちゃん、林檎を隠し持っていたんですね(笑)
可笑しくて可愛くて、何だかほのぼのしました~♪


デジタルネイティブ・・確かに今の子供世代はそうかもしれないですね。
お子さんたちの将来は、一体どれだけデジタル化しているのか
もう私たちには想像がつかないですね;☆

私の息子は早口というより無口だけど、専門用語を使うときはそうなるので
「?」という顔をする私に、小さくため息をついて「あのね」と今度はバカ丁寧に。
こちらは、ちょいと小バカにされたような気分になります(笑)

以前から私もそれ系統の子たちの「ゲーム脳」化や、
視力低下はもとより、神経系統の乱れを起こす可能性を知るにつけ心配していたので
>意地悪や呆れていってる訳ではないのだ。心配しているのだ。
と仰る森おばさん様のそのお気持ち、すごーく解ります。

息子は自分の好きなことを否定された気がするのか、昔はよく二人、衝突してました;
初めにゲーム会社に就職した時には、「好きなことが仕事になって良かったね」と心から言えたのですが、
3年後システム開発や設計を手がける今の会社に移った理由は(私には言いませんが)
職場の床で寝るようなハードさが「好き」を遠ざけたからかもしれません・・。

その息子は昨日が誕生日だったので、読まれないかもしれないメールを、懲りずに送りました(笑)
この仕事でも、「心」は大事だと思うのですが、
映画を観る限り、そんなのは甘い考えなのかなと思わされました。


下の日記の見ていない映画、私も借りてみたいと思ってます!
Mariaさんやこちらの、信頼できるレビューが参考になって嬉しい☆

投稿: wildrose | 2011年1月22日 (土) 11時09分

wildrose様
ありがとうございます。お名前見つけるとテンションあがります。
息子さんかっこいいですねー。きっと凄く難しい事をやってるんだろうなー。もてそうですー。(笑)
親としては心配するけど・・仕事を尖がってしている人は魅力的ですもの。
三人のお子様 それぞれにwildroseさんのDNAを引き継いでいらっしゃると直感的に感じます。
「エエーッ」と否定されるかもしれないけど・・
結構・・お知りあいに似てるっていわれるでしょー。(笑)美的才能や・・語学に対してのとりかかり方や・・旅人なところとか。
兔のダンスをしていた息子さんを想像しました。
それを見守るwildroseさんも。誕生日のメール絶対見てますよ。わざとさりげなくしてる事も分かっているはず。 私も大切な事を母には言わない子だったけど それは絶対。(笑)
デジタル化は進みますが・・やはりコミニュケーションのツールである事がぶれないといいな。と思っています。だって・・何とかネットワークやツイッターなんかもそうですが・・用は皆 結構人と繋がりたいんだね。と感じるから・・
素敵なビデオクリップなんかも沢山生まれて楽しみも多いんですけど。
おじいちゃんは相変わらず暴走してますが・・相変わらず笑っちゃいます。おじいちゃんが楽しそうな事が一番いいと どこか思っていて 矛盾してるんですけどね。coldsweats01

投稿: 森おばさん | 2011年1月22日 (土) 22時44分

 あの~、デジタル化と全然関係ありませんが、カレンダーの上の、マスコット人形は「FLINTSTONES」でしょうか? 主人が聞いています。彼が子供のころよく見ていたアニメだそうです。私には何のことかチンプンカンプンで、、、、。 
 いつもおいしそうなケーキの写真、ありがとう。私は今日はハンガリーのケーキを焼いたけれど、今ひとつ、、、、。 主人のおばあちゃんはハンガリーからアメリカに移民してきたのです。だから私もたまにファミリーレシピのハンガリー料理に挑戦。でもやっぱり同じようにはできないのよね。
 昨年10年目にしてやっとクッキーが「Vest One」と義父ほめられてそのあと直ぐに亡くなりました。そのクッキーは今でも冷凍庫の中に少し残してあります。そのあと何回か作ったけれど、やっぱり同じ味にはならないわ。なぜかしら???。でもお菓子焼くのは楽しいよね!!!

投稿: アメリカ在住の親友 | 2011年1月23日 (日) 10時29分

アメリカ在住の親友様。
ありがとう!まず・・マスコットですが・・
娘が3年生くらいの時 私の誕生日かな?に作ってくれたものなの。私よ私。モデルは・・happy01
エリック残念。(笑) でもそのアニメ観てみたいです。エリックが子供の頃って・・すごい昔だよね。あっごめんごめん。(笑)
ケーキですが・・この所 安くオーブンレンジゲットしたんで。。調子乗りすぎで作ってしまってます。でも大雑把人間なので ベースは「ボール1つで出来るケーキ」という本からレシピを拝借してます。多少 クリーム状じゃなくっても3回振るところを二回にしてもそれなりに出来るので気にいってます。娘が友人の家に行くというので・・慌てて作った時なんて・・小麦粉がなかったから天婦羅粉を使ったけど普通に美味しかったらしいです。(笑)専門家が聞いたら泣くよねー。ハンガリーのケーキなんて想像できない!!というか・・ハンガリーがダンスしか想像できないし・・(笑) 以上の様子を聞いて私でも出来そうならレシピを教えて。ハンガリースタイルやらニューヨークスタイルやら 名前はカッコいいけど・・私天婦羅粉使うから・・(笑)
クッキー誉めてもらえてよかったね。お菓子は和食と違って きちんと計量するのが基礎らしいです。私には言われたくないよねー。(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年1月23日 (日) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/38551922

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルネイティブ:

« 2011年 映画生活スタート MEMO | トップページ | ご近所おつきあい事情 »