« 「三面記事小説」 | トップページ | 夏祭り無事終了 そして 「やまだ紫」 »

「惜しいウオッチャー」

Epsn2482siroback ←(女の子のレッスンバック。)

世の中には ぱっち物といわれるコピー商品があるけれど それ程ブランドに興味のない私にはオリジナルも嘘物もあまり変わらなく見えてしまう。

同じコピーものでも・・「ああ。これあんな雰囲気にしたかったんだろうにな・・惜しい!」と思わせる物に出会うと 嬉しくなってしまう。
惜しいウオッチャーである。(笑)punch
ナチュラル系が流行りの昨今も 私お気に入りのし○むらには限りなく本物のテイストに近い物がたくさんあってこの価格でこの質感!とわくわくもするけれど 何故 どーしてここにレースが・・・とか 手がかえってかかるだろうに・・このデザインにこの裏地??みたいなある意味レア物もたくさんある。
し○むらではこの細かい部分のチェックがかかせない。惜しい。残念。の世界には深くて長い川が流れている。
安くて 木綿という事でここ最近  アジア インド系の洋服も愛用している。
歳が歳なので あまり民族カラーのない物を選ぶようにしているのだけれど・・ここにもたくさんの惜しいがある。油断するとなにかそちら系の宗教の信者?に思われかねない仕上がりになってしまう。(笑)

Back ←(刺繍をしてみました。)(秋の実のように立体的に)↓  Epsn0018back2_2                               

そんな私がもっとも こころ踊るのが手作りの世界でひそかに自分の好きなよーに作ってこの惜しいを楽しんでいる。
○紀さんのような雰囲気の物も好きなので きっといただいたら とても嬉しく大切に10年以上は使う自信がある。価格もお高いので 本を見て真似して作ったこともたくさんあるのだけど あんまり自分が楽しくない事に気がついてしまった。
そうか・・わたしは惜しいウオッチャーだったんだ!
美しいしあがりもいいけれど・・よく見ると編み方がちょこっとごまかしてあったり作り手にしか思いつかないおちゃめ。が見えるのが好きなのだ。
ドールもちょっと不細工なのが可愛いし。キルトのワンピースにこれは・・あの時来てた
パジャマの・・・なんてのも好きだ。
部屋もショールームみたいな部屋より読みかけの本が乱雑に重ねてあるような部屋が好き。熱く語ることでもないのだけど。(笑)

まあ。注意事項として 誰かに差し上げるような物はできるだけ もっとーである 惜しい が少ないように心がけている。製作過程もしあがりも娘に確認している。(シビアで信頼できるので。でもキビシー。)

世の中に「惜しいウオッチャー」が増えたらちょっと嬉しい。(笑)かな。

Timeranger   ←(男の子レッスンバック)(ロボットと歯車 本で見かけて可愛く どんどん 歯車がふえてしまった。)→                    Shishuu3

|

« 「三面記事小説」 | トップページ | 夏祭り無事終了 そして 「やまだ紫」 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私もし○むらにはよく行きます(笑)
そして同じく「惜しい」と思う箇所を発見しては、
カスタマイズできそうかをチェックします。
手作りするより安いのが、し○むらのよいところですね♪

どんなにお高いブランド物でも、全てが私のニーズに合うとは限らないので
「できるだけ安く、質が良く、私に(我が家に)ピッタリにカスタマイズできるか」が、
購入の決め手です♪

下手なりに、家具でも雑貨でも作ろうと思ってしまうのは
好みのものが売ってなかったり、高価すぎるからで、
一から自分仕様の楽しさを味わってしまえば、もうやめられません(笑)

でも仰るように、人様に差し上げる時は気を遣いますね。
好みが違うかもしれないですし・・。
グリーンのバッグの刺繍、オトナ可愛いですね♪

>油断するとなにかそちら系の宗教の信者?に思われかねない仕上がりになってしまう
確かに。昔アジアンなものを買って家に帰り、
着てみたら「なんじゃコレ?」な、経験しました~(笑)

投稿: wildrose | 2010年7月20日 (火) 15時59分

お早うございます。
自由な発想が、素敵ですね♪
私は、結構頭が固いので、きっちり作らないと気が済まなくて、遊び心が無い分、作品にユーモアが足りないかもしれません。
この、歯車の刺繍・・・・好きです!!!!

投稿: 縫い工房 | 2010年7月21日 (水) 05時25分

wildrose様
お体 よくなりましたか?腰はすべての動きの支えになっているんですよね。私も以前 経験してこんなに何も出来ないなんてーー!とせつなくなりました。本当に無理なさらないで。
し○むらはここ最近頑張ってますよね。し○むらナチュラル部?というのがあるのか解からないけど企画してる人の心意気。しかと受け取りました・・と心に刻んで お直ししています。(笑)
それにしても wildroseさんのように素敵にバージョンアップさせるのには基本 本人のセンスのよさと思い切りなんでしょうか・・
棚を作ったり家具の脚をカットしたり時として職人のような男前な様子にも 花のように可愛らしい小物にもいつも感動しています。
そんな方に声をかけていただいて身にあまるしあわせです。 ありがとうございます。


縫い工房様
何をおっしゃいますやら・・
作品の数々 どれもおしゃれで美しく洗練されていてさすがプロだなーと感じます。
そしてしっかり縫い工房さんの優しいお人柄が表れていますよ。それが個性ですよ。
私的には双子のモスグリーン?のパジャマがとても可愛くて好きです。
私のは真似事なのでとてもとても恥かしいですが
惜しいウオッチャーなんで(笑)笑って下さい。
お仕事の方のホームページは開通したのでしょうか?商品の価格が私にてが届くものなら嬉しいのだけど・・楽しみに覗かせていただきますね。
ついに恐怖の夏休みですねーーー。お互いほどほどに頑張りましょう!

投稿: 森おばさん | 2010年7月21日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/35808975

この記事へのトラックバック一覧です: 「惜しいウオッチャー」:

« 「三面記事小説」 | トップページ | 夏祭り無事終了 そして 「やまだ紫」 »