« 編物と私 | トップページ | 対岸の彼女。 »

ちょっと 散歩でも・・・

Epsn0736keke Epsn0730kareha 雨上がりの水たまり。秋らしいケーキでお祝いしました!

16年前 この福島県にはるばるやってきた時は 何故だか 乳白色 あるいは磨りガラスを一枚 かませたような町に見えた。
駅前のアーケードが田舎のシンボルであるのは楽しかったけれど 人が少ないのと多分私の気持ちの中も そんな淋しいような 無理矢理に楽しいアーケードのような感じだったのだと思う。
そして・・風の強い事! あまりに静かでも その逆でも慣れない場所というのはなかなか寝付けないもので私も例外ではなかった事を記憶している。気の強い私に よそ者への対抗心剥き出しの空気が風の強さになったようだった。
近くに風力発電の巨大なプロペラがあって なるほど。と感心した。たったひとつポツンと佇んでいて あまり役には立たない気がしたが・・あとになって本当にこの土地らしい風景だと知る。
今日は 双子がマラソンをするというので学校に出向いたものの 時折 降る雨で中止となった。中途半端な時間ができた。
前から通り過ぎる度 気になっていた神社があったので行ってみる事に・・・
Epsn0731kaidan少々怖いひんやりとした林を抜けると・・・

Epsn0732jinjya古びた神社が・・でも落ち着いたイメージ 誰もいない・・
車で少し走ると 市の公会堂がある。ここで毎年子供たちのピアノの発表会がある。
大正時代の建物らしく 可憐である。
Epsn0719koukaido Epsn0717koukaido2
Epsn0715up_2雨も上がり快晴に・・紅葉もひときわ美しい!

近くには現在 歴史資料館となっている美しい建物が・・もともとは旧制中学の校舎との事。

Epsn0722anko Epsn0720anko3  

夫の母校でもある。  そして・・この辺では一番大きい公園も近くに・・子供たちと何度となく訪れている。木々がすっかり秋らしくなっている。小さな野外ステージもある。

Epsn0725koen Epsn0723kamo

Epsn0727koen2少し歩いてみると 駆け足をしてみたくなるから不思議。

Epsn0734kawa_2

我が家のすぐ近くには川が流れている。穏やかな時も 流れの激しい時もある。山の上の方の気候によるとの事。(当たり前か・・・)

いつも誰かしら 小さな子供の手をひいて散歩していた。そんな年月だった。    

ちょっとした散歩を16年かかって 初めて一人でやってみた。たまにはこんな時間もいいかもしれない。子供たちはそのうち一緒に散歩はしなくなるだろう。 季節がすっかり移り変わっている事をあらためて知る。当たり前の事すら気がつかないで何年もたってしまったような気分。

そうそう・・先週末は私の誕生日があった。皆でカラオケにくりだした。子供たちの歌の上達は成長を感じるひとつの出来事!それにしても最近の歌は早い!!スラッシュか?私が遅くなったのか・・(笑)音の中に言葉がてんこ盛。ありがたい事にプレゼントをいただいた。

Epsn0712watanabe Epsn0710fuuka Epsn0708kimono Epsn0737mina お手製のカード可愛すぎる!モチーフ使いのネックレスは デザイナーをしている友人から・・いつもながら大人かわいい。そういえば彼女は「オリーブおばさん」と自称している。(笑)ムーミンの食器は気配りの人 次女から・・私がフィンランド好きなのを知ってるとしたら凄いリサーチ力だ。双子弟はポーチ。兄は赤いびーだま。末息子は私の上に乗って脚とんとんのマッサージをしてくれた。パープルのワンピースは旧友から・・ベストとベレーは私が自分に買った。(笑)グレーのキャスケットが届く。ピアノの先生をしている高校の同級生から。自ら買ったファーのベレーは頭がでっかく見えてしまう。「ロシア人ですから。」となにを聞かれても答える事にした。(笑)

このところ時々 お安いメロドラマでも涙してしまう事がある。脳が騙されているそうだ。脳の老化らしい。それでなくてもややナナメ観るくせのある私なのに・・(笑) 寝つきが悪くなったのも老化らしい。 悲しいとは思わないけど 健康はやはり眩しい。

