« 対岸の彼女。 | トップページ | かわいそうじゃない »

今になって・・・

Epsn0759tokei2 Epsn0761gakuiku
近くの文化祭で作った飾り 左は私。 右は双子の作品。

自分の歳を感じる事は多々あるけれど 子供連れの若いお母さんを見て  ヒールの妊婦を見て「おいおい・・危ないぞー。」とつい姑のような気持ちになる時も それを感じる。(笑)
色々な事で「おいおい・・」といわれる立場だった頃はやはり姑言葉は 面倒だった。

今になって 心配してくれてたのかも・・と思うけれど できれば さりげなく風のように忠告できるような方法があれば ぜひ取得したいものだと思う。風のようにさわやかーに。(笑)

昨日は本屋の店先で二歳くらいの子供がただひとり・・今にも外に出る機会を見計らっていた。しばらくパパ ママの存在を目で探したが見当たらない。心配だし時間もなかったので
おせっかいでもいいや。と思い子供に話し掛け手をひいて店員さんに事情を話し 親を捜してもらうように頼んだ。息子が「ママは誘拐者みたい。」というので 勘違いを正すべく小言を少々・・つーかクドクド。(笑)
おせっかいおばさんと不審者を仕分ける術は子供には難しいのかもしれない。あまりに不審者や連れ去り 虐待 いじめ などという言葉が氾濫してしまい言葉の違いまで把握できないのではないだろうか・・
近くの小学校でも校長から公然と子供たちに「知らない人にはあいさつしないように・・」との通達があったらしい。それはおかしいでしょー。と思ったけれど それだけ悪と善がごちゃ混ぜの中 子供たちは生きていかなければならないらしい。意味を誤ってはいけない。訂正していかなければならない。理解して自分や周りの人を守れる人になってほしい。
もちろん地域で子供たちを育てなければ・・と思うので あいさつは当たり前 だと思っている。大人・・教育者にとっても仕分ける術は難しいのかもしれない。
なんか変だな。
誰だって 面倒は避けたいし できれば嫌われたくないと思う。
それでも 私はおせっかいおばさんでいよう。無関心な人だけにはなりたくない。
おせっかいを焼かれた方だってずっと 先に 私のようにあの時は面倒だったけど
今になって・・と思うときがくるかもしれないし。別にこなくたっていいや。(笑)これが本音。
Epsn0745fu Epsn0752gaku男らしく・・? 見えるかな?Epsn0754iku Epsn0757kaito 音楽都市 「楽都」くん。
Epsn0764danngo 週末は小学校で参観日がありました。双子は学習発表をがんばりました。娘はよさこい披露。末息子は地元のゆるキャラとツーショット。
夜は 皆でおはぎを作りましたが・・作りすぎ・・甘すぎ・・で大変でした。coldsweats01

|

« 対岸の彼女。 | トップページ | かわいそうじゃない »

こども」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。これを読んで思い出しましたが、
一度、9時頃車で通りかかったところに、酔っぱらいの
人が倒れていて、寒い冬だったので、住宅街の死角で、気がつかれないと、眠って、そのまま死ぬかもしれない
と思って、警察を呼んだら、(心配なので、様子もうかがって)パトカーがやってきて、安心して、車から出ていったら、家族が来られて、家族には感謝されましたが、本人は、酔っぱらったまま怒って、とても怖かったことがあります。(多分本人は覚えておられないほど酔っていました。だからよけいに怖かったのです)

親切って、どう思われるかってことも引き受けてやらなければならないし、自己犠牲ですよね。
でも、それって、本能的なもので、せずにいられないものですよね。だから、世の中救いがあるのだとも思います。計算抜きでやることの中にその人の価値観が輝くのだと思います。
それでも、自分のことを大事にして、おりあいをつけての親切がベストですね。

