« 笑える映画さがし | トップページ | もうすぐクリスマス!! »

ピアノ

Epsn0797kotosi 今年の衣装はこれ。裾と襟ぐりにレースを縫いとめてみました。Epsn0829hana お花を頂いた。

一年に一度。秋から冬にかけて娘たちのピアノの発表会がある。
小学校の目の前に ドラえもんがピアノを弾く絵が描かれているお家。これがピアノ教室だ。
その絵のように 優しい雰囲気の先生が営まれている。
ご夫妻で教えておられ 今年で30周年になるそうだ。

私も子供の頃少しだけ ピアノを習っていたのだが 長く続ける事ができなかった。
音大出の綺麗なお姉さんが先生だったがその美しい横顔が能面のように 冷たく思えてまず あきらかに練習不足という事実を胸に抱えながら・・失敗した時のキンとする沈黙に耐えられなかった。先生が そこでいっぱつお叱りの要素を多少交えながら笑わせてくれるような人だったら (完全に他力本願だけど 笑)もう少し通えたかも・・
ピアノは嫌いじゃなかったのだ。サラリーマンの父に分割払いの苦しみを背負わせて買ってもらった大切なピアノだった。
ピカピカに磨きあげてきちんと調律を施していたのは・・私が中学に入り部活や友人との遊びの方が優先されはじめた頃までだったと思う。
やがて 棚のような役割になり・・みかん籠を載せられ黒くばかでかい塗り壁ならぬ塗り棚は 邪魔物扱いされてしまった。

娘たちがピアノを習いたいという事で ようやく実家から運び込み 第二の人生を歩きはじめたピアノである。長い冬眠から目覚める思いだったろう・・
しかしこの親にしてこの娘あり・・悪い所は似るものでまたしても練習熱心でない弾き手に迎えられ人生の苦難をつのらせているはずだ。 我が子がそれでも レッスンを何年も続けているのは先生に恵まれたお陰だと感謝している。
先生は「音楽は楽しむものだから・・練習してなくても来なさい。漫画を読んでいてもかまわないから・・」と いつも声をかけて下さった。
私たち親にも「うちの教室は上手になるのは遅いかもしれません。テクニックを磨くだけならよその教室へいかれる事をお勧めします。」といわれた。
それをいい事に・・一向に上手にはならない娘たちだが・・(笑)

年に一度というスタンスはどんな子供にもそれなりの変化を生むもので 殆ど 幼稚園や小学生の頃から知っている どの子も皆 落ち着いて弾けた。 とか間違えなかった。とか楽しかった。とか去年とは違うひとときを刻む事が出来ている様子である。時折見違えるほど上達している子もいれば 何があったのか知りたくなる程女性らしい演奏に変わっている子もいる。このピアノ教室は総勢55人あまり・・下は幼稚園生の「むすんでひらいて」から小 、中、高、大、社会人まで シューベルトや ショパンの幻想即興曲や革命 まで曲も様々である。クラシック通ではないけれど どの曲も素晴らしい。心が揺れる。並べて聞くと演奏はテクニックや曲のレベルが高いほど感動する訳ではない事がよく解かる。

頑張ったなーという母の気持ちと音楽本来のもつ力が燦々と体に染み込んでくる貴重な時間になっている。今年は上の娘がメンデルスゾーンの「ベニスの舟歌」 下の娘がスメタナの「モルダウの流れ」を演奏した。

小学生のうち・・娘の衣装は私のお手製にした。
もうすぐそれも終わりを迎える。大変だったけど少し寂しい気持ちでもある。
Epsn0789kyonen_2 去年はこれ。Epsn0800syoru ショールはバラをリボンで作って縫いとめた。
Epsn0827kake ピアノ教室からのご褒美。Epsn0812piano4一日ご苦労様でした。私も 司会をお手伝いしたり あとかたずけで珍しく働きました!

|

« 笑える映画さがし | トップページ | もうすぐクリスマス!! »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。いいですね~発表会のドレスのためだけにでも、双子girlにピアノを(あるいはハープを)習わせたい母です。
・・・・が、内弁慶の娘にはバレエ・・・・私の出番がありません。
「練習しなさ~い!」
という親子のバトルに私が耐えられないのです。

友人の御嬢さんの発表会やコンクール用のドレスを、よく作らせていただきました。初めは、友人と私の好みのまま、中学生になるとデザイン画がやって来ました(胸の開いたデザインなど)。
自分の子供も、よその子供も本当に毎日成長しているんですね?

