« オレンジの世界 | トップページ | 伊達 直人に思う »

街物語

冬休みも終わり・・ようやく 通常モードの生活が始まった。
心と体のリズムが合わないのが・・歳をとるということなのか・・
階段を下りて 漫画のようにすってんころりんと一瞬 空を飛んだかのように転び玄関先にホール イン ワン してしまった。(笑)
笑い事じゃないほど 激痛が走ったが我ながらの事態に笑ってしまった。(その場に干物のように倒れたまま)
推理ドラマなら・・過失で人を突き飛ばし たまたまそこにあった石に頭をぶつけ死亡。何て事もあるが そんな簡単には 神様はあちらに送ってくれないものだ。何て頑丈なんだ。私。
昔からの友人の年賀状に「疲れても倒れないが 共通点」とあった。
数年前は「働いてナンボの女 が共通点」とあった。本当にうまい事をいうもんだ。と思った。


Epsn0966inu
いつも 気持ちよく昼寝しているわんこ。その様子が撮りたくて近づくも・・吠えられてしまった。(ごめんねー。)

さて・・少し前のドラマに「新参者」というのがあった。
阿部寛の主演で 東野圭吾 原作のドラマである。
阿部ちゃん扮する刑事の推理物であるが・・主軸は人形町を舞台に事件に関係するそこに住む人たちの人情物である。
東野作品は いくつか読んだ事があるが・・どれも映画やドラマになりそうな エンターテーメント性のあるストーリーが多い。これは特に刑事物+人情という二本立てで 年齢層の上の人も取り込めそうなお話で「ちょっと重松 清 入ってるよね。」と当初から 思っていた。
そのドラマの主題歌が 山下達郎の「街物語」である。

あまり変哲のない曲なのだが・・いいな。と思った。
もともと ミディアムテンポの フォービートには耳が誘われる傾向のある私。
あまり細工のないメロディーで 隙間がたっぷりある曲が好みである。
ドナルドフェイゲンのアルバム「ナイトフライ」みたいにね。

そして・・この曲を作るにあたって 実際にこの街を沢山歩いたというエピソードを聞いて
ますます 納得した次第である。
というのも私  短大を卒業して四年近く この街に勤めていたのだ。
小伝馬町から・・人形町・・ 
今でも古くからの着物問屋が商社と名を代えて立ち並ぶ。オフィス街であるのに何故か昔懐かしい町並みで 少し歩けば 路地裏に老舗の 喫茶店なんかがあったり(しかも古くて床がきしんだりして)駅前は 行列の鯛焼き屋さん。 ちょっとお高めの佃煮屋さん。
そんな光景が 曲とともに浮かんで懐かしい気持ちになった。

大都会 東京にあっても こじんまりと落ち着く街である。
それから・・いろんな街とともに生活してきた私だけど 街1つでも何となく合う。合わない。というのがあるような気がする。
「 ザ・都会」みたいな歓楽街でも居心地のいい場所もある。
不思議だなーと思う。

用事がなくても どこかで降りてみるような そんな暮しができたら・・と思う。


Epsn0961tizukake Epsn0963tizukake2
よく作るベイクドチーズケーキ。 子供たちは待ちきれず いつも アツアツを頂く。
冷やした方が美味しいんだってばー・・・

|

« オレンジの世界 | トップページ | 伊達 直人に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

都会には縁のないままこんな年になってしまいました。

東京と言えば下町におばあちゃんちがあったくらいで・・・

いつも森おばさん(っておない年はなかなか言いにくいけど!)の日記は深い味わいがあって
エッセイ読んでるみたいよ( ^ω^ )

毎日が濃く過ぎているのを感じます

でも確実に足元ヤバいです!
まだまだそう簡単にお迎えは来てくれないし
川を渡らせてもらえないけど
ほんと!気をつけて(と他人事ではないぞ!)

あとからあちこち痛くなるかもしれないから
ご用心を・・・

微妙な年齢をどう乗り越えるか
今が境目かもしれないですね。

投稿: 沙夜 | 2011年1月12日 (水) 17時18分

楽しく読ませていただきました*
このドラマは見ていないけれど、私もこのあたり、
地下鉄で覚えがある場所です。

森おばさんの文学と音楽の造詣の深さが出ていますよね。

そして、美味しそうなチーズケーキですね。

食べたいです@

投稿: yukoeden | 2011年1月13日 (木) 09時29分

沙夜様
もう・・仰るとおり・・ アチコチ痛いのですよ。(笑)
腰には 「L」の青あざがー。ダミアンのように悪魔の印が出来てます。首もまさに回りません!
本当の意味でもそうだなあ。と笑います。
お婆ちゃんのお家 下町だったんだ。 柏からだと金町や亀有が 近くだもんね。 私も帝釈天にはよくお参りに 行ってました。
小伝馬町勤めだと日比谷線乗り換えなんですが・・これが尋常じゃない混み具合で・・殺気を毎日感じていました。転職後は千代田線で少しのんびり。街に相性があるように 電車にもあるかもね。すっかり地元話ですねー。
そうそう。東武線は二車線になったんだよね。
懐かしいです。(笑)