 いつもと違う事をしたらいつもと違う事を考えた。随分 遅くなったけど。

|

« 編物と私 | トップページ | 対岸の彼女。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なところにお住まいですね!
お写真もお上手で、見入ってしまいます。
モダンな建物や美しい水辺があって、お散歩には最適ですね。
ご家族の思い出にもなっているなんて、より一層楽しく歩けそうです。

近場の知らないところを徒歩や自転車で巡るのって、楽しいですよね。
私も東京で一人暮らしをするようになってから、楽しみの一つになりました。
札幌のような新しい街で育ったので、変な形の交差点や、そこにそのままの形で立つ家、突然現れる古い神社やお寺など、小さな感動にたくさん出会えました。
ある時とても素敵な古い洋館を見つけたのですが、そのすぐ後にテレビで「傷だらけの天使」の再放送を見ていたら、その洋館が登場人物の住む家として出てきて驚いたことがありましたよ!

お誕生日を迎えられたんですね。おめでとうございます!
プレゼントの品々の、なんと素敵なことでしょう!
たくさんの人から愛されている暮らしが伝わってきて、見ているだけで幸せになります。
お誕生日が先週末ということは、「さそり座の女」ですか?
実は私も今週の始めが誕生日だったんですよ!近いですねぇ。
あぁ、ついにマイケルより年上になってしまいました~。

ところで森おばさん様とwildroseさん、お二人ともブログで衣替えを話題にされていたり、どちらにも「大人かわいい(可愛い)」という言葉が出てきたりして、かなり和ませていただきました!

投稿: みなあん | 2010年11月 3日 (水) 02時09分

みなあん様。
お誕生日おめでとうございます!お互いもうひとがんばり・・ってところですね。(笑)
yukoedenさんもいっておられましたがみなあんさんは本当に知識豊富ですね。マイケルファンになったのは日が浅いととおっしゃってましたが マイケルの事だけでも沢山の本を読まれている!!私もそうありたいんですが・・
雑学から私が知らなかった様々な事までその守備範囲には驚きます! 想像ですが・・ご主人との会話も話題が広そう。
そうそう・・大人かわいいという言葉も大人側からの造語ですよね。「かわいいもんが好きなんや!文句あっか!」といってるピンクハウスで身を包んだ大輔花子の花子師匠?にならないよう心がけますが・・・
テレビで「森ガール」の定義を「森に住んでいそうな女の子」(あくまで想像)となっていましたが・・「森おばさん」を自称しながら・・いきなり素顔の私が森から出現したらさぞ怖いだろうなーと思いました。(笑)
東京って・・繁華街の一本路地を入るとおばーちゃんが普通に暮らしてたりするところがあるんですよね。昔からある商店街とか・・私はこじんまりと狭くて路地があるような町が好きです。
車も 福島にくるまではまったくのペーパードライバーで・・そちらで暮してた時はバスや徒歩で充分快適でした。いい季節になりました。
散歩もいいですね。深夜のコメみたいですが・・
最近はよく眠れますか? そうだといいんだけどな。

投稿: 森おばさん | 2010年11月 3日 (水) 10時20分

森おばさん様、みなあんさん、
お誕生日おめでとうございます!☆

みなあんさん、マイケルを追い越したのですね!
私はマイケルより少し前に生まれたので、一番年上なんですねー;
それにしては、皆さんに教わることばかり(笑)

お二方共、知識の豊富さもさることながら、
ジョークが面白くて、いつもニヤリとしてしまいます♪
今回の「ロシア人ですから。」にも、爆笑してしまった私です。

好みとか感覚が近いせいか、思いがけず行動まで被っていて
その偶然に驚かされることが多く、ついコメントしたくなります♪

私もプレゼントの一つ一つに、森おばさん様が周囲の人に愛されているんだなって思いました。
そして、
>いつも誰かしら 小さな子供の手をひいて散歩していた。そんな年月だった。

ここで、じーん、ときました。
何気ないこんな時間が、お子さんたちの心に刻まれていることでしょうね。
自分の子供時代を振り返っても、そういった一コマが断片的に思い出され、
暖かで満ちたりた気持ちにさせてくれます・・。