投稿: 縫い工房 | 2010年11月24日 (水) 18時58分

こんにちわ^^
ウンウン…と頷きながら読ませて戴きました
実は私も小さい時少しだけピアノを習った過去があるからです^^;
音楽は好きだけれど ピアノは厳しい世界ですね
お嬢さん方のドレス 髪型 可愛らしさに溢れていますね
こんなドレスを作って頂いた事は
かけがえの無い思い出となる事でしょうね♪

投稿: Maria | 2010年11月25日 (木) 22時04分

私にも、オルガンを棚にしてしまった切ない過去があります。(涙)
ピアノさん、第二の人生があって良かったですね!
手作りドレスでピアノの発表会って、まさに女の子さんを育てる醍醐味って感じです。
とてもよくお似合いで、誇らしげなお姿がなんとも可愛らしいですね。
それにしても指導者との出会いって、特に子供の頃は大切ですよねぇ~。

投稿: みなあん | 2010年11月26日 (金) 00時08分

縫い工房様
何かひとつ楽器になじみがあるとコミニュケーションのツールになるかとは・・思ったんですよね。(笑)ニューヨークに行った時 夫が それ程言葉が出来なくても 楽器ひとつでジモティたちと 実に楽しそうだったので。ぶっちゃけ何でもいいんですけどね。ワンピースですがプロに誉めていただき光栄です。 昭和の香りがするでしよ?(笑)難しいデザインははなから無理だし・・でも子供ってシンプルな服がよく似合いますよね。バレエもかわいいですよね。
ピンクのレオタード(ミニスカート フリフリ付き)着られるものなら着たいですよ。
警察来そうですけどね・・coldsweats01

投稿: 森おばさん | 2010年11月26日 (金) 12時43分

maria様
コメントありがとうございます。
さりげなくURLをつけておいた物のあまりにつたない私のブログ。mariaさんの凄く素敵な世界を思うとちょっとはやまったかと思っていました。
まあ・・どこにでもいるお母ちゃんの私ですがよろしかったらまた遊びに来て下さいね。
「天地明察」ですが・・日本の暦を作った実在の人物 渋川晴海の話です。作者が福島在住なので地元テレビではよく見かけるお顔です。
mariaさんは映画もそうですが・・読書家でもありますよね。感想文(そう仰っていたので)もよく読ませて頂いています。これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: 森おばさん | 2010年11月26日 (金) 13時04分

みなあん様
そうでしたか・・実家でのピアノは本当にもともと棚だったかのように存在していました。
第二の人生ならぬピアノ生もそこそこですが娘たちにはとてもよい息抜きの時間をもたらしてくれています。指導者の件ですが・・私的には金八先生のような熱血には会う事がありませんでした。
田舎の進学校だったせいか・・先生は立派な学校の出身者が多かったけれどそれが指導者としてどうかは別物と感じていました。(体育教師が酔っ払ってくだを巻いている姿をみた時も学歴すら関係ないと感じたけど。笑)福島では子供の頃から勉強もできて地元の大学の教育学部をでてすぐに先生と言われる事になった方が多いようで 本当の意味での指導者としてはよく解かりません。
なんつって。私が上から目線で言える事でもないですけど・・何かしらあっちこっち傷ついてきた人の方がよい気がします。cat

投稿: 森おばさん | 2010年11月26日 (金) 13時23分

本当に
>演奏はテクニックや曲のレベルが高いほど感動する訳ではない
ですよね。私は、ブラスバンドがすごく好きなんですけど、プロのバンドではなくて、地方の2番目くらいがすごく感動するんですよね。
それが、必死・・・という言葉が、その中に入っているときに、感動のエッセンスになるんだなとすごく思います。ピアノのことになると、未だトラウマという言葉が
頭をよぎります。
ピアノを趣味で楽しく弾いている大人の方たちがいるので、それは、もったいないことなんだろうとはわかるのですが・・・。

投稿: yukoeden | 2010年11月26日 (金) 21時52分

yukoeden様。
ピアノといえばyukoedenさんがすぐに浮かびます。
過去のエピソードを伺い本格的にレッスンされる方の苦労を知りました。何かを極めるのは 非常にストイックでなければ出来ない事ですよね。どんな道も結局その人自身が ずっと先に どう感じるかですが 周りで少しだけでも心温まる人がいてくれたら私は 大成功だと思います。
私は yukoedenさんがこの先 ちょっとした気まぐれでも ピアノの演奏を心から楽しめるような時間ができたら本当に嬉しいです。なんつって。偉そうにごめんなさいね。私の知っている人柄のyukoedenさんはきっと優しい音楽を奏でてくれると思います。
ブラバン・・詳しいと思ったらかなりの通なんですね。私は 何人かが心を合わせ決まった時の高揚感にしびれちゃったクチです。うまくいえないのですがビビッときちゃったんですよね。(お前は聖子ちゃんか!)なかなかそういう瞬間って出会えないのです・・スポーツなんかも似たような瞬間がきっとあるんじゃないのかなー・・じゃなきゃ・・苦しすぎる世界ですよね。
さてフィギュア・・クライマックスへゴーですね。

投稿: 森おばさん | 2010年11月27日 (土) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/37819883

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ:

« 笑える映画さがし | トップページ | もうすぐクリスマス!! »