だって、酔っぱらい、すごーく怖かったです。
何かあったらいけないので、パトカー呼んだのは、良かったけれど、出ていかないで、様子を見守ればよかったと思いました。

投稿: yukoeden | 2010年11月10日 (水) 15時06分

yukoeden様
こわい思いをされましたね。でも yukoedenさんのおかげで その酔っ払い 命拾いしましたよ。
夫の友人は同じ状況で車にひかれ亡くなってしまいました。yukoedenさんはかわいそうだったけど そんな酔っ払いにも家族がいて悲しむ人がいなくなった事だけで丸って事に・・・偶然はめぐりあわせですが 私も同じ事をしたと思います。私ならその酔っ払いの手が届かなくなった地点で石でも投げるかもしれないけど(笑)
本能で誰かを救えたらその時点で犠牲ではなく自分が花丸をもらえた気分になりますね。その時点で決着。というか・・あとの事はよくても悪くても忘れていい事なのかも・・
ある程度大人になれば 理不尽だ。と判断できるけれど子供が 間違った観念をもったまま本能で親切ができなくなってしまうのは怖い気がします。他人を救いたいと思う心は 誰かに愛された記憶がなければ生まれないと思います。
最近 子供の自殺のニュースなどを知り胸が痛みます。

投稿: 森おばさん | 2010年11月10日 (水) 20時40分

本当に。
私もつい、「迷い」よりも「見過ごしたゆえの惨事」の方が頭をよぎるので、
森おばさん様がなさったようなことを選んだと思います。
なので、yukoedenさんのことも、他人事じゃありませんね。
実行する際は、「用心」も大事なのですね・・。

2年前くらいのこと。街の中で、自転車ごと倒れて動けなくなっている若者を、
友人?と思われる人たち数人が取り囲み、ニヤニヤして見ていました。
見ると、怪我はかなりひどい。

「救急車は呼んだの?」と訊ねると、「いいえまだ・・」と。
私はその人たちが「何故笑っていたのか」が、とても気になり、
つい首を突っ込んでしまいましたが、いじめに見えたときは
知らない子同士のことでもつい成り行きを見守ってしまうことが多いです。

以前ご近所に住んでおられた認知症のおばあさんの家から焦げ臭い匂いが漂ってきたときなども、
何度ドアを叩いて(耳が悪い)安否を確認したことか!(笑)
れっきとしたおせっかいおばさんですね;

>他人を救いたいと思う心は 誰かに愛された記憶がなければ生まれないと思います。

森おばさん様の仰るとおりかもしれませんね・・。

投稿: wildrose | 2010年11月11日 (木) 10時09分

wildrose様
私も 笑って見ていた若者・・とても気になります。酷い怪我をしていてもそれを現実としてとらえ対処する事にピンとこない。これは深刻な事ですよね。その仲間のひとりでも間違った方向でもいいから「助けてくれ!」と大きな声で言えたら違ったのかもしれません。笑ってる??怖いです。
子供の参観日で小学校の三年生くらいまでは 感情がストレートで 女の子も男の子も「気にいらない!」といいあってます。その代わり水泳やマラソンで自分より遅い子もうんと早い子も同じように他人を一生懸命応援したりして・・
年齢が上になるに連れ 成長の過程なんでしょうが・・そんな場面も減り 自分とむきあう時間が増えて 一皮むけてまた他人と付き合っていく感じなのかな・・小学生をひきあいに出すのはどうかと思いますが 結構興味深い。
若い子って・一緒にいるからって仲がいいかも分からない・・ひとりがいやだから何となく一緒みたいな子もいるんでしょうね・・言い合いもしない。応援もしない。自分とも向き合わない。でもいつも一緒。だから・・怪我をしててもリアリティがないのかも。
結果 心配が過ぎても・・事なきを得たらそれでいいですよね。
本当は自分でいうのも何ですが・・恥かしがりやの方なんですけど・・知らない子でも叱ります。
顔が赤くなります。赤ら顔を手でかくし 正義のおばちゃん道を これからもひた走ります。delicious


投稿: 森おばさん | 2010年11月11日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/37595900

この記事へのトラックバック一覧です: 今になって・・・:

« 対岸の彼女。 | トップページ | かわいそうじゃない »