写真☆
特に、あの緑の木々を手前に、白い建物が写されている画像が綺麗で、
私もしばし見とれていました。

投稿: wildrose | 2010年11月 3日 (水) 11時23分

wildrose様
ワー嬉しいなー。技術がなくても 偶然に光の加減でごくたまにいい写真が撮れたりするんですよね。
気持ちとリンクしてたのかも・・
心揺れる風景に出会った時これを皆さんに見せたいなーなんておこがましくも思うのですが私の見た景色どおりに撮れない事の方が多いです。
一眼レフのデジタルカメラをおこがましくも(笑)見に行きましたが・・やっぱりまだまだ高い!!coldsweats01
買えないのは解かっているんですが・・あのシャッター音・・惚れますよね。気持ちだけはプロみたいです。
小さな子供の手をひいて散歩をしている感覚・・
小さな手のひらをきゅっと結ぶ感覚を思うだけで私も泣きたくなりました。なにか物足りない・何か忘れ物をしているのか・・と感じたんですが子供がとなりにいない事に気がつきました。
子供なんてすぐに大きくなっちゃう・・なってくれなければ困る。なんて思っていたくせに・・
子供に寄りかかっていたのは私だったんだと気がついたんです。さて・・これからどうしようかと
考えはじめました。(笑)wildroseさんのお子さんのように育ってくれれば私としては万歳なんですけど。ヽ(´▽`)/

投稿: 森おばさん | 2010年11月 3日 (水) 19時45分

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!
きらきらしたお誕生日を迎えられましたね?
すてきですねぇ!
四季を感じられるお住まいも、お子様たちも・・・・。
まだ、もう少し、子供たちとの時間を楽しみましょうね!
・・・・などと言いつつ、今日も鬼母の縫い工房でした。

投稿: 縫い工房 | 2010年11月 3日 (水) 22時48分

縫い工房様
そちらのブログ 度々 寄らせて頂いてます。
素敵な作品 見とれてしまいます。
そうそう・・お弁当もどれも凄くおいしそうかつ美しいですね。 縫い工房さんの子供になりたいです。(笑) ご飯は炊き込みなのかなー・・栗ご飯らしいのがあったり味ご飯だったり・・・
半日休憩したあと・・まだまだ 子供が小さい現実に引き戻されました。(笑)
秋は イベント多いですよね。フットワークの悪い私は縫い工房さんの働き者な様子を心から尊敬しています。また伺いますね!

投稿: 森おばさん | 2010年11月 4日 (木) 10時27分

こんにちは。
写真素敵ですね。本当に素敵な場所の数々まるで、
フィンランドと同じクオリティーに見えますよ。

カラオケでは何を歌われるのですか?
映画や本は、よく書かれるので、大体分かるのですが、
クラリネットを吹く、吹奏楽少女だった森おばさんの
カラオケや口ずさむ歌が知りたいです。

投稿: yukoeden | 2010年11月 4日 (木) 20時00分

yukoeden様
嬉しいです!写真 本気で頑張ってみようかな。
おだてられて木に登ります。(笑)
yukoedenさんはカラオケに行ったりしますか?
娘はよくラッドなんかを歌うのですが 難しくて・・私は・・本来は英語の歌を歌いたいのですがもっと難しい。デタラメ英語の鼻歌は何故か サイモンとガーファンクルの「四月になれば彼女は」とCSNY(クロスビー スティルス ナッシュ アンドヤング)の「アワーハウス」あたりかな。優しい曲なんで好きなんです。
カラオケは・・というと昔のアイドルは子供たちの反応が悪いので(聖子ちゃんでも明菜ちゃんでもOKなんですが 汗) 先日はキーがあうのでいきもの係りの「ありがとう」と坂本冬実の「また君に恋してる」を歌いました。
モノマネも薄く入れてみたんですが 申告しないと誰にも気づかれませんでした。(笑)
いやーお恥ずかしい。

投稿: 森おばさん | 2010年11月 5日 (金) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/37499209

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと 散歩でも・・・:

« 編物と私 | トップページ | 対岸の彼女。 »