投稿: 森おばさん | 2011年1月13日 (木) 10時15分

yukoeden様
ありがとうございます。
私も yukoedenさんのブログは欠かさずチェックしています!羽生クンの特集も教えていただき見ました。無駄なお肉がまるでない肉体が さらに磨き上げられていく様を長い目で見守る所存です。
ジョニコ王子のデザインのコスチュームを縫い上げているお母様の様子を何度かみましたが凄いですよねー。私的には・・あのピンクのデザインは少年から 花開いていくイメージらしいのですが・・ちょっとー。と思ってしまいましたが・・
王子押しの私なのに(笑)
チーズケーキは 大まか人間の私にはぴったりのレシピで 生チーズも 生クリームも市販のサイズ一箱を入れて混ぜるだけなんですよ。
書いただけでも・・高カロリーがばれますよね。bleah

投稿: 森おばさん | 2011年1月13日 (木) 10時34分

 いつも楽しくよんでいますよ。私のパソコンでも読めるようになりました。しかし主人のパソコンでは画面がグリーンですが、私のパソコンは真っ白。でも文も読めるし、写真も見れるからまあいいかなぁ~、 日本語もあまり使っていないと、文を書くのもなかなか言葉が出ず、コメントいつも失礼させて頂いています。
  今回のテーマなかなかいいです。動画でいつでも日本のTVや音楽が聴けるけれど、「何がはやっているの?」状態で、知らない俳優だらけだと、全然面白くないし、ストーリーが若者過ぎてついていけなかったりして、結局は昔はよく見たトレンディードラマに行き付く始末。
 こんなふうに、同世代からの俳優から作者からストーリーの説明までしてもらえると、大変ありがたい。それに主題歌が達郎とくれば、音楽だけでも聴いてみたくなる。主題歌まで解説してもらえると、まるでくじに当たったようなとてもラッキーな気持に。。。この手の話題は定期的に続けてもらえると、私的にはとてもありがたいです。よろしくね。もし私が神様なら、年末のくじ引きは温泉旅行をプレゼントするでしょう。(笑)
 週末は雪なので早速ドラマ鑑賞。 うーん日本のチーズケーキおいしそう。私が好んで作るのはニューヨークスタイルのチーズケーキ。クリームチーズにサワークリームを混ぜたもの。とってもこくがあるケーキ。

 足元気おつけてくださいね。私も昨年同じような目にあいました。ホント一瞬 空を飛んだかのように、、、。私だったら、今年はもう雪かきしないなぁ~。直ったって痛みの続いている振りして、全部旦那にまかせてしまうなぁ~。

投稿: アメリカ在住の親友 | 2011年1月15日 (土) 13時08分

アメリカ在住の親友 Hらちゃん。
嬉しいです! レス遅くなってごめんなさい。
日本のドラマ情報を喜んでくれてるのは多分Hらちゃんだけよ。しかも新参者はもう・・古い部類です。(笑)
今 日本は 連ドラの新しいクールのスタートで毎日続々と新しいのが封切りしてます。Hらちゃん同様 若者ドラマには・・ちょっと距離を感じてしまう私・・
でも・・脚本に魅力を感じれば見ていて楽しいよね。むしろ アメリカ発のドラマに日本人ははまっています!私は SATCとER止まりですが・・友人の多くは24 やデスパレート・・ LOST どれも おもしろいらしいね。
ところで・・そちらは雪どうですか?私は今日も雪かきでしたよ・・こちらとはスケールが違うから・・男力が必要でしょうねー。あたしゃ。。もうマシン並みに雪をかく女ですよー!
そっちで雇ってもらえないかねー。(笑)
夏は雑草も刈るよー!!働くよー!!
なんて・・  私的に働いた分 お金を頂くシステムが気にいってるんです。あと・・古いものを直し直し長く使うという生活。いつも・・何か故障すると「もう部品が生産ルートに無いんですよねー。」といわれ 納得せざるえない苦しみ。解消したいのです。 今の私には多くはいらないのです。気にいった物を少しだけ騙しながら暮していきたいのですよ。(笑)
でも・・日本のオトコの人は優しくは無いんですよー。そして・・優しくされてもどう対処したものか・・という女がここに。
そうそう。親友Kさん。今クール久々の連ドラ
スタッフとして参加してるのです。 松下奈緒という女優主演の刑事ものです。
彼女には・・沢山の芸能人を堪能させてもらったのですが・・ 今は自分の子供ほどのメンツと一緒に仕事してるみたい!
Hらちゃん!!またコメントお願いします。
心の支えにします!!

投稿: 森おばさん | 2011年1月17日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/38437748

この記事へのトラックバック一覧です: 街物語:

« オレンジの世界 | トップページ | 伊達 直人に思う »