« 週末。さかあがり 70年代音楽 | トップページ | 友人の定義 »

「ツクル」のそれから

福島で暮して16年になる。house
失礼な話だけれど・・それまで福島のイメージは私の中ではほぼ ないに等しく
東京で出会った地方出身者の言葉のイントネーションで福島生まれと山形生まれはすぐに解かった。 というくらいだろうか・・
東京で同郷の人が顔を合わせても九州や大阪の人はすぐ話が盛り上がっていたようだったけど・・東北の人はシャイなイメージだった。
私は故郷らしいものが薄いけれど最近「団地っこです。」という人に会うと懐かしい景色が一緒だったりして少し嬉しい。
人は 歳をとると油断するとすぐ振り返ってしまう。
以前 私の大好きなブログで「老人の顔がもの悲しいのは過去に対する未練ではなく未来に対する未練だ。」と読んだ事があるけれど・・・
現段階では私的には中間地点だろうか・・
ついこの間まではもう一度若くなれたら・・なんて思わないでもなかったが それもさっぱりなくなった。
40も後半になると否応なしいろんな場面で「死ぬという事」を眼球のどこかに保存していなくてはならなくなる。でも未練というわけではないからきっとまん中なんだと思う。
私の父が他界して三年になる。 九州男のような頑固なところはなかったと思う。
ごく平均的な親子関係だったと思う。亡くなってからの方が父を思い出す事がふえた。友人が亡くなった時も同じ・・
誰かがいなくなってしまうと必ず心の中に新しいポケットができたようになって いつでもどこでも手をつっこんでその人を思ってしまう。

私の嫁入り道具で唯一 父が選んでくれたのがミシンだった。何故かは解からないけど・・もしかしたら母が持ってきたからだろうか・・
知らない土地に来て子供を通してできた友人にお誕生日なんかにちょっとしたプレゼントを作った。それがお付き合いのきっかけになったのでありがたい事だと思う。何故か解からないけどプレゼントはDOLLが多い。分身みたいな気分だったのかも。ちょっと自己中心・・・
嫁に出したDOLLたちを少しだけ紹介。 思えばこれが{ツクル」の続きだったかな?↓(長女のお友達に。)
Doll1 Doll2Doll4Doll6←(バザーに出した娘たち。)                                

           (お洒落な友人に似せて作ったミニDOLL)
Doll3Doll7DollrottaEpsn326314 ←(アメリカ在住の友人にねこ好きな彼女です。)    ↑ (ロッタちゃんにはまっていた姪っ子に)

|

« 週末。さかあがり 70年代音楽 | トップページ | 友人の定義 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ブログのお知らせ、有難うございました☆
こう見えても(?)恥ずかしがり屋で、
なかなか人様へのコメントができない私ですが
頑張って書き込みします(笑)

洋楽がお好きなのですね。
少しジャンルが違うかもしれませんが、
私もずっと洋楽派でした。
そして、眼鏡をかけてギターを弾いていた人と結婚し、失敗したクチです(爆)

過去の拙文まで読んでくださって、有難うございます。
子育てしながら楽しんで更新してくださいね。
これからもお邪魔させていただきます♪

投稿: wildrose | 2010年7月13日 (火) 15時10分

うわーっ。感激です。
いろいろ考えちゃうと顔が赤くなる位恥かしいんですが・・ 素直に嬉しいです。
wildroseさんのブログを読ませて頂いていると共感したり 元気になったり とても励みになります。
まだまだおぼつかない手つきで汗をかきながら更新しています。(笑)
のんびりやりたいんですが・・ついハイペースになっちゃって。意外にまじめなんです。(笑)
こちらもブログも楽しみに拝読させていただきます。よろしくお願いします。

洋楽はベーシティローラーズ(恥)から始まり
一通りハードロックもニューウェーブも 通る道を通って来たクチです。(笑)
邦楽はハッピーエンドから くるりあたりまで。

くしくも・・(?)メガネギター系(?)タイプとは・・・(笑)実は 筒井君好きでもあります。(笑)(*≧m≦*)
また覗いてください。ありがとうございました。


投稿: 森おばさん | 2010年7月13日 (火) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1386686/35735447

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツクル」のそれから:

« 週末。さかあがり 70年代音楽 | トップページ | 友人の定義 »