« ためいき | トップページ | 秋の休日 »

おもちゃ箱のような映画とブッシェーミ

気持ちが窮屈な時 おもちゃ箱のような映画を観ると 山登りをして頂上に辿り着いたように爽快で単純にスッキリとする。
景色の美しさ・・装飾の美しさ・・できればあまり難しくなく お茶でも飲みながら・・ゆっくりとなんて思うのだけど 映画好きはどこか肩に力を多少こめて見入ってしまう。

「マルタのやさしい刺繍」はレビューなどで下見をして大船に乗ったような気分で観はじめた。
80歳のマルタが若い頃の夢を叶える物語。そのとおりだった。
でも しかし どこを切っても優しい作品である事もほっとするけれど 考えてみれば登場人物 全てが自分の思った通りに生きている事が頼もしかったのだ。
私的には スイスの山や民族刺繍だけでも大満足。ハイジのような衣装や木靴やブーツの世界には子供の頃から魅せられている。
全然 国違いで 申し訳ないが・・「若草物語」の挿絵や「大草原の小さな家」に出てくる世界が私のフェイバリットなのである。
うまく説明できないけど きっと解かってくれる人がいるはず。(笑)
目で楽しむ映画としてはかなり前の作品になってしまうけど「ヘイフラワーとキルトシュー」の細かいところまでいちいちかわいい家や家具。「ゴーストワールド」のややいけてない でも愛あるファッション。「アメリ」の妄想の世界の色彩。などが思い浮かぶ。どれも観ていれば楽しくなるものばかりだ。まさにおもちゃ箱である。
Epsn0619uti   色の美しい風景。かわいい姉妹。ヘイフラワーとキルトシューEpsn0622kiruto

Epsn0618gosuto_2 アメリカンコミックが原作のゴーストワールド 

Epsn0624ameri 映画もヒットしましたよね! 「アメリ」          

キャストの紹介に懐かしい名前発見!!こんなところで会うなんて・・
スティーヴ・ブシェ-ミである。
彼はたくさんの作品に出演している俳優だが もしかしたら・・名前は知らない・・という人も多いかも。
でも・・カルト映画や小作品ならずとも一度は出会いコレッ!!と指差せば「あっ・・あのキモイ人!」という印象を深く深くいだくはずだ。そんな彼も監督業をやっていて「マルタ・・・・」の女性監督が彼のもとで学んだ時期があるらしい。
あのキモッ。コワッ。神経質そー!な役者大行進の「レザボアドックス」をはじめおたく仲間のタランティーの作品には常連だし・・
大作である「コンエアー」では見事なまでのキモイ連続殺人犯を光輝き演じきった。
ニコラスケイジも「赤ちゃん泥棒」あたりではオドオドして同じ血の流れる情けなーい私好みだったがやがてヒーローに・・
同作品でのブシェーミもいつもどおり そしていつまでもいつまでも王道から数キロ離れた知る人ゾ知る細道をひた走っている。

そんな所が好きなのだ。自作でもおたくだった。前記した「ゴーストワールド」でもオタクだった。もう・・・普通の人を演じていても「何か秘密をもってるはず。」という風にしか見られない。(笑)
おもちゃ箱をひっくりかえしたらとんでもない物体が出てきてしまった。

これだから 映画はやめられない。

※写真が不鮮明ですみません。

|

« ためいき | トップページ | 秋の休日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「マルタのやさしい刺繍」は、私も大好きです!
先日、BSでも放送していたのでまたまた最後まで観てしまったくらい(笑)

おばあさんたちが主役ってのいうのも良かったし、
あの年齢で、マルタのために、そして自分たちの生き甲斐のために
ネットショップを立ち上げる女友達も、素敵だし
刺激されて免許を取りに行く別の友達もいい!

狭い村の人たちからの、「はしたない」という批判なんかに負けなかった
マルタが、気負わず自然体で好きでした・・。
あのシルクのキャミソールたちも可愛かったですね!

>きっと解かってくれる人がいるはず
解りますよーあの世界!
私の理想の母親像は「ローラのお母さん」でした。
あんな風に子育てできたら・・と思っていたのにこんなですが(笑)

スティーヴ・ブシェミ
名前は知りませんでしたが、検索してみたら顔は強烈に憶えていました(笑)
確かにキモコワな感じですが、なかなか味のある俳優さんですよね。

家業とされるお仕事のこと、森おばさん様のお気持ち痛いほど解ります・・。
私の周囲にも、この不況で大変な思いをされている人たちが、とても多いです。
私には応援しかできませんが、こんな私でさえ
「何とかなるさ」と、どうにか生きているので、お互い頑張りましょう☆

投稿: wildrose | 2010年10月 9日 (土) 11時37分

wildrose様
いつも優しい言葉をありがとうございます。
すっきりと解決とはいきませんがぼちぼち・・だましだましやってます。(笑)だめならだめで仕方ないですよねー。どう転んでも「なんとかなるさ」で私も頑張ります。
wildroseさんは確か四姉妹でしたよねー。
末っ子でしたっけ?若草物語ではエイミーですね。頼りになるお姉さまがたくさんいらして羨ましいです。
美術の才能があり たおやかなところがにているかも・・私は長女のメグです。保守的で双子を生んでる。(笑)それだけなんですが・・
「大草原の小さな家」ですがーやっぱりなー!
絶対 wildroseさんは解かってくれると思って
書いてました。勘ですけど。(笑)
ローラのお母さん理想ですよね。こんなですけど。(笑)
ブッシェーミですがとにかく印象の強い役者さんだし色んな作品にでているので見つけるだけでも
楽しいです。
機械に弱くコピー貼りつけ作業が上手くできずお手数かけました。マルタの友を見習って再チャレンジしてみますねー。
いつも本当にありがとうございます。
wildroseさんの言葉にもりもり元気が出てきました。大好きです!!(数十年ぶりに発して赤面ですが)

投稿: 森おばさん | 2010年10月 9日 (土) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/37142621

この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃ箱のような映画とブッシェーミ:

« ためいき | トップページ | 秋の休